Tennis and vinyl records

2014年USオープンテニスの男子決勝戦の組み合わせは、なんとなんと、錦織圭(ランキング11位、第10シード)対 マリン・チリッチ(ランキング16位、第14シード)となりました!果たして今回が、フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレーのビッグ4による10年にもなる独占状態の終わりの始まりとなるのでしょうか?

Kei Nishikori versus Marin Cilic Final at the 2014 US Open! Will be the beginning of the end of the long domination by the Big Four? (Federer=Nadal=Djokovic=Murray) Time will tell.

 

ところで、「テニスとレコード」というと、何を思い浮かべますでしょうか?「レコード」といっても「記録」ではなく、いわゆる LP レコードのことです。

By the way, what would come in your mind if you think of “Tennis and Records?” I mean, tennis and vinyl records.
(the rest part of this article will be available in Japanese…)

 
[The Sound of Tennis]

The Sound of Tennis / Everett Covin
(MGM SE-4925, 1973)

 

この エヴェレット・コヴィン (Everett Covin) による1973年リリースのアルバムは、いろんな意味で時代を感じさせ、かつぶっ飛んでいるレコードです。前時代的なクラシックとジャズのミクスチャー、更にファンク系のアレンジがかなり無茶苦茶にミックスされて、相当フリークアウトなアルバムとなっています。アレンジャー・コンダクターは ジミー・ハスケル (Jimmy Haskell)。もう素晴らしくB級、いやC級な作品です。

 


 

ロック好きな方なら、クリーム(Cream)のラストアルバムに収録された、ほんわかした楽曲「Anyone For Tennis」を思い浮かべるでしょうね。1968年5月のスマサーズ・ブラザーズ・ショー出演時のコミカルなステージ演奏が残っています。


Goodbye Cream (Polydor UK 583053, 1969)
 


 

他にはクリス・レアのずばり「Tennis」という1980年のアルバムもありますね。「Do you like tennis? Do you like tennis? Yes I do!」ってやつです。


Tennis / Chris Rea (Magnet UK MAGL-5032, 1980)
 


 

未入手・未聴ですが、もっと直接的でもっと興味深いレコードとして、1968年全米と1975年ウィンブルドンの優勝者、現在は全米オープンのメインスタジアムにその名を残す名選手、アーサー・アッシュ(Arthur Ashe)が現役当時に残したレコード「Learn Tennis with Arthur Ashe: For Beginners and Advanced Players」というのがあるそうです。アッシュさんが歌を歌ったりとかそういう類のレコードではなく(笑)、付属の解説ブックレットの写真を見ながら、アッシュさんの解説に従ってテニスの基礎を学ぶ、という教則レコード的なもののようです。

[Learn Tennis with Arthur Ashe]

Learn Tennis with Arthur Ashe For Beginners and Advanced Players
(Manhattan LT-10, release year unknown)
(this image from: http://www.ebay.com/itm/310730285520)

 


 

他にもテニスが絡んだ楽曲、テニス絡みのレコードはいろいろあるんでしょうね。もしご存知でしたら教えて下さい!

 


 

2014/09/08:
Joe Mio さんから、Alex Berg の別名義 Tennishero というユニットの存在を教えてもらいました。ジャケットに引用されているプレーヤーは、右がボリス・ベッカーですね。左は多分ケン・ローズウォールかな?

bb

Alone feat. Chelonis R. Jones / Tennishero


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • How Vinyl Records Are Made (2006/06/30)
    レコードの製造工程を映像で確認できるドキュメンタリー、必見です。比較的最近のディスカバリーチャンネルのものから、戦前のSP盤レコード製造工程、さらには戦後モノーラルLP時代の製造工程もあります。
  • What on earth is DEEP GROOVES on vinyl records? (2007/12/20)
    レコードのレーベル面にある溝、いわゆる「ディープグルーヴ」(DG) ですが、これはプレス機由来なのか、スタンパー由来なのか、レコード製造工程を捉えたいろんな映像を見ることで、類推してみました。結論として、スタンパー由来では決してなく、DG の有無そのものがスタンパーの鮮度と一致するわけではない、と理解しています。
  • Storing vinyl/shellac records How-To (2006/05/01)
    皆さんは、レコードを購入されたあと、ラックや箱に収納する前にどの様なことをされていますか? 以下、私の例です。皆さんの例も是非お聞かせ下さい。
  • My first vinyl spin in 2012 (2012/01/09)
    2012年1月4日、一足先にひとりで帰省先から戻った私の家に、 いつもテニスをご一緒させて頂いているオーディオ好きの Iさん が遊びに来て下さいました。昨年、いちど遊びに来て下さって以来、2回目となります。 Mark Levinson のプリ(No.38L)・パワー(No.23L)や、JBL S2600 といった、 私のシステムよりずっとポテンシャルが高い機器を自宅に揃えられている方です (そういう話をテニスの合間にするようになったのは意外にもここ1〜2年のことでした)。 私も一度だけ(テニスの帰りに)お宅にお邪魔したことがあります。 あれこれ多忙のためオーディオはしばらくお休みされていたそうなのですが、 昨年あたりから少しづつ、お金をあまりかけずに、ご自宅の音を良くしていきたい、ということで、 最近ではパワーアンプをレストア的に修理に出されたり、スピーカースタンドを 見直したりと、徐々に作業をなさっているそうです。 今回は、お使いのCD/DVDプレーヤー(DVD-H1000)や そこにつながるケーブル類に問題があるのではないか、という疑問をクリアに するために、うちのシステムに繋いでみてチェックしてみよう、というのが目的です。 結論としては、DVD-H1000 自体の疑いは晴れました。晴れましたというどころか、きらびやかな中高域のサウンドも美しく、ディテールまで細やかに表現するいい再生音を聴かせてもらいました。依然うちのシステムではアナログ再生の方が買っていますが、うちに(あまり愛もかけられることもなく設置方法もいい加減なまま置いて)ある TEAC VRDS-25X とは雲泥の差でした。 私はもう今後 CD プレーヤーをリプレースする予定はない(普段 CD はあまり聴いてないし、もし聴くとしても今後はPCオーディオ方向に向かうと思います)のですが、10年前のユニバーサルプレーヤーでもこんなにいい音が聴けるんだなぁ、と感慨深かったです。 Iさんのお宅のシステムは、これからどんどん本領を発揮する方向に向かうと思われます。楽しみにしております。 で、タイトルですが、この日が私にとって今年最初のレコード再生の日でした。いちばん最初にターンテーブルに載せたのは、記憶では「Balalaika Favorites」でした。車での帰省・Uターンでカーオーディオで音楽を聴いて以来のまともな音だったので、ホッとしました。 その他当日かけたCD/LPたちを、覚えている限りリストアップしておきます。Iさんの嗜好や今回の目的にあわせて、主に高音質系と呼ばれる類いのLPからピックアップした記憶があります。 SP もかけませんでしたし、いつものようにマニアックな盤を次々かけたりということもありませんでしたが、これだけまとまった時間じっくりとレコード再生できたのは本当に久し振りのことで、とても楽しい時間となりました。 Iさんが持参された盤 At Shelly’s Manne Hole / Bill Evans(OJC 盤 CD) Undercurrent / Bill Evans & Jim Hall(キング盤LP) Somethin’ Else / Cannonball Adderley(キング盤LP) 私が手持ちから適当にピックアップした盤 First Impulse: Creed Taylor Collection 50th Anniversary (2011年4枚組CDセットリイシュー) Way Out West / Sonny Rollins (米オリジナル盤LP、Stereoレーベル初版) West Side
  • The Immortal Voice (1923) – how phonograph records are made (2016/03/24)
    とても貴重な記録映像です。Liberty of Congress より。 1923年、まだ録音技術がアコースティックだった時代(アンプなど電気増幅を行う前)の、スタジオ録音風景、そしてレコードのプレスを行うまでの一連の流れをまとめたものです。このフィルム自体がサイレントというのがすごいですね。そして、技術がシンプルな分、とてもわかりやすい解説になっています。 The Immortal Voice (1923) – how phonograph records are made – piano score by Ben Model ずっと前にご紹介した、その他の「レコードはどうやって作られているか」系の記録映像です。 Record Making with Duke Ellington (1937) RCA Victor Presents “Command Performance” (1942) Sound and the Story (1956)
  • Blue Note Records: A Guide to Identifying Original Pressings (2011/01/13)
    こういう類のリサーチ本が、日本ではなくてアメリカから出てくるのは興味深いです。こういう細かいことに拘る方は、日本人コレクターの方が圧倒的に多い印象がありますから。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published.