The Vee-Jay Story 1953-1993

一月ほど前、所用で吉祥寺駅近辺に行ったときのこと。普段は滅多に寄ることのない CD 量販店をふらっと訪れ、運良く 50% 引きセールをやっているカゴを見つけたので、いくつかピックアップしました。これもその 1枚 (1ボックス?) です。

About a month ago, I went to the centre of Kichijoji (where the nearest train station is located), and I dropped by a CD reseller shop where I seldom went. I found a steel basket filled with many CDs with 50% discount. So I picked up several CDs – this is one of them.


[Vee Jay NVS 2-3-400 Front Cover]

Vee Jay: Celebrating 40 Years Of Classic Hits / Various Artists
(Vee Jay [US] NVS 2-3-400)

みなさんが Vee-Jay (ヴィー・ジェイ) レーベルと聞いて思い出されるのはどんなアーティストでしょうか。ロックファンならば、The Beatles (ビートルズ) のアメリカにおける最初の LP を思い浮かべられるでしょうし、ジャズファンだったら Lee Morgan (リー・モーガン) や Wynton Kelly (ウィントン・ケリー)、Wayne Shorter (ウェイン・ショーター) のリーダー作などが思いつくかもしれません。

Which artist(s) comes in your mind after you hear the label name Vee-Jay ? If you are a Rock fan, The Beatles comes first, since this famous band released US first LP album on the Vee-Jay label; if you are a Jazz fan, such nice leader albums by Lee Morgan, Wynton Kelly or Wayne Shorter may come in your mind.

しかし、1953年に Vivian Carter (ヴィヴィアン・カーター) と James C. Bracken (ジェームス・ブラッケン) という黒人夫妻によってシカゴで興された Vee Jay レーベル (この二人のファーストネームからレーベル名がとられています) の本領といえば、やはりブルースであり、R&B であり、ドゥーワップであり、ゴスペルであり、ソウルであることは間違いありません。

However, the mainstream and the cream of this Vee Jay label, which was started in Chicago, 1953 by Vivian Carter and James C. Bracken (both married in Dec. 1953), should definitely be Blues, R&B, Doo-Wop, Gospel and Soul music.


3枚組 CD ボックスは、Vee-Jay の初リリースにして初ヒット (ビルボード R&B チャート最高10位) となる The Spaniels (スパニエルズ) の「Baby, It’s You (Disc 1 Track 1)」で始まります。Vee-Jay の幸先よいスタートを祝うかの様な黒いスローバラードで絶品。続く「Goodnite, Sweetheart, Goodnite (Disc 1 Track 3)」も更に大ヒット (ビルボード R&B チャート最高 5位) となり、初期の稼ぎ頭となります。絶妙なコーラスが絡むスウィートなバラードが絶品ですが、軽快なテンポのジャンプナンバーも捨てがたい魅力があります。本 CD では 1958年録音の「Stormy Weather (Disc 2 Track 6)」が収録されています。

This 3CD Box Set starts with “Baby, It’s You” (Disc 1 Track 1) by The Spaniels. This single, a sweety black chorus tune, was the very first release from the Vee-Jay label, and made a hit (Billboard R&B #10) which celebrated the label’s good start. Their following single “Goodnite, Sweetheart, Goodnite” (Disc 1 Track 3) was another sweety black ballad and reached #5 on Billboard R&B charts. The Spaniels are well-known for sweety and dreamy black chorus on ballad sides, but their jumping and swinging number is also superb – listen to “Stormy Weather” (Disc 2 Track 6) is a good example.


その他、黒い R&B コーラスグループ / ドゥーワップ系 として、The El Dorados (エル・ドラドス)、The 5 Echoes (ファイブ・エコーズ)、The Kool Gents (クール・ジェンツ)、The Magnificents (マグニフィセンツ)、The Delegates (デリゲイツ)、更にドゥー・ワップ先駆者の Sonny Til & The Orioles (ソニー・ティル・アンド・ザ・オリオールズ) といったゴキゲンな収録が続きます。そして The Dells (デルズ) の初期の名作「Oh What A Nite (Disc 1 Track 17)」もバッチリ収録されています。

Other black R&B chorus and Doo-Wop groups on this box includes such fabulous names as The El Dorados, The 5 Echoes, The Kool Gents, The Magnificents, The Delegates, and one of the earliest black chorus / Doo-Wop groups Sonny Til & The Orioles – all are so fascinating and interesting to listen to. Of course, The Dells‘ early hit tune (as well as their early masterpiece) “Oh What A Nite” (Disc 1 Track 17) is also included on this box set.




Vee-Jay 初期を華々しく飾るもう一つのジャンルは ブルース系 です。Spaniels 同様、レーベル開始直後から契約していた Jimmy Reed (ジミー・リード) を初めとして、Billy Emerson (ビリー・エマーソン)、Eddie Taylor (エディ・テイラー)、John Lee Hooker (ジョン・リー・フッカー)、Pee Wee Crayton (ピーウィー・クレイトン)、Billy Boy Arnold (ビリー・ボーイ・アーノルド)、J.B. Lenoir (J.B. ルノアー) そして Elmore James (エルモア・ジェームス) といったラインアップです。この辺りを聴くと、ローリングストーンズやアニマルズといったイギリスのバンドが、Vee Jay のブルース系作品に相当影響を受けていたことが伺えます。そういえば Gene Allison (ジーン・アリスン) の「You Can Make It If You Try (Disc 2 Track 2)」 (ビルボード R&B チャート最高 3位) や Jimmy Reed の「Honest I Do (Disc 1 Track 25)」も、ストーンズが 1st アルバムでカヴァーしてましたね。同じく Jimmy Reed の「Bright Lights, Big City (Disc 3 Track 5)」は Van Morrison (ヴァン・モリスン) 在籍時の Them のバージョンが有名でしょうか。また、Billy Boy Arnold の「Rockin’ites (Disc 2 Track 4)」なんて、もろヤードバーズっぽいですしね (逆ですが)。

Another musical genre which was a key for early Vee-Jay was, of course, Blues – the earliest example is “High & Lonesome” (Disc 1 Track 2) by Jimmy Reed who was one of the earliest Vee-Jay artists. Others include Billy Emerson, Eddie Taylor, John Lee Hooker, Pee Wee Crayton, Billy Boy Arnold, J.B. Lenoir, and legendary Elmore James. Upon listening these Blues tracks, we easily conclude that such British R&B bands as The Rolling Stones and The Animals were started under the heavy influences of Vee-Jay Blues musicians. As a matter of fact, Stones did on their first UK album cover versions of “You Can Make It If You Try” (Disc 2 Track 2) by Gene Allison as well as “Honest I Do” (Disc 1 Track 25) by Jimmy Reed. Another Jimmy Reed track “Bright Lights, Big City” (Disc 3 Track 5) should be famous in Them version featuring Van Morrison. Furthermore, the arrangements and the mood of “Rockin’itis” (Disc 2 Track 4) by Billy Boy Arnold sounds very similar to The Yardbirds (no, no – Yardbirds sounds similar to Billy Boy Arnold).


それにしてもさすが、ジョン・リー、ジミー、そしてエルモアはどの時代の録音も素晴らしい存在感を示しています。前者の「Boogie Chillun (Disc 2 Track 13)」、まんなかの「Bright Lights, Big City (Disc 3 Track 5)」、後者の「It Hurts Me Too (Disc 2 Track 3)」といったら!!

Above of all, I have a strong impression here – John Lee, Jimmy and Elmore always have very strong and unique originality all through their career, as you hear “Boogie Chillun” (Disc 2 Track 13), “Bright Lights, Big City” (Disc 3 Track 5) or “It Hurts Me Too” (Disc 2 Track 3) on this box set!!

( . . . and the rest of the English edition of this article will be available in the near future I hope . . . )




そして 1950年代末から 1960年代にかけて、徐々に芽生える ソウル系 R&B でも、Vee-Jay は充実しています。まずはゴスペルの様に荘厳で崇高な雰囲気すら漂わせる「For Your Precious Love (Disc 2 Track 7)」は、Jerry Butler (ジェリー・バトラー) 在籍時の The Impressions (インプレッションズ) の代表曲。「Here I Stand (Disc 2 Track 11)」は Wade Flemons (ウェイド・フレモンズ) の軽やかなナンバー。軽快なボーディドリービートに乗せてのびやかに歌う Dee Clark (ディー・クラーク) の「Hey Little Girl (Disc 2 Track 16)」やイントロの雷と雨の音がいい感じの「Raindrops (Disc 3 Track 3)」もイイ。あの Gradys Knight & The Pips (グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス) の初期ヒットナンバー「Every Beat Of My Heart (Disc 3 Track 4)」も興味深いですが、後年に比べるとまだ個性は確立されてないような。

インプレッションズから独立してソロとなった Jerry Butler (ジェリー・バトラー) はこの Vee-Jay 時代が充実しています。Curtis Mayfield (カーティス・メイフィールド) がセカンドヴォーカルで絡む (ですよね?) 「He Will Break Your Heart (Disc 2 Track 23)」は、もろカーティス風のゴキゲンなシカゴサウンド、「Moon River (Disc 3 Track 6)」やバカラック作の大名曲「Make It Easy On Yourself (Disc 3 Track 11)」での荘厳なまでのバリトンヴォイスは素晴らしい。個人的にジェリー・バトラー大好きなもんで . . . 後者は日本では The Walker Brothers (ウォーカー・ブラザーズ) バージョンで有名だと思いますが、このバトラーバージョンがオリジナルです。

そして Gene Chandler (ジーン・チャンドラー) は「Duke Of Earl (Disc 3 Track 7)」で決まり。もちろん、Vee-Jay を離れてからの彼が一番素晴らしいのはいうまでもありませんが、この曲はヒットするべくしてヒットしたという感じでしょう。これの Pearlettes (パーレッツ) によるアンサーソング「Duchess Of Earl (Disc 3 Track 7)」も面白い。しかしこのパーレッツのリードヴォーカル、声質がほんとジャニス・ジョプリンに似てるなぁ。バンド名も「Pearl-ettes」ですしね (笑) 関係ないとは思いますが。

Betty Everett (ベティ・エヴェレット) の「You’re No Good (Disc 3 Track 14)」や「The Shoop Shoop Song (It’s In His Kiss) (Disc 3 Track 15)」は、ブリティッシュビートバンドによくコピーされたのでお馴染みですね。こちらもよく出来たヒットチューンで素晴らしい。その他、一時期ゴスペルに行っていた Little Richard (リトル・リチャード) の R&B 復帰後のシングルとか、The Dells (デルズ) の カデット時代 とは別アレンジの「Stay In My Corner (Disc 3 Track 22)」初期バージョンとか、興味深いです。

資金繰りの問題から Vee-Jay は 1966年に倒産してしまったわけですが、13年もの期間に渡って、シカゴから全米に良質の黒人音楽を送り続けたその功績はもっともっと評価されてしかるべきでしょう。




[Vee Jay NVS 2-3-400 Inside]

75曲入りのこの CD ボックスは、45回転復刻シングルが付属しているとはいえ、基本的にはヒットシングル集という感じで、マニア向けというわけではありません。それでも、Vee-Jay の王道ジャンルをまずまず網羅している好編集盤といえます。マスタリングはイマイチな感じですが . . .

さすがに定価は今となっては高すぎると思いますが、半額セールで買えたわけで、お得でした (笑) というか、この CD ボックス、リリースは 1993年ですので、もう廃盤になっているんじゃないでしょうか。デラックスエディションみたいなミニパッケージで再発されるといいのですが。

24ページにも及ぶブックレットの詳細なヒストリーは読み応えがあります。このヒストリー、修正版というか、完全版というか、のちに明らかになったデータや貴重な資料なども付け加えられて、有名な Both Sides Now Discography で「The Vee Jay Story」としてどーんと公開されており、すべての音楽ファン必見です。




DISC 1 (1953-1957)

  1. Baby, It’s You / The Spaniels
  2. High & Lonesome / Jimmy Reed
  3. Goodnite, Sweetheart, Goodnite / The Spaniels
  4. You Don’t Have To Go / Jimmy Reed
  5. My Loving Baby / The El Dorados
  6. Annie’s Answer / Hazel McCollum with the El Dorados
  7. I Really Do / The 5 Echoes
  8. At My Front Door / The El Dorados
  9. Hands Off / Jay McShann with Priscilla Bowman
  10. I’ll Be Forever Loving You / The El Dorados
  11. This Is The Night / The Kool Gents
  12. Every Woman I Know / Billy Emerson
  13. Ain’t That Loving You Baby / Jimmy Reed
  14. Big Town Playboy / Eddie Taylor
  15. Up On The Mountain / THe Magnificents
  16. Dimples / John Lee Hooker
  17. Oh What A Nite / The Dells
  18. Bim Bam Boom / THe El Dorados
  19. Telephone Is Ringing / Pee Wee Crayton
  20. For All We Know / Sonny Til’s Orioles
  21. You Gave Me Peace Of Mind / The Spaniels
  22. I Found Peace Of Mind / Pee Wee Crayton
  23. Mother’s Son / The Delegates
  24. The Pleasure Is All Mine / Billy Emerson
  25. Honest I Do / Jimmy Reed

DISC 2 (1957-1960)

  1. 12 Year Old Boy / Elmore James
  2. You Can Make It If You Try / Gene Allison
  3. It Hurts Me Too / Elmore James
  4. Rockin’itis / Billy Boy Arnold
  5. Have Faith / Gene Allison
  6. Stormy Weather / The Spaniels
  7. For Your Precious Love / Jerry Butler & The Impressions
  8. Nobody But You / Dee Clark
  9. The Twist (Vee-Jay version) / Hank Ballard & The Midnighters
  10. Here I Stand / Wade Flemons
  11. A Rookin’ Good Way / Priscilla Bowman with the Spaniels
  12. K.C. Loving / Jimmy Witherspoon
  13. Boogie Chillun / John Lee Hooker
  14. Take Out Some Insurance / Jimmy Reed
  15. Just Keep It Up / Dee Clark
  16. Hey Little Girl / Dee Clark
  17. No More Doggin’ / Rosco Gordon
  18. Baby What You Want Me To Do / Jimmy Reed
  19. The Comeback / Memphis Slim
  20. Just A Little Bit / Rosco Gordon
  21. Big Boss Man / Jimmy Reed
  22. Oh Babe / J.B. Lenoir
  23. He Will Break Your Heart / Jerry Butler
  24. Tupelo / John Lee Hooker
  25. Your Friends / Dee Clark

DISC 3 (1958-1965)

  1. Exodus / Eddie Harris
  2. Shombalor / Sheriff & The Ravels
  3. Raindrops / Dee Clark
  4. Every Beat Of My Heart / Grady Knight and the Pips
  5. Bright Lights, Big City / Jimmy Reed
  6. Moon River / Jerry Butler
  7. Duke Of Earl / Gene Chandler
  8. Boom Boom / John Lee Hooker
  9. Duchess Of Earl / Pearlettes
  10. Tragic / Shephards
  11. Make It Easy On Yourself / Jerry Butler
  12. Oh John / Jimmy Reed
  13. Rainbow / Gene Chandler
  14. You’re No Good / Betty Everett
  15. The Shoop Shoop Song (It’s In His Kiss) / Betty Everett
  16. A Spanish Boy / The Rubies
  17. I Can’t Hear You / Betty Everett
  18. My Adorable One / Joe Simon
  19. Let It Be Me / Jerry Butler & Betty Everett
  20. Whole Lotta Shakin’ Goin’ On / Little Richard
  21. It Ain’t What You Do / Little Richard
  22. Stay In My Corner / The Dells
  23. Oo Wee Baby, I Love You / Fred Hughes
  24. I Don’t Know What You Got / Little Richard
  25. It’s Not Unusual / The Dells



References & Special Thanks:


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • CHICAGO; Blues & Soul Showdown! (2010/01/22)
    縁あって 吉岡正晴さん に声を掛けて頂き、 品川プリンスホテル 内の よしもとプリンスシアター で行われたコンサートに行ってきました。 5日間連続公演で、その初日になります。 シカゴ;ブルース&ソウ …
  • The Mercury New Orleans Sessions 1950 & 1953 (2007/03/27)
    今年発売されたばかりの、この 2枚組 CD。なんといってもジャケットがイカしてます。 ボロボロになった SP アルバム を模した装丁で、最初に手にとった時には不良品かと勘違いしましたよ . . . …
  • Get On Up: The James Brown Story (Original Motion Picture Soundtrack) (2014/08/05)
    It’s a real pity – we can’t see the movie until next spring in Japan – get on up! All I can do so f …
  • Various V.A. LPs, Pt.1 – Riverside Modern Jazz Sampler (2005/12/13)
    いわゆる Various Artists もの、あるいは Sampler LP といいますか、結構気に入っています。特に 1950年代や 1960年代の Jazz ものはお特感満載です。著名ミュージ …
  • Max Roach a la carte (2007/08/19)
    Last night I picked up two LP albums by Max Roach and put ’em on my turntable to pray R.I.P. 昨晩はマック …
  • Soothing Music For Stray Cats / Edgar Jones (2006/04/20)
    時代錯誤と揶揄されようとも信念を貫き通した、レトロマニアの愛すべき頑固親父。ラーズ (The La’s) の リー・メイヴァース (Lee Mavers) と並び、1990年代初頭の UK インディー …

4 thoughts on “The Vee-Jay Story 1953-1993

  1. 50%OFF ですか、良い買い物をしましたね。
    Jimmy Reed、John Lee Hooker、Elmore James あたりは45 またはSP で持っていました(過去形です…)

  2. > 50%OFF ですか、良い買い物をしましたね
    さすがに、J-POP や映画 DVD がメイン商品と思われる量販店では、このテのボックスはながらく売れ残っていたみたいです (笑)
    > Jimmy Reed、John Lee Hooker、Elmore James あたりは
    > 45 またはSP で持っていました(過去形です…)
    うー、ここまで本気で追っちゃうとさすがに財力が追いつかなさそう . . . とりあえずは CD で我慢我慢。
    けど60年代ソウル系のドーナツ盤はいつか掘ってみたいです . . .

  3. はじめまして。。。
    いつも 楽しく拝見させて頂いております。
    JAZZ好きな私がVee-Jayで想いうかべるのは
    『Kelly at midnite』です。
    今日Vee-Jayの由来を知り 
    このアルバムが生まれた訳も何となく。。。
    Time盤 Sonny Clark Trioと共に
    私のお気に入りです。。。

  4. yayoishibainuさん、はじめまして。
    素敵な写真で飾られた web はいつも拝見してます。
    Kelly at Midnite、こんな梅雨の時期に無性に聴きたくなりますね。個人的には Frank Strozier のアルバムも捨てがたかったり。
    またいろいろお話を聞かせて下さいまし。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *