ME-10: Nara Leão

ME-2 “Balançamba” に続く今回は、ちょっと番号を飛ばして ME-10Nara Leão にいってみます。 以前と同様、 ELENCO Discography からもリンクを張ってあります。

Preceded by my previous post on ME-2 “Balançamba”, let’s jump to the tenth ELENCO LP album (ME-10) by Nara Leão this time (ME-3 will be featured on the next update, I hope). As always, please also refer the ELENCO Discography entry.

(本エントリは、私が別の web に 2004年 7月 17日付で掲載していたものを転載後加筆訂正したものです)
(this article was originally made public at my another web site on July 17, 2004)

これが恐らく初めて購入したブラジル盤中古 LPです。あの ナラ・レオン (Nara Leão, 1942-1989) さんの ELENCO レーベルにおけるデビューアルバムです。1963年にリリースされたオリジナルモノーラル盤。

This was the very first Brazilian used LP I ever bought – the debut album (1st issue in 1963, original mono) of Nara Leão (1942-1989) left on the ELENCO label.

ジャケットは恐ろしい程ペラペラ。薄手の無地スリーブに、表と裏の印刷紙を張り合わせただけ。1960年代の日本盤 LP や英国盤にも、薄手の紙で出来たペラジャケがありますが、これはその比ではありません。保管には細心の注意を払わないと傷めてしまいそうです。

The outer sleeve is very fragile and weak – front/back covers (printed on a thin paper) are just glued onto a plain paper sleeve. Old UK LPs (and Japanese LPs) sometimes came with very thin outer sleeves, but this Brazilian sleeve is more fragile and weak – we have to handle old Brazilian sleeves with extreme care to keep them from further damages.

[ME-10 Front Cover] [ME-10 Back Cover]

Nara / Nara Leão
(Elenco [BR] ME-10)
Amazon.co.jp で CD を買う | Buy this CD at Amazon.com

なんと暗く深いトーンで統一されたアルバムなのでしょう。ベースとなるリズムフィギュアはやはりボッサ・ノーヴァ、あるいはサンバ的なものですし、バックのミュージシャンの芸達者ぶり – 特に、ベタベタには決してならない (なり得ない) 的確なアレンジメントと、A-2 で聴ける ジェラルド・ヴェスパール (Geraldo Vespar) さんのギターの素晴らしさ – には感嘆してしまいます。けれども、主にアメリカにて華開いた「いわゆるボッサ・ノーヴァ」とは一線を画するこの統一感溢れる暗いトーン (と、後年に比べるとまだ不安定さが見えかくれするけれども魅力溢れる Nara さんのヴォーカル) がこのアルバムの白眉でしょう。

… what a dark and blue tone this album is dominated by. Rhythm figures on this album (of course) belongs to Bossa Nova and Samba, and excellent performances by backing musicians (such as Geraldo Vespar’s violão on A-2) as well as appropriate arrangements are really amazing. Actually, the real highlight of this album would be that dark tone (which never be heard on numerous US “Bossa-Nova like” recordings by various artists) and Nara Leão’s budding voice.

しかし、暗いようでいて、音そのものは鋭く爆発力にみちている一方で (確かにこのモノーラル盤、凄い音がします)、実はとても暖かくやわらかい音楽がそこにはあります。この相反するであろう要素が絶妙なバランスで両立している不思議なおとは、このアルバムでしか味わえないものです。ELENCO レーベルの数あるアルバムの中でも、独特のポジションを獲得しているというか、異彩を放っているというか。

At the same time, it’s really interesting that this album consists of light and darkness – blue and dark tones dominate the entire album, while on the other hand the sound is very sharp and solid, and sometimes it even sounds very warm and gentle. The co-existence of these contradictory aspects makes this album so special – among other fine ELENCO LP albums, this Nara’s LP album acquires very unique standpoint with conspicuous fascination.

[ME-10 Label A] [ME-10 Label B]

日本盤再発 CD (Amazon.co.jp) や 紙ジャケ CD (Amazon.co.jp) には日本語訳された歌詞がついており、ブラジル伝統文化,奴隷や貧困層にまつわる歌の多さが目につきます (ポルトガル語ぜんぜん分からへんのが辛い)。1960年代初頭のブラジルはといえば、 1964年の軍事政権発足 に代表される様に、非常に混乱した時期にあり、それにあわせるかの様に、1950年代後半から都市部でブームとなったボッサ・ノーヴァへの反発をあらわにするミュージシャン、ボッサ・ノーヴァから離れ裏山のサンバなどを歌い出すミュージシャンが出てくる頃です。このデビューアルバムでの Nara Leão さんも、盟友 カルロス・リラ (Carlos Lyra さんの影響を受けたのか、既に純粋なボッサ・ノーヴァとは一線を画するスタンスを貫いているといえます。

Recent Japanese CD reissues (including mini LP style CD edition) come with translated lyrics to Japanese, and we see that most of the tracks sing of Brazilian traditional culture, slaves and poverty (if only I could understand Portuguese…). In the early 1960s, Brazil was in very unstable political situation (military junta emerged in 1964), and in the period some Bossa Nova musicians went against Bossa Nova music, seeking a return to its samba roots. On this album, Nara Leão might have a strong influence of Carlos Lyra, and her interest was already shifting beyond Bossa Nova to old samba and protest songs.

それはさておき、幾つかの曲では、明らかにアフリカ的なリズムやバッキングを感じさせるものがあります。 ブラジルという国の 成り立ちや構成民族 (Wikipedia) を考えると、改めてなるほどと思わされるものがあります。 また、マイナー調の楽曲 (ほとんどそうなのですが) の一部では、そのメロディーの展開やコード進行に、 やはりマイナー調を愛する (?) 日本のポピュラー音楽との近似性を感じさせられることもあります。

A few more thoughts – several tracks are reminiscent of African rhythms and performance – it is very understantable, when we think of the history, ethnicity and race of the country (Wikipedia). Also, most tracks are written in minor keys – such melody/chord progressions strongly appeal to us Japanese, since Japanese popular music also prefer minor keys and we are very familiar with that.

全曲の演奏、アレンジ、歌唱とも素晴らしいですが、 やはり最も感動的なのは B-1 “Berimbau”バーデン・パウエル (Baden Powell) の名曲が、 突き刺さる様な勢いとメランコリックな空気が溢れる見事な演奏となっています。

Instrumental performances, arrangements and singing are all great throughout all tracks, but the most moving track (at least for me) definitely is B-1 “Berimbau”. This masterpiece song by Baden Powell is performed in sharp and chilling moods (and at the same time) with melancholic atmosphere – a great performance.

A-1: Marcha da Quarta-Feira de Cinzas (Carlos Lyra – Vinicius de Morais)
A-2: Diz Que Vou Por Aí (Zé Keti – H. Rocha)
A-3: O Môrro (Feio, Não É Bonito) (Carlos Lyra – Gianfrancesco Guarnieri)
A-4: Canção da Terra (Eduardo Lôbo – Ruy Guerra)
A-5: O Sol Nascerá (Cartóla (Agenor de Oliveira) – Elton Medeiros)
A-6: Luz Negra (Nelson Cavaquinho – Hirai Barros)

B-1: Berimbau (Baden Powell – Vinicius de Morais)
B-2: Vou Por Aí (Baden Powell – Aloysio de Oliveira)
B-3: Maria Moita (Carlos Lyra – Vinicius de Morais)
B-4: Requiem Para Um Amor (Eduardo Lôbo – Ruy Guerra)
B-5: Consolação (Baden Powell – Vinicius de Morais)
B-6: Nanã (Moacyr Santos – Vinicius de Morais)

Geraldo Wesper (violão on A-2).
Baden Powell (violão on B-2).

Arranged by Gaya.
Produced by Aloysio de Oliveira.
Engineered by Norman Sternberg.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • ME-9: Antônio Carlos Jobim (2006/05/14)
    ELENCO レーベルの9枚目 ME-9 は、あのアントニオ・カルロス・ジョビン (Antonio Carlos Jobim) のアルバムなのですが、内容はなんと米 Verve レーベルから出て大ヒットを記録した “The Composer of Desafinado, Plays” そのものです。
  • ME-2: Balançamba / Lúcio Alves (2006/04/27)
    ELENCO レーベルの2枚目 ME-2 は、ルシオ・アルヴェス (Lúcio Alves) の大名盤。全曲ホベルト・メネスカル (Roberto Menescal) 作曲、ホナルド・ボスコリ (Ronaldo Bôscoli) 作詞、ネルソン・リドル アレンジのフランク・シナトラ盤を彷彿とさせるゴージャスな作品です。
  • ME-1: Vinicius & Odette Lara (2005/12/25)
    ブラジル ELENCO レーベルの記念すべき1枚目は、ヴィニシウス・ヂ・モライス (Vinicius de Moraes) とオデッチ・ララ (Odette Lara) の2人によるアルバム。バーデン・パウエル (Baden Powell) の名曲がずらりと並ぶ良盤です。
  • ME-7: Um Senhor Talento / Sérgio Ricardo (2021/11/06)
    ELENCO レーベルの7枚目 ME-7 は、セルジオ・ヒカルド (Sérgio Ricardo) の個性溢れる味わい深いアルバム。全曲自作で、アレンジも多岐に渡り、ボッサ・ノーヴァ全盛期であってもそのユニークな個性が光ります。何度聴いても飽きないスルメ的愛聴盤です。
  • ME-3: A Bossa Nova de Roberto Menescal e Seu Conjunto (2006/08/10)
    ELENCO レーベルの3枚目 ME-3 は、ホベルト・メネスカル (Roberto Menescal) の快速ボッサアルバム。さわやかさを通り越して「夏だ!海だ!」感満載、ボッサ・ノーヴァの「陽」を極限まで引き出しています。
  • ELENCO Discography (original LPs) (2004/10/31)
    Bossa Nova 誕生を鮮やかに告げたとされるジョアン・ジルベルト (Joao Gilbelto) の1959年リリース “Chega de Saudade” でプロデューサを務めたアロイージオ・ヂ・オリヴェイラ (Aloysio De Oliveira) が設立した名門レーベル、ELENCO。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *