「平成の歌謡曲」

もうあれから2週間も経ってしまいました。 先日最終回を迎えた 音楽夢くらぶ (NHK)。 その3月16日放送分に HIS が出演してから。

楽曲と演奏のあまりの素晴らしさに TV の前で涙を流してから、もう 2週間も経ってしまいました。

[幸せハッピー]

Oh, My Love〜ラジオから愛のうた〜 c/w 幸せハッピー / 坂本冬美
(東芝 EMI TOCT-4878)

昨年、坂本冬美名義でリリースされたこのマキシシングルが、実質的な HIS の活動復活第1弾となりました。 2曲とも、作詞が忌野清志郎、作曲編曲が細野晴臣、リードヴォーカルが坂本冬美という組み合わせで、 ベクトルの全く異なる3人の個性が絶妙にバランスした素晴らしい歌謡曲に仕上がっていますが、 どういうわけか、ミキシングがいまいちで音が若干割れているのが気になりますし、 本盤のアレンジも、細野さんとしては珍しく、かなりやっつけ仕事風で、若干雑さが目立っているのが残念です。 曲自体はとてもいいのですが…

ところが、上述の TV 出演です。1st アルバム「日本の人」からの「パープルヘイズ音頭」と「500マイル」の 2曲も、アルバム同様完璧なアレンジで素晴らしい演奏を聴かせてくれましたが、最後に演奏された「幸せハッピー」が最高に素晴らしかった。ここで号泣。コシミハルさんのアコーディオン、徳武弘文さんのギターなど、バックのミュージシャンも豪華そのもの。

しかも番組前半では薬師丸ひろ子さんが懐かしの名曲を歌ってくれるという素晴らしいおまけつき。

なんてことのない日常をほんわかした視点から切り取った歌詞で心ゆさぶり、「500マイル」でも聴かせる圧倒的な存在感のヴォーカル。完全無敵なヘタウマ とはまさに忌野清志郎さんの為にある言葉でしょう。一方で Timers や初期の RC サクセションの様なアナーキーな側面も有しているこの愛すべきおじさんは、本当に日本の音楽界の宝です。

なんだかんだいって問答無用の 圧倒的な歌唱力、しかも「演歌」というジャンルに留まらない貪欲さをみせる活躍が素晴らしい坂本冬美さん。とにかく楽しそうなのがいい。

そして、これだけハイクオリティーな「歌謡曲」に仕立てられているのは細野晴臣さんがきっちりアレンジしているからこそ。しかもこの TV 放送では、細野さんの感動的なベース演奏まで観られる/聴けるとあって、30分番組の後半12〜3分だけの出番でしたが、1秒たりとも見逃せないものでした。シングルではその魅力があまり伝わらなかった「幸せハッピー」が、このスタジオライブで最高の演奏となったことに感謝の気持ちでいっぱいです。




[日本の人]    [日本の人]

日本の人 / HIS
(東芝 EMI TOCT-11103)
 
 

改めて、1991年、いや、平成3年リリースのこのアルバムの偉大さに感服します。このアルバムでは「恋のチュンガ」と「日本の人」を除いて、全体的に忌野さん色が強く、細野さんのファンからは若干物足りなさを感じられることもあるみたいですが、それにしてもこの完璧な作りには畏れおののくばかりです。

誰もが大名曲として絶賛する「日本の人」 (細野さんのインスト「中国の人」に忌野さんの歌詞がのったもの) といい。

忌野ワールド大全開の楽しい「渡り鳥」や大爆笑エロエロソング「スキー・スキー」といい。

アナザー忌野ワールド全開のおセンチな「500マイル」「セラピー」といい。

全曲を通底して完璧に作りこまれたアレンジメントといい。

打ち込み音が多いのにも関わらずアコースティックな響きが非常に印象的な秀逸なミキシングといい。

サビだけに力を注いだ挙げ句に、それ以外の部分がどうでもいい心に残らないつまらない旋律をうねうねと上下する最近の J-POP とは違い、ヴァースから、イントロから、最後の最後まで、一切捨てメロディーが存在しない完璧な作曲といい。

これこそ「平成の歌謡曲」ですね。日本の歌謡曲もまだまだ捨てたものじゃない。

本当に出るのかどうなのか分かりませんが、是非とも15年振りにニューアルバムを作って頂きたい。




2006年2月25日に大坂城ホールで開催された 「[新]ナニワサリバンショー」 が、4月15日 BS2 でオンエアーされるそうです。 このイベントで HIS は 5曲を披露。そのうち何曲が BS2 で流れるのか分かりませんが、今からかなり楽しみです。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • [新]ナニワサリバンショー (2006/04/17)
    HIS 出演の音楽夢くらぶ 放送からずっと、どれだけこの日を待ち望んでいたことか。 2006年2月25日、大坂城ホールでの [新]ナニワサリバンショー の放送。 やっとこさ、4月15日が、NHK B …
  • 忌野清志郎 フジテレビアーカイブス完全版 (その1) (2009/07/23)
    2009年7月17日〜18日、8時間にも渡って、忌野清志郎 フジテレビアーカイブス 完全版 という奇跡的な番組が フジテレビ NEXT チャンネルで放送されました。 フジテレビが所蔵する演奏シーンを …
  • The Stairs’ Four Maxi Singles (2006/08/22)
    以前の記事 でも書いた通り、愛して止まない ステアーズ (The Stairs) と エドガー・サマータイム (Edgar Jones aka Edgar Summertyme)。その Stairs …
  • Soothing Music For Stray Cats / Edgar Jones (2006/04/20)
    時代錯誤と揶揄されようとも信念を貫き通した、レトロマニアの愛すべき頑固親父。ラーズ (The La’s) の リー・メイヴァース (Lee Mavers) と並び、1990年代初頭の UK インディ …
  • Unsolved Remained / Masha Qrella (2006/08/09)
    私が好きなタイプの音楽が多くラインアップされている、ドイツの MORR Music レーベルから 2005年2月にリリースされたアルバム。昨年暮れに購入してから、最近徐々にターンテーブルに載せる頻度 …
  • How The Funk Was Won: The Simonger & Funk Story, Pt. 2 (Extended Version) (2015/12/02)
    諸事情ありまして、予定より遅くなってしまいましたが、大変おまたせしました!インタビュー Pt. 2 です。 今回は 拡大版 (Extended Version) でお届けします。 [su_space …

2 thoughts on “「平成の歌謡曲」

  1. はじめまして。TBありがとうございます。
    HISの素晴らしいレヴューを楽しませていただきました。新ナニサリがなければ評価は決して高くなかっただろうし、それどころか忘れ去られてしまう可能性もあったユニットです。
    そんなこともあり、私もニュー・アルバムは期待したいですね。

  2. Blue さん、コメントありがとうございます。
    ところで「音楽夢くらぶ」の冒頭に、1991年当時のスタジオライブと思しき演奏シーン (夜空の誓い) が写っていましたよね。この時って何曲演奏したんでしょうね。是非完全版で観てみたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *