修行僧六日目

アンプを修理に出して はや 6日。かなり辛くなってきました

PC 上で CD を再生し、そこから流れてくる貧弱な音を聴きつつ、脳内補間修正して楽しむというのはかなり大変な労力を要します。とはいえ、イマジネーションや記憶力を駆使しないといけないので、これはこれで楽しいような気も。いや、楽しい様な気がするなんて思ってきてるのは末期症状なのかも。ヤヴァイ。

SP や LP のレーベルを眺めながら、PC に向かって貧弱な音を聴く。

早くこの悲惨な状況を脱したいものです。

以下、ここ数日に PC の前で眺めていたレーベル達。 正確には、1枚だけ CD で持ってないものが混ざってますが . . .


[Blue Note 1577 Side-A]      [MGM 11283 Side-A]

[Tower 416 Side-A]      [Capitol 4790 Side-A]

[RCA Victor LSP-2533 Side-A]      [Time S-2101 Side-A]

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • 暫く修行僧 (2006/07/19)
    先週頃からアンプの調子が悪くなりました。不定期 (10分〜30分おき) に 30秒から1分程、両チャンネルの出力が低下してしまう現象です。いい気持ちで音楽を聴いてる時に限って、突然ボリュームダウンして、また暫くしたら元に戻る、というのは生理的に辛い。 実はこの現象、1年程前にもあったのですが、そのときは自然に直ってしまったのでした。で今回再発したと。 出力低下は両チャンネル同時に起こるので、まずプリ部分の 12AT7 の不良を疑いました。実際、出力低下時にフィラメントが連動して暗くなっているのが分かります。しかし、予備の 12AT7 に差し替えても、症状は改善せず。 次はこの管のソケット部分での接触不良を疑うことに。接点復活剤を細いハケで少しづつ塗っては丁寧に拭き取り、管を刺して上下させてみたり。それでも症状は改善せず。実際、出力低下が起こっている時に (手袋をして) 12AT7 を静かに上下させても、出力に変化はありませんし、ガリノイズも発生しません。 裏をあけてみても、基板上で死んでる抵抗やコンデンサは特になさそうでした。 ということであきらめて、車にアンプを積んで、雨の降り続くなか越谷にある製造元本社に持ち込んで修理を依頼してきました。田舎の幹線道路沿いにある三階建ての建物の一階部分では、4〜5人の従業員の方々により着々と組立や修理が行われており、箱詰めされた製品は今か今かと出荷を待っていました。 とりあえず、症状について一通り説明をしたのですが、過去にそういうトラブルが一例もないとのこと。で、やはり裏をあけて通電せずに簡単なチェック。その場では結局原因が判明しなかったので、そのまま預けて帰ることになりました。来週あたりに直る予定。 さて、それでは宜しくお願いします、と本社をあとにしようとすると、「あれ、お客さんあの車に乗ってるのかね」とひとこと。そこからなぜか車談義が始まり、20分程時間が過ぎてしまいました。 うちには予備のアンプがないので、これから1週間程、音楽のない生活が続く予定です (正確には PC で聴くことは出来ますが、あれはちょっと…)。修行僧の気分。果たして無事耐え抜くことができますかどうか。…
  • Knife Edge 交換 (2) (2004/08/25)
    「Knife Edge 交換 (1)」の続き。 先日交換したブロンズナイフエッジ の試聴.モノーラル盤,ステレオ盤,古いの新しいのといろいろとりまぜて,カートリッジも 4種類程あれこれ試してみました. 最低音域が伸びてがっちりしました.また高音域も曖昧さが更にとれシャープな音像が出てきました.ところが,全体としては,なんだか大人しく綺麗な感じの音に変化してしまった様です.以前のがつんという感じが後退してしまった感じ.これは見た目からくる印象とは若干異なります (往々にしてそういうもんですが).いままでのナイロンナイフエッジの音に合わせてシステム全体の微調整を繰り返してきたわけですから,ここでリセットしてもう一回音を作りなおしていくしかないのかしら. もう少し馴染んだところでもう一回印象を書いてみます. 「Knife Edge 交換 (3) & Connection Plate 交換」に続く……
  • Ole Tex Kringle / Doye O’Dell (2006/03/23)
    この Intro レーベルって、あのハリウッドの Intro ですよね? Aladdin レーベルの傍系レーベルで、Jazz ファンには Art Pepper の大名盤 “Modern Art” で知られる、あの Intro レーベル。 ところがこのレーベルは本来はカントリー専用レーベルだったんですね。 This Intro label is the same as that Intro label, which was a subsidiary of Aladdin label, and Art Pepper’s legendary “Modern…
  • Capitol Label Variation complete (2006/05/02)
    3月14日付で初稿を公開した 「Capitol Label Variations (in its early era)」。 4月14日に更新状況を 「Capitol Label Variation being updated」 としてお知らせしました。 その後も調査収集を続け、ついに今朝到着したマルーン色レーベル (Long Playing タイプ)、10インチの L- プリフィクスをもって、 buzzy-bee さんのサイトに掲載されているレインボー第3期より前のバリエーションが全部揃いました。ぱちぱち。 まだ一部疑問が残る箇所がありますが、とりあえずこれをもって完成としておきます。 あ、けど「Kenton Jazz Presents」を別レーベルとして扱ったからには、「Classics In Jazz」シリーズも別レーベルとしておいた方がよかったかも . . . うーむ、また気がむいたら更新しておきます (笑)…
  • Smoke Gets In Your Eyes / Carl Perkins (2006/08/28)
    自らの不注意で SP盤を割ってしまい かなり凹んでおりますが、こちらは無事に残った1枚。同じ Savoy レーベルですが、 LP でもお馴染みの音符があしらわれたデザインのものです。 やはり 前回のレーベルデザイン の方が圧倒的にいいですね。 Just four hours after I published the previous article, the 78rpm was broken into pieces due to my carelessness – I was totally depressed. Anyway this is what could…
  • Various V.A. LPs, Pt.1 – Riverside Modern Jazz Sampler (2005/12/13)
    V.A. アルバム特集第1回 は Riverside レーベルの編集盤、1956年にリリースされたモダンジャズサンプラーです。

2 thoughts on “修行僧六日目

  1. Shaolinさん、こんばんは。
    アンプの故障、痛いですね。
    実は、僕も3ヶ月くらい前に球のパワーアンプのボリュームが極端に小さくなる症状が出てきて、「まあ、出力管を差し替えれば大丈夫だろう。以前も同じようなことあったし」と早合点し、秋葉原にて新しい球を購入。でも、原因は他の箇所のようで・・。
    パワーアンプを修理しようにも、製作者とも、なかなか連絡を取れず、まともに音が聴けぬまま、1週間経過。
    もう、我慢の限界に達し、とりあえず、トランジスタの中古のアンプを購入し、現在に至っています。そして、壊れた球のパワーはそのまま放置。
    そのトランジスタのアンプも悪くは無いものの、球のアンプには残念ながら及ばず・・という具合。
    まあ、せっかくだから、そのトランジスタアンプを当分使おうと思うのですが、人間の耳って、心地良い音を覚えてるんですよね。
    まあ、こんな愚かなことにならぬよう、しっかり修業の日々を楽しんでくださいませ。
    最後に、ご連絡です。当方のブログに遅まきながら、shaolinさんのブログのリンクをはらせていただきました。

  2. 木下さん、御無沙汰してます。
    > もう、我慢の限界に達し、とりあえず、トランジスタの中古のアンプを購入し
    ええ、私もあともう少しでそうなりそうでした (笑)
    もうなんでもいいからと思ってハードオフにジャンク品の激安プリメインがないか探しに行ったり、オーディオユニオンの陳列を前にうーんと唸ったり。
    > 人間の耳って、心地良い音を覚えてるんですよね
    不思議ですけどそうなんですよね。
    ただ、中学生の時なんかはラジカセから流れる FM ラジオの音で音楽に涙していたわけで。そういう意味では人間って楽な方 (= 脳内イコライザを使わずに済む) へ流れるもんやなぁ、と関係ないことまで考えてしまいます。
    リンクありがとうございます。
    私も木下さんの記事を毎回楽しみに拝見してます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.