Diversity of “Plays Monk”, Pt. 3: Bobby Broom

そもそも「Plays Monk」もの、といえば、ひと昔前は以下のもの辺りが定番(?)でした。

全体的には、一般的なモダンジャズファンにとっては「とっつきにくそう」「難しそう」(モンク好きな人にとっては逆にたまらない)なラインアップとなっていた記憶があります。

Monk の曲が1〜2曲入ったアルバム(多くは「’Round Midnight」や「Ruby, My Dear」などでしょう)までカウントすると、当時からかなりの枚数があったと思われます。それらの多くは、あくまでスタンダードナンバーとして演奏されているものが多く、モンク臭がプンプンしていたわけではありません。

それがいまや、正面から向き合ってアルバム全体で Monk へのトリビュートをやってるものだけでも年々枚数が増え続ける一方で、少しでも気を抜くともはや網羅して追いかけられない程になってきています。時間が経過すればするほど、その重要性が増し、また新しい角度から魅力が再発見され続けていることの証でしょう。また、モンクの音楽がやっと一般レベルでも受け入れられるだけの素地が整ってきたということかもしれません。

T.J. Monk (1997/2003)、Gemini Gemini (1994) とジャズファンク系ヒップホップ系が続いたので、3回目の今回はストレートアヘッドなジャズで。

ギターでモンクの楽曲にがっちり取り組んでいるアルバムは私の知っている限り2枚3枚ありますが、そのうちの1枚です。

 
 

BGM 的にさらりと心地よくさりげなく聴くにもよし、またじっくり聴き込んでもかなり興味深いという、アルバムを通してモンクのフィーリングに実に合っている好アルバムです。

Bobby Broom Plays For Monk

Bobby Broom Plays For Monk (Origin 82534)

Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD, MP3)

 

ボビー・ブルームBobby Broom)というギタリストは、恥ずかしながらよく知らなかったのですが、1980年代に ソニー・ロリンズSonny Rollins)と活動を共にしていたようです(1981年の「No Problem」、1983年の「Reel Life」など)。ロリンズのこの時代のアルバムは、なかなか聴かれる機会が多くないですから、過去に耳にしていたとしても、ギタリストの印象もほとんど残っていなかったようです。ボビーさん、ごめんね。

で、このアルバム。冒頭の「Ask Me Now」で、もう既に好印象。あまり出しゃばらないステディなドラムスとベースを従え、空間を生かした音色とフレーズ、優しささえ感じさせるピッキングで、モンクの原曲の持つ魅力を十二分に伝えてくれます。本人はあまり意識しておられないんだと思いますが、後のりギターというか、ピックが弦を捉えるタイミングが絶妙にゆらいでいて、曲ともマッチしているというのもあるでしょう。ソロフレージングそのものは(いかにもロリンズさんが好みそうな)どこに着地するか分からないフワフワした心地よいものです。「Bemsha Swing」は、あまりハネるリズム感を強調せず、まったりふんわりと演奏されるもので、これもなかなか面白い。

Monk が好んで演奏したスタンダードナンバー、「Lulu’s Back In Town」「Smoke Gets In Your Eyes」も、オリジナル演奏のメランコリックな雰囲気を尊重しつつ、ギタートリオならではの快演に仕上がっています。Monk と Blakey の大名演のひとつ「Work」もブルームさんの演奏は好印象ですが、こういう曲では、リズムセクションがもっと絡みまくって暴れてくれても面白かったかなぁ、とは思いました。

 
 

総じて、モンク初心者にもジャズ初心者にも安心して楽しめる、マニアにも聞きどころ満載で充分に聞き応えのある、好アルバムだと思います。ブルームさんの、時に朴訥と時にふわふわとしたフレージングやトーンが苦手でなければ、比較的万人におすすめできるタイプのアルバムでしょう。「Monk’s Music」を模したオマージュ的なアルバムジャケットデザインだけで「買い」ってのもありますよね。

Bobby Broom (g),
Dennis Carroll (b),
Kobie Watkins (ds).

Recorded at Victorian Studios, Barrington, IL
on January 23-25, 2009.

Recorded and mixed by Josh Richter.
Mastered by ALlan Tucker at Foothill Digital, NYC.
 

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 4: Plays Monk (Scott Amendola, Ben Goldberg, Devin Hoff) (2013/03/26)
    Pt. 4 まできました。手元にはバラエティに富む「Plays Monk」なアルバムがまだまだあります。折をみてはまだ増えていくでしょう。 さて今回のアルバムは、ピアノレスでダンディズムにあふれ、現代的で踊れるモンク集 です。この格好良さは現在進行形のミュージシャンならではのものであると同時に、1950年代のジェリー・マリガン(Gerry Mulligan)のダンディズムに通じるものすら感じます。 こんな方向性の「Plays Monk」も素敵です。そしてなにより、モンクの楽曲に新たな可能性を付加することに成功しています。文句無しに大推薦。 Plays Monk (Long Song Records LSRCD104/2007) Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD) その名もずばり「Plays Monk」というバンド名のトリオ。まず、このピアノレストリオというフォーマットがいいですね。意図的にコード楽器を排することによって、めくるめく音符の連続、パワフルでパルシブなリズムセクションが、贅肉を削ぎ落としたかたちでモンクの楽曲の秀逸さに新たな光を当てています。 しかも、ピアノレストリオのフロントが担当する楽器は クラリネット という凝りよう。演奏する ベン・ゴールドバーグ(Ben Goldberg)さんは、ロザリオ・マッゼオ(Rosario Mazzeo) を師とし、スティーブ・レイシー(Steve Lacy)やジョー・ロバーノ(Joe Lovano)から学んだキャリアを持つ名手。 確かに、彼のクラリネットと、その演奏スタイルは、レイシーのソプラノサックスを彷彿とさせます。 彼はまた、クレズマーのバンド、ニュー・クレズマー・トリオ(New Klezmer Trio) での活動が有名なようです。そういえば、同じくクレズマー系の活動も盛んにやっている、あの ジョン・ゾーン(John Zorn)のアルバム「Baal: The Book Of Angels, Vol. 15」にもリーダー名義で参加していますね。 ベースの デヴィン・ホフ(Devin Hoff)さんもヴァーサタイルなプレーで聴かせます。オーソドックスなジャズからフリージャズ、アヴァンギャルド、ロック、フォークと、様々なジャンルをバックグラウンドに持っている方のようで、ここでもドラムスと共に見事にクラをプッシュしまくっています。 ゴールドバーグさんのクラに匹敵するほど本アルバム全体に貢献しているのが、スコット・アメンドラ(Scott Amendola) さんのドラムス。時に繊細に、時にパルシブに、時に煽りまくり(曲によっては、モンクのバックを叩いていた時のアート・ブレーキーを彷彿とさせるスタイル)で、と、それはもうホレボレするリズムをたたき出してくれます。第1回で取り上げた T.J. Kirk のアルバムでぶっといファンキーなドラムスを叩いていたのも彼です。いやあ素晴らしい。 T.J. Kirk のチャーリー・ハンター(Charlie Hunter)さんとスコット・アメンドラさんはちょくちょく日本に来られているらしい(今年も2月にツアーをやったそうで。。。行きたかった)ので、機会があれば是非ぜひ生で観たい・聴きたいドラマーです。 Ben Goldberg (cl), Devin Hoff (b), Scott Amendola (ds). Recorded at Bay
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 5: ASA Trio (2013/04/03)
    Pt. 3 (Bobby Broom) の時に ギターでモンクの楽曲にがっちり取り組んでいるアルバムは、私の知っている限り3枚ありますが と書きました。 それは ボビー・ブルーム(Bobby Broom)(2009)、ピーター・バーンスタイン(Peter Bernstein)(2008)、ジョシュア・ブレイクストーン(Joshua Breakstone)(1997) がそれぞれ出した ギタートリオ によるアルバムを意図していた(現時点ではジョシュア・ブレイクストーンの盤のみ未聴)のですが、他にもアコースティックギターソロ(!)や電化ヴァイオリン入り(!)、ピアノとのデュオ、などなど、様々な編成でギターがフィーチャーされているものがいろいろあります。それらも今後紹介する予定です。 今回もそんな1枚で、なんと ハモンドオルガン入り です。これは期待も膨らむというもの。 ASA Trio Plays The Music of Thelonious Monk (Sunny/Sky 727) Amazon.com (MP3) | Amazon.co.jp (MP3) アイスランド のオルガントリオ ASA Trio によるファーストアルバムで、公式サイト によると、バンド結成は2005年のとあるアクシデントがきっかけだったとのこと。 アイスランドの首都レイキャビク(Reykjavík)で2005年に行われたジャズフェスティバルで、たまたま出演者にキャンセルがあり、穴埋めのためにその場にいたバンドの中から急遽3人がステージに上がって演奏したんだとか。観客にも好評で、本人たちも大変しっくりきたので、バンドとして活動するようになったとのことです。バンド名は、メンバーの名前のイニシャルをつなげたもの(Andres Thor, Scott McLemore, Agnar Már Magnússon)。 そのトラで出演したステージでハイライトとなったのが、モンクの「Bemsha Swing」だったそうです。以後、モンクの楽曲を演奏することは、バンドにとって重要な軸となり、デビューアルバムもこうやってモンク曲集となりました。 ただ、21世紀のバンドらしく(?)、デビューアルバムより前にもオンラインでのディジタルリリースは行われており、それらは無料で配布されています(後述)。今回のデビューアルバムについても、オンラインで全曲フル試聴可能ですし、メインはダウンロードによる販売です(ダウンロードのみは $8、ダウンロード+CD郵送が $14)。ダウンロードといっても、お馴染み BandCamp 上での販売ですから、FLAC/ALAC/Ogg Vorbis/MP3(CBR)/MP3(VBR) から選べ、音質的な配慮も大変良心的です。 この BandCamp や CDBaby、Amazon や iTunes のように、大手レーベルに所属しないミュージシャンやアマチュアが自ら音源を販売し、売上げのより多くが自らに還元されるという仕組みが、今後はもっと広がっていくことでしょう。   Plays the Music of Thelonious
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 6: Hal Willner – That’s The Way I Feel Now (2013/04/16)
    真打ちその1。ハル・ウィナー プロデュース作、全てのモンクトリビュートものの規範となる素晴らしいアルバムです。 唯一といっていい欠点は、(過去に多くの方が指摘してきたように)「このアルバムがモンク存命中に出なかったこと」という一点だけでしょう。オリジナルのリリースは1984年。モンクがこの世を去った2年後になります。
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 2: Gemini Gemini (2013/03/21)
    1曲目の「Bemsha Swing」を初めて聴いたとき、「こりゃあかん。。。」「ヒップにしようとしてスベッとるんちゃうか。。。」とガックリしたものです。しかし改めて他の楽曲を聴いてみると、そんなに悪くないような気が。意外とジャズ的にも面白い聞き所があったり。 気の向くままにテキトーに「Plays Monk」なアルバムを紹介する本稿。T.J. Kirk に続く第2回は、これまたビミョーな Gemini Gemini によるヒップホップっぽいジャズファンクです。ああ早くジャズなアルバムに移りたい(笑) Gemini Gemini というのは、ウォルフガング・プシュニグ(Wolfgang Puschnig)とジャマラディ-ン・タクマ(Jamaaladeen Tacuma)の二人によるユニット名なんだそうで。スペシャルゲストとして Burhan Öçal なるパーカッショニストが、ウードやオリエンタルパーカッションで参加しています。 Wolfgang Puschnig (as, vo), Jamaaladeen Tacuma (el-b, vo, narr), Burhan Öçal (oriental percussions, stringed oud). Recorded and mixed at Tonstudio Benkö, Vienna, Austria on March 17-18, 1994. Produced by Gemini Gemini (Jamaaladeen Tacuma, Wolfgang Puschnig) Executive Producer: Ulli Blobel Recording/Mixing Engineer: Stefan Benkö ジャマラディーン・タクマといえば、オーネット・コールマン(Ornette Coleman)のプライム・タイム全盛期(?)の若きベーシストとして知られる、あの人ですよね。「Dancing In Your Head」のあのグチョグチョ変態ベースで最高!なあの演奏の人。ホント、あのアルバムは革命的に気持ちいい名盤です。 そういえばオーストラリア出身でヨーロッパで幅広く活躍されているブシュニグさんも、未聴ですが オーネットへのトリビュート/オマージュ的なアルバム
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 1: T.J. Kirk (2013/03/20)
    ここ数日、仕事中はこのスマートプレイリストばかり聴いています(笑)。 Monk 本人以外による Monk の楽曲ああれこれ。聴き込んでしまうので BGM にはならないか。。。まだ取り込みしてない CD や、未 CD 化 LP を含めると、手元にあるだけで300曲くらいはいくかもしれません。 久々に四六時中 Monk 漬けになったきっかけは、ある1枚の CD でした。 それは先日、この CD を聴いてしまい、久々にぶっ飛んでしまったからなのでした。理屈抜きに なんちゅう格好よさ! Talking Only Makes It Worse / T.J. Kirk (Rope-A-Dope 16892-56382) Amazon.com (CD, MP3) | Amazon.co.jp (CD) Chimes: T.J. Kirk has three fathers and James Brown is one of them(Chimes: The Student Newspaper of Calvin College) 存在を知った時にはとっくに解散していた。。。というのが残念で仕方ありませんが、この T.J. Kirk というバンドは、その名が示す通り、Thelonious Monk、James
  • Thelonious Monk in Philadelphia 1960 with Steve Lacy (2006/07/30)
    先日、mhatta さんに 教えてもらって 速攻で購入した CD。 なんといっても Monk と Steve Lacy の共演が聴ける (!!) というだけでそそられます。 The other day mhatta-san let me know the release of the CD – we can finally listen to the Monk quartet with Steve Lacy on soprano…

Leave a Reply

Your email address will not be published.