Diversity of “Plays Monk”, Pt. 4: Plays Monk (Scott Amendola, Ben Goldberg, Devin Hoff)

Pt. 4 まできました。手元にはバラエティに富む「Plays Monk」なアルバムがまだまだあります。折をみてはまだ増えていくでしょう。

さて今回のアルバムは、ピアノレスでダンディズムにあふれ、現代的で踊れるモンク集 です。この格好良さは現在進行形のミュージシャンならではのものであると同時に、1950年代のジェリー・マリガン(Gerry Mulligan)のダンディズムに通じるものすら感じます。

こんな方向性の「Plays Monk」も素敵です。そしてなにより、モンクの楽曲に新たな可能性を付加することに成功しています。文句無しに大推薦。

Plays Monk

Plays Monk (Long Song Records LSRCD104/2007)

Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD)

その名もずばり「Plays Monk」というバンド名のトリオ。まず、このピアノレストリオというフォーマットがいいですね。意図的にコード楽器を排することによって、めくるめく音符の連続、パワフルでパルシブなリズムセクションが、贅肉を削ぎ落としたかたちでモンクの楽曲の秀逸さに新たな光を当てています。

しかも、ピアノレストリオのフロントが担当する楽器は クラリネット という凝りよう。演奏する ベン・ゴールドバーグBen Goldberg)さんは、ロザリオ・マッゼオ(Rosario Mazzeo) を師とし、スティーブ・レイシーSteve Lacy)やジョー・ロバーノ(Joe Lovano)から学んだキャリアを持つ名手。

確かに、彼のクラリネットと、その演奏スタイルは、レイシーのソプラノサックスを彷彿とさせます。

彼はまた、クレズマーのバンド、ニュー・クレズマー・トリオ(New Klezmer Trio) での活動が有名なようです。そういえば、同じくクレズマー系の活動も盛んにやっている、あの ジョン・ゾーンJohn Zorn)のアルバム「Baal: The Book Of Angels, Vol. 15」にもリーダー名義で参加していますね。

ベースの デヴィン・ホフDevin Hoff)さんもヴァーサタイルなプレーで聴かせます。オーソドックスなジャズからフリージャズ、アヴァンギャルド、ロック、フォークと、様々なジャンルをバックグラウンドに持っている方のようで、ここでもドラムスと共に見事にクラをプッシュしまくっています。

ゴールドバーグさんのクラに匹敵するほど本アルバム全体に貢献しているのが、スコット・アメンドラScott Amendola さんのドラムス。時に繊細に、時にパルシブに、時に煽りまくり(曲によっては、モンクのバックを叩いていた時のアート・ブレーキーを彷彿とさせるスタイル)で、と、それはもうホレボレするリズムをたたき出してくれます。第1回で取り上げた T.J. Kirk のアルバムでぶっといファンキーなドラムスを叩いていたのも彼です。いやあ素晴らしい。

T.J. Kirk のチャーリー・ハンター(Charlie Hunter)さんとスコット・アメンドラさんはちょくちょく日本に来られているらしい(今年も2月にツアーをやったそうで。。。行きたかった)ので、機会があれば是非ぜひ生で観たい・聴きたいドラマーです。

Ben Goldberg (cl),
Devin Hoff (b),
Scott Amendola (ds).

Recorded at Bay Records Recording Studios, Berkeley, CA
on November 1 & 2, 2004.

Produced by Scott Amendola and Plays Monk

Mixed by Mark Orton at Camptown Waterton Studios, Portland, OR
in March 2007.

アップテンポの難曲「Skippy」「Work」や「Shuffle Boil」「Four In One」「Teo」も、ミドルテンポの「Boo Boo’s Birthday」「Reflections」「Little Rootie Tootie」「Green Chimneys」「Eronel」も、どれもこれも捨て演奏なし、ダンディで格好いい現代的なモンクになっています。これはモンクファン・モンクマニアは必聴でしょう(って自分が Plays Monk を聴いたのもリアルタイムではなかったという。。。トホホ)。ともあれ全力でおすすめです。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 1: T.J. Kirk (2013/03/20)
    ここ数日、仕事中はこのスマートプレイリストばかり聴いています(笑)。 Monk 本人以外による Monk の楽曲ああれこれ。聴き込んでしまうので BGM にはならないか。。。まだ取り込みしてない CD や、未 CD 化 LP を含めると、手元にあるだけで300曲くらいはいくかもしれません。 久々に四六時中 Monk 漬けになったきっかけは、ある1枚の CD でした。 それは先日、この CD を聴いてしまい、久々にぶっ飛んでしまったからなのでした。理屈抜きに なんちゅう格好よさ! Talking Only Makes It Worse / T.J. Kirk (Rope-A-Dope 16892-56382) Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD) Chimes: T.J. Kirk has three fathers and James Brown is one of them(Chimes: The Student Newspaper of Calvin College) 存在を知った時にはとっくに解散していた。。。というのが残念で仕方ありませんが、この T.J. Kirk というバンドは、その名が示す通り、Thelonious Monk、James
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 3: Bobby Broom (2013/03/23)
    そもそも「Plays Monk」もの、といえば、ひと昔前は以下のもの辺りが定番(?)でした。 Steve Lacy の一連の作品 (1959 -) (iTunes / Amazon.co.jp) Lookin’ At Monk / Johnny Griffin & Eddie “Lockjaw” Davis (1961) (iTunes / Amazon.co.jp) Portrait of Thelonious / Bud Powell (1961) (iTunes / Amazon.co.jp) Interpretations of Monk / VA (1981) (Amazon.co.jp) That’s The Way I Feel Now / VA (1984) (Amazon.co.jp) Plays The Music Of Thelonious Monk / Kronos Quartet (1985)
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 5: ASA Trio (2013/04/03)
    アイスランドのオルガン入りジャズトリオ ASA Trio、とてもユニークなモンクトリビュートアルバムをリリースしています。
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 2: Gemini Gemini (2013/03/21)
    1曲目の「Bemsha Swing」を初めて聴いたとき、「こりゃあかん。。。」「ヒップにしようとしてスベッとるんちゃうか。。。」とガックリしたものです。しかし改めて他の楽曲を聴いてみると、そんなに悪くないような気が。意外とジャズ的にも面白い聞き所があったり。 気の向くままにテキトーに「Plays Monk」なアルバムを紹介する本稿。T.J. Kirk に続く第2回は、これまたビミョーな Gemini Gemini によるヒップホップっぽいジャズファンクです。ああ早くジャズなアルバムに移りたい(笑) Gemini Gemini というのは、ウォルフガング・プシュニグ(Wolfgang Puschnig)とジャマラディ-ン・タクマ(Jamaaladeen Tacuma)の二人によるユニット名なんだそうで。スペシャルゲストとして Burhan Öçal なるパーカッショニストが、ウードやオリエンタルパーカッションで参加しています。 Wolfgang Puschnig (as, vo), Jamaaladeen Tacuma (el-b, vo, narr), Burhan Öçal (oriental percussions, stringed oud). Recorded and mixed at Tonstudio Benkö, Vienna, Austria on March 17-18, 1994. Produced by Gemini Gemini (Jamaaladeen Tacuma, Wolfgang Puschnig) Executive Producer: Ulli Blobel Recording/Mixing Engineer: Stefan Benkö ジャマラディーン・タクマといえば、オーネット・コールマン(Ornette Coleman)のプライム・タイム全盛期(?)の若きベーシストとして知られる、あの人ですよね。「Dancing In Your Head」のあのグチョグチョ変態ベースで最高!なあの演奏の人。ホント、あのアルバムは革命的に気持ちいい名盤です。 そういえばオーストラリア出身でヨーロッパで幅広く活躍されているブシュニグさんも、未聴ですが オーネットへのトリビュート/オマージュ的なアルバム
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 6: Hal Willner – That’s The Way I Feel Now (2013/04/16)
    真打ちその1。ハル・ウィナー プロデュース作、全てのモンクトリビュートものの規範となる素晴らしいアルバムです。唯一といっていい欠点は、(過去に多くの方が指摘してきたように)「このアルバムがモンク存命中に出なかったこと」という一点だけでしょう。オリジナルのリリースは1984年。モンクがこの世を去った2年後になります。
  • Trinkle Tinkle / Thelonious Monk (2007/09/10)
     My little baby, I know you still don’t even understand what the hell the music is on this 78rpm right here by your side, but maybe someday you will surely come to know “the genius of modern music” . . . .

Leave a Reply

Your email address will not be published.