The Folk-Type Swinger / Jeannie Hoffman

(本エントリは、私が別の web に 2004年 5月11日付で掲載していたものを転載したものです)
(this entry was originally made public at my another web site on May 11, 2004)

5月が終わる迄にはまだ随分ありますが、現時点で今月の収穫のうちトップ。

Although there are 20 days left on May, this LP would be one of the best among all collection I got in May.

[T-2021 Front Cover]
The Folk-Type Swinger / Jeannie Hoffman
(Capitol T-2021)

小粋なヴォーカリスト兼ピアニスト Jeannie Hoffman さん。メジャーレーベルでのリーダー作はこれ一枚の様で、その後はマイナーレーベルで数枚吹き込まれたりしている様ですが、主にローカルのクラブで歌われている様です (今でも御健在なのかはちょっと分かりませんが)。

Miss Jeannie Hoffman, a cute female vocalist and a pianist. This LP seems to be her only leader album on Capitol label – she also left several titles on certain minor labels, but her primary act has been concentrated on singing at local clubs (I don’t know whether she is still singing).

[T-2021 Label]

イメージとしては Blossom Dearie さんとか、あの辺に通じる歌い方とアレンジで、純ジャズ (ってそもそもなんやねん) ではないものの、小粋なアレンジが非常に心地好く感じられます。バックのメンバーもさりげなく Howard Roberts さん (Funky に大活躍!) とか Shelly Manne さんとかが固めてますし、プロデューサーは Jack Marshall さん。小気味よく回るリズムセクションの上を飛び跳ねる様に軽やかに歌われてます。

IMHO her singing reminds me of Miss Blossom Dearie – Jeannie’s singing is such cute and stylish, and so are backing arrangements. Although this is not a pure jazz kind, I really like such stylish arrangements. Backing members include such big names as Howard Roberts and Shelly Manne, and the producer is that Jack Marshall. Jeannie sings so fruitfully based on rhythmic and poppish rhythm section which is so amazing.

実は某 web でこのアルバムの事を知り、是非聴いてみたいと思って探したところ、この完璧なコンディションの盤を捕獲することが出来たのでした。ジャケットもファクトリーシールに入ったままですし、盤の状態もほぼ新品同様。音質も申し分ない奥行きの深さでモノーラルの素晴らしさを再認識させられます。

I had been looking for this album for several period of time after I read an article on it at a certain web site. And the copy I got was so amazing – the near-mint cover is still in the factory seal, while the platter looks virtually unplayed like new. Play-grade is also superb, which sounds how the great-sounding monaural recording should be.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Hawkins’ Barrel-House / Coleman Hawkins (2006/08/08)
    昨日、自宅にて某雑誌の取材を受けました。若いビジネスマン向け?の一般?雑誌で、音楽雑誌でもなく (そらそうだ) オーディオ雑誌でもなく (そらそうだ)。果たしてどんな切り口や視点 (あるいはバイアス) からの取材なのか、当初は一抹の不安もあったのですが、記事担当者が以前からの知合いの方だったこともあり、終わってみればとても楽しい二時間でした。そのあと編集者さん、カメラマンの方と 4人でいきつけの吉祥寺のお店になだれこんで宴会モード、特にカメラマンの方と音楽の話などで盛り上がり (というか酔いの回った私が一人でレコード話をぐだぐだと力説? . . . すんません)、気がつけば夜は更けておりました。 やや二日酔い気味の今日、そういえば昨日は SP かけなかったなぁと思い、最近届いたこの1枚を。珍しくカンパニースリーブも付属していました。ふむふむ、当時この 10インチ盤は 1ドルで売られていたんですね。 昨晩の宴会では、別にレコードジャンキーでもコレクターでもない皆さんに、へべれけになりながら SP がどんなにステキなメディアであるかを力説していたという . . . ああ思い出しただけでも恥ずかしい。 Hawkins’ Barrel-House c/w Voodte / Coleman Hawkins (Signature [US] 28101)…
  • Subconscious-Lee c/w Judy / Lennie Tristano Quintet (2011/11/28)
    I have posted two articles about the history of New Jazz / Prestige 78 rpm releases in the past. New Jazz / Prestige レーベルの SP 盤の変遷に関するエントリを、 本サイトに過去2回掲載したことがあります。   Old Record Catalogue, Pt.4 (in Japanese only) (初期SPレーベルの変遷について) Fine And Dandy / Sonny Stitt (Prestige 9000番台について)   In those articles I mentioned this 78 rpm – New Jazz
  • THE SUPREME SOUND OF 78 RPM RECORDS (2011/09/29)
    On August 18, I drove east to Tsukuba City in Ibaraki, to visit my mentor/guru/master of Jazz 78rpm records, Tohru Seya-san – he’s been probably one of the greatest, generous and openhearted collector – also he’s been one of the most dilligent researcher of pre-bop Jazz. もうひと月以上前になりますが、ジャズSPレコードの大先輩というか師匠というか尊師というか、つくばにあるその方のお宅に伺いました。数千枚以上もある膨大なSPコレクターにして戦前ジャズの熱心な研究で知られる 瀬谷徹 さんです。   We had a
  • Keys West / Claude Williamson (2004/11/18)
    やっと発見して入手しました. Chikuzen Presents Cornerstones (のジャケット) の元ネタ: I’ve finally found the LP which Mr. Chikuzen Satoh sincerely paid homage to (by imitating the jacket cover artwork). If you don’t the Chikuzen Satoh’s version, you can find the CD Chikuzen Presents…
  • The Duke Plays Ellington (2006/04/06)
    Ellington のピアノを猛烈に堪能したくなった時にかけるアルバムは? 人それぞれ、“Money Jungle” (United Artists) だったり、 “Duke Ellington & John Coltrane” (Impulse!) だったり、 “Piano In The Foreground” (Columbia) だったり、 あるいは渋〜く “The Pianist” (Fantasy) という人もいたり。 Which is your favourite album, when you want to fully appreciate the piano artistry…
  • Songs For Young Lovers / Frank Sinatra (2006/05/29)
    何も言葉はいりませんね。こんなに完璧なアルバムは他にそうはないのではないでしょうか。 There ain’t no word to say – you know what? What a perfect album this is . . .        Songs For Young Lovers / Frank Sinatra (Capitol [US] H-488)…

Leave a Reply

Your email address will not be published.