Kohji Matsubayashi

After the ball, after the fascination…

[Fourteen 78rpms arrived yesterday]

この前の日曜日までの二週間は、毎晩 全仏オープン のテレビ観戦に大忙し (おかげで贔屓にしている ラファは無事三連覇達成。めでたしめでたし)。次の ウィンブルドン が始まるまでの二週間、やっと音楽を聴く時間がとれそうです。

Until last Sunday for two weeks, I was very busy watching Roland Garros matches on TV every night – and one of my favourite players Rafael Nadal has won three straight crowns against the best tennis player in the history Roger Federer which was a great news for me. The next big tournament, The Championships (Wimbledon) will start on 25th of June, and until then I think I can have time to enjoy listening vinyls, CDs and 78rpms after many days of absence.

それにあわせるかの様に、海外から SP が到着。今回も一部を除いて 1枚あたり 5ドル程度で購入。玉石混合ですが、しばらくはいろいろ楽しめそうです。

And it’s a good timing that I received a large parcel yesterday night, containing as many as fourteen 78rpms from the US. Each costed only five bucks with a few exceptions. They might be a mixture of the wheat and the chaff, but anyway I think I will enjoy listening to every 78rpm for a while.

Kohji Matsubayashi

Anita O’Day in her early years

公開する前に逝去されたのが個人的には残念でしたが、ともあれ、数ヵ月前からぽつぽつと書いて未公開だったのがこれです。

Personally I regret that this article (which I started writing a few months ago but not published yet) was not in time before her passaway – anyway here it is.

[Gene Krupa Orchestra w/ Anita O'Day]
Read More / 続きを読む
Kohji Matsubayashi

Hawkins’ Barrel-House / Coleman Hawkins

昨日、自宅にて某雑誌の取材を受けました。若いビジネスマン向け?の一般?雑誌で、音楽雑誌でもなく (そらそうだ) オーディオ雑誌でもなく (そらそうだ)。果たしてどんな切り口や視点 (あるいはバイアス) からの取材なのか、当初は一抹の不安もあったのですが、記事担当者が以前からの知合いの方だったこともあり、終わってみればとても楽しい二時間でした。そのあと編集者さん、カメラマンの方と 4人でいきつけの吉祥寺のお店になだれこんで宴会モード、特にカメラマンの方と音楽の話などで盛り上がり (というか酔いの回った私が一人でレコード話をぐだぐだと力説? . . . すんません)、気がつけば夜は更けておりました。

やや二日酔い気味の今日、そういえば昨日は SP かけなかったなぁと思い、最近届いたこの1枚を。珍しくカンパニースリーブも付属していました。ふむふむ、当時この 10インチ盤は 1ドルで売られていたんですね。

昨晩の宴会では、別にレコードジャンキーでもコレクターでもない皆さんに、へべれけになりながら SP がどんなにステキなメディアであるかを力説していたという . . . ああ思い出しただけでも恥ずかしい。


[Signature 28101 with sleeve]

Hawkins’ Barrel-House c/w Voodte / Coleman Hawkins
(Signature [US] 28101)
Read More / 続きを読む