Diversity of “Plays Monk”, Pt. 2: Gemini Gemini

1曲目の「Bemsha Swing」を初めて聴いたとき、「こりゃあかん。。。」「ヒップにしようとしてスベッとるんちゃうか。。。」とガックリしたものです。しかし改めて他の楽曲を聴いてみると、そんなに悪くないような気が。意外とジャズ的にも面白い聞き所があったり。

気の向くままにテキトーに「Plays Monk」なアルバムを紹介する本稿。T.J. Kirk に続く第2回は、これまたビミョーな Gemini Gemini によるヒップホップっぽいジャズファンクです。ああ早くジャズなアルバムに移りたい(笑)

Gemini Gemini というのは、ウォルフガング・プシュニグWolfgang Puschnig)とジャマラディ-ン・タクマJamaaladeen Tacuma)の二人によるユニット名なんだそうで。スペシャルゲストとして Burhan Öçal なるパーカッショニストが、ウードやオリエンタルパーカッションで参加しています。

Wolfgang Puschnig (as, vo),
Jamaaladeen Tacuma (el-b, vo, narr),
Burhan Öçal (oriental percussions, stringed oud).

Recorded and mixed at Tonstudio Benkö, Vienna, Austria
on March 17-18, 1994.

Produced by Gemini Gemini (Jamaaladeen Tacuma, Wolfgang Puschnig)
Executive Producer: Ulli Blobel
Recording/Mixing Engineer: Stefan Benkö

ジャマラディーン・タクマといえば、オーネット・コールマンOrnette Coleman)のプライム・タイム全盛期(?)の若きベーシストとして知られる、あの人ですよね。「Dancing In Your Head」のあのグチョグチョ変態ベースで最高!なあの演奏の人。ホント、あのアルバムは革命的に気持ちいい名盤です。

そういえばオーストラリア出身でヨーロッパで幅広く活躍されているブシュニグさんも、未聴ですが オーネットへのトリビュート/オマージュ的なアルバム を出しているんですね。

で、マニアの間では話題になっているらしい、タクマさんの2011年リリースのオーネットへのトリビュート的アルバム。なんと御大オーネット・コールマンも全面参加で双頭リーダー作の様相。ブシュニグさんもフルート(と Hojak なる楽器)で参加してます。これはいいですね。もう随分お年をめされているであろう御大のこの存在感たるや!

ジャマラディーンの変態ベースも炸裂しまくりなのに加え、この若手の ジャスティン・フォークナーJustin Faulkner)というドラマーがとんでもなくスリリング!

予想通り、今回も脱線してしまいました。。。

で、この「Gemini Gemini」はどうなんだろう、と。冒頭にも書きましたが、1曲目の「Bemsha Swing」は、いわゆる1990年代前半に流行った、ジャズをネタにしたヒップホップトラックの趣き。あの US 3 と同じようなノリです。原曲は切り刻まれ、ステディなリズムボックスにあわせてラップしたり、サンプリングがかぶさったり、と。冒頭がこれですから、そこで聴くのを止めてしまいました(笑)このテのが嫌いな訳ではないんですけど、ちと食傷気味というか、「いまさらこれはないよな〜」的な感じで。

ところが、改めて通して聴いてみると、他の楽曲は悪くない。Tacuma さんのバッキンバッキンなファンクベースと、Puschnig さんの唯我独尊サックスが、かなりリラックスしながらもウネウネとファンキーな流れを作り出しています。

「Straight, No Chaser」などは好例で、ベースとパーカションの生み出すポリリズミックなバックの上で、比較的ストレートにアルトがメロディとソロを奏で、聞き応えもあります。「Epistrophy」も同系統の演奏。

2曲目の「Wee See」も、原曲のほんわかとしたファニーな感じと、超絶エレキベースのバキバキな感じが、そんなにケンカすることなくフツーにジャズファンクっぽくなってます。

けど、まあ、何度も聴き返してみたくなるか、といわれると、微妙なところです。狙いがあまり成功しているとはいえず、モンクのカバーアルバムとしても、タクマさんやプシュニグさんのアルバムとしても、共にかなり下にランクせざるを得ないでしょう。

むしろ久し振りにプライムタイムの諸作を浴びるように聴きたくなってしまいましたが、今しばらくはいろんなアーティストによるモンクのカバー曲を聴き続けます(笑)


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 1: T.J. Kirk (2013/03/20)
    ここ数日、仕事中はこのスマートプレイリストばかり聴いています(笑)。 Monk 本人以外による Monk の楽曲ああれこれ。聴き込んでしまうので BGM にはならないか。。。まだ取り込みしてない CD や、未 CD 化 LP を含めると、手元にあるだけで300曲くらいはいくかもしれません。 久々に四六時中 Monk 漬けになったきっかけは、ある1枚の CD でした。 それは先日、この CD を聴いてしまい、久々にぶっ飛んでしまったからなのでした。理屈抜きに なんちゅう格好よさ! Talking Only Makes It Worse / T.J. Kirk (Rope-A-Dope 16892-56382) Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD) Chimes: T.J. Kirk has three fathers and James Brown is one of them(Chimes: The Student Newspaper of Calvin College) 存在を知った時にはとっくに解散していた。。。というのが残念で仕方ありませんが、この T.J. Kirk というバンドは、その名が示す通り、Thelonious Monk、James
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 4: Plays Monk (Scott Amendola, Ben Goldberg, Devin Hoff) (2013/03/26)
    スコット・アメンドーラ、ベン・ゴールドバーグ、デヴィン・ホフの3人によるピアノレストリオ、超硬派な演奏にノックアウトされます。ジェリー・マリガンのダンディズムをさらにテンポアップしたかのような、ハードボイルドなモンクトリビュートアルバム。
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 3: Bobby Broom (2013/03/23)
    そもそも「Plays Monk」もの、といえば、ひと昔前は以下のもの辺りが定番(?)でした。 Steve Lacy の一連の作品 (1959 -) (iTunes / Amazon.co.jp) Lookin’ At Monk / Johnny Griffin & Eddie “Lockjaw” Davis (1961) (iTunes / Amazon.co.jp) Portrait of Thelonious / Bud Powell (1961) (iTunes / Amazon.co.jp) Interpretations of Monk / VA (1981) (Amazon.co.jp) That’s The Way I Feel Now / VA (1984) (Amazon.co.jp) Plays The Music Of Thelonious Monk / Kronos Quartet (1985)
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 5: ASA Trio (2013/04/03)
    アイスランドのオルガン入りジャズトリオ ASA Trio、とてもユニークなモンクトリビュートアルバムをリリースしています。
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 6: Hal Willner – That’s The Way I Feel Now (2013/04/16)
    真打ちその1。ハル・ウィナー プロデュース作、全てのモンクトリビュートものの規範となる素晴らしいアルバムです。唯一といっていい欠点は、(過去に多くの方が指摘してきたように)「このアルバムがモンク存命中に出なかったこと」という一点だけでしょう。オリジナルのリリースは1984年。モンクがこの世を去った2年後になります。
  • Portraits of Thelonious Monk / Randy Weston (2004/06/10)
    Well You Needn’t – Portraits of Thelonious Monk / Randy Weston (Verve 422 841 313-1) 10年位前から,いつかは買おう買おうと思っていたアルバム.今日,某店舗で,なんと LP の中古を見付けたので買ってしまいました.レーベルをよーくみると,オランダ盤であることが分かりますが,恐らくアナログはヨーロッパでのみリリースされたのでしょう. Randy Weston さんの 1989年録音 (1990年発売) の,渾身の三部作のうちの 1枚.もはや実質的なカムバック作といっていいでしょう.このピアノの自信に溢れた勢いと,敬愛する先達への愛情と,Weston さんならではの個性豊かなアレンジメントはいったいなんでしょうか.凄すぎる.なんでもっと早く買わへんかったんや! A-1 のオープニングから度肝を抜かされます.なんと,あの Idris Muhammad さんがバッキング! Idris さんが Monk の演奏! ヘヴィーなドラミングをバックに,Monk さんからあらゆるものを吸収した Randy Weston さんが,がっつんがっつん鍵盤に思いのたけを叩きつける超絶の演奏.ちなみにメンバーは Randy Weston (p), Jamil Nesser (b), Idris Muhammad (ds), Eric Asante (perc). 1989年 6月 3日録音フランス録音. アフリカ音楽への造詣と共に,尊敬する Duke Ellington さんと Thelonious

Leave a Reply

Your email address will not be published.