James Brown Live in Virginia 1970

ジェームス・ブラウン (James Brown) のものすごい音源が、公開されています。

James Brown‘s amazing recording is available here.

 

1970年(月日不詳?)、バージニアでのライブ音源です。音質はかなり悪いですが、内容の濃さと興味深さがそれを補って余りあります。

According to the video description, it is from a live concert in Virginia, 1970. Although its sound quality is far from good, intensity and excitement of the performance itself is like “out of this world”.

 

あの1960年代後半の黄金期を支えたバンドメンバーの大半が1970年3月9日に脱退し、同じ日に呼び寄せられたペースメーカーズのブーツィー (William “Bootsy” Collins) とキャットフィッシュ (Phelps “Catfish” Collins ) など若手が加入後、さほどたっていない時期の音源ではないかと思われます。とはいっても、ソングリストに「Super Bad」が入っており、この曲のスタジオ録音は1970年6月30日(ナッシュビル)ですし、イントロのダニー・レイ (Danny Ray) の MC でも「…and very latest recording, “Super Bad”!」と言っていますので、1970年7月前後のライブではないかと思われます。

It is a rare recording dated after March 9, 1970, when the most of the original James Brown band members left (then Mr. Brown had a new breed band including William “Bootsy” Collins and Phelps “Catfish” Collins, of The Pacemakers). The song list contains “Super Bad” (studio version was recorded on June 30, 1970 in Nashville), and the MC proudly declares “…and very latest recording, Super Bad”, so this live recording was taped no earlier than July 1970, I guess.

 

1971年2〜3月の各種音源と比べると、まだアレンジがラフではあるものの怒涛のファンク攻撃に変わりはなく、またスタジオ録音にも増して ジョニー・グリッグス (Johnny Griggs) のコンガが全編で大炸裂しているのが悶絶ものです。尊師JBも「Johnny! Tell Me How You Feel!」と煽りまくり。また、このオリジナルJB’sでの「I Can’t Stand It (I Can’t Stand Myself)」も(短いとはいえ)貴重な演奏と言えるでしょう。

Among all the 1970-1971 recordings (featuring the original J.B.’s), this particular recording shows some rough arrangements, when compared especually with Feb-March 1971 recording (in Italy and Pari), but of course too funky. Very interestingly, Johnny Griggs (on conga) is more featured than any other recordings (Mr. Brown in great agitation raps like “Johnny! Tell me how you feel!”). Also, “I Can’t Stand It (I Can’t Stand Myself)” by the original J.B.’s is also rare to listen to.

 

また、「It’s A Man’s Man’s Man’s World」でのキャットフィッシュのギターソロも、1971年のものとは異なり、ジミ・ヘンドリクス (Jimi Hendrix) やエディ・ヘイゼル (Eddie Hazel) を思わせるようなワウを効かせたスローなロングソロが続いたかと思えば、後半では前任のジミー・ノーレン (Jimmy Nolen) のようにオクターブ奏法でジャジーにキメていたりします。

Catfish’s guitar solo on “It’s A Man’s Man’s Man’s World” is, unlike the versions of 1971, very slow and wow (like Jimi Hendrix or Eddie Hazel did), then plays jazzy octave notes in the latter part, just like his predecessor Jimmy Nolen often did.

 

この時期(1970年3月以降)の音源はスタジオ音源以外ほとんど陽の目を見てこなかっただけに、久し振りに大興奮の音源です。マニアの方はぜひチェックしてみて下さい。

Anyway, this is a very interesting, very exciting live recordings by James Brown with the original J.B.’s in 1970, which itself is very rare.

 
1. Intro
2. I Can't Stand Myself (When You Touch Me)
3. It's A New Day
4. Bewildered
5. There Was A Time
6. Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine
7. Try Me
8. Medley: Papa's Got A Brand New Bag / I Got You (I Feel Good) / I Got The Feelin'
9. Give It Up Or Turn It A Loose
10. It's A Man's Man's Man's World
11. Please, Please, Please
12. Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine (replace)
13. Super Bad
 

2016/03/02 追記: ’00s Grits & Soul さんより直々に コメント をいただきまして、1970年11月20日、ヴァージニア州セーラム市のシヴィックセンター (Civic Center, Salem, VA) でのライブ音源とのことです。情報ありがとうございます。ナイジェリアへのツアーは1970年12月 ですので、その直前ということになりますね。

Addendum (Mar. 2, 2016): Then it turned out that this recording is a live recording on November 20, 1970 at the Civic Center, Salem, VA. So it was just one month before the band toured to Nigeria in December 1970.


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • The Fela/James Brown Connection (2014/09/29)
    本稿は、The Afrofunk Music Forum に 2006年に掲載された David McDavitt 氏の記事「The Fela/James Brown Connection」を、ご本人の許可を得て日本語翻訳したものです。 This article is a Japanese translation of 2006 article by Mr. David McDavitt, entitled “The Fela/James Brown Connection”. Presented here with David-san’s permission.   ミスター・ブラウンとオリジナル J.B.’s がナイジェリアはラゴスに赴いたのは1970年12月とされています。その一方で、それに先立つこと数ヶ月、1970年7月22日録音の「There Was A Time (I Got To Move)」や同年8月16日録音「I Got To Move」ではすでに、アフロビート的なアレンジの萌芽が感じられるのは興味深いところです。 Mr. Brown and his original J.B.’s toured Lagos, Nigeria in
  • James Brown Live At The Boston Garden, April 5th, 1968 (2006/12/14)
    もう100回以上は観たでしょうか。しかし 1回たりとも「見飽きた」と思わせぬ緊張度/怒涛の勢い/完成度を前に、毎度毎度腰を抜かされ感涙にむせぶばかり。一日も早く、オフィシャルな映像リリースが行われて欲しいと心から願うばかりです。 Probably I have watched this over a hundred of times, but because of the heavy tension, energy and perfection the film contains, I still have not get bored of watching – instead, every time I watch, I…
  • James Brown Live In Italy 1971 With Bootsy Collins (2013/12/10)
    1971年、イタリアでの収録とされるジェームス・ブラウン (James Brown) の白黒映像の存在は知られていましたが、最近になってそのほぼ完全版(当時テレビ放送されたもの)があちらこちらで流通しているようです。しかし、その映像の(巷で言われている)収録日に疑問があります。
  • I Got The Feelin’ – James Brown In The ’60s (2009/03/30)
    本当はもっと早くに載せたかったのですが、ここを更新する時間的・気分的余裕がなくて、こんなに遅くなってしまいました。それはさておき未見の方には文句なし、「これを観ずして死ねるか」レベルでおすすめです。。。 I wish I could have published this contents earlier, but unfortunately I didn’t have enough spare time to write it – i couldn’t feel relax and think of writing it either. Anyway, this video is definitely recommended for everyone who haven’t watched it yet . . . you should watch this video
  • Get On Up: The James Brown Story (Original Motion Picture Soundtrack) (2014/08/05)
    It’s a real pity – we can’t see the movie until next spring in Japan – get on up! All I can do so far is to listen to the Original Soundtrack album, watching the official trailers, seeking and reading the reviews online, etc… 日本では、来春公開予定とのこと。。。とても待ちきれません。サントラCDを聴いたり、予告編を観たり、オンラインでレビューを探して読みあさったりが関の山。       Here’s the quick review (in Japanese) by “Mr. Soul Searcher” Masaharu Yoshioka-san: Soul
  • R.I.P., James Brown, The Godfather of Soul (2006/12/25)
    ついにこの時がきてしまいました。 永遠にサンタさんになってしまいました。 我が尊師、齢73にて逝去。 今年も数多くの RIP がありましたが、個人的に最もショックが大きいものとなってしまいました。 尊師の成した、余りにも偉大な音楽的革新と革命を改めて噛みしめつつ。 James Brown, “Godfather of Soul,” dies at 73 Legendary Singer James Brown Dies at 73 20th Century Masters – The Christmas Collection Amazon.co.jp で買う | Buy this CD at Amazon.com…

One thought on “James Brown Live in Virginia 1970

  1. このライブは1970年11月20日に行われたライブです、興味があればメールをどうぞ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.