James Brown Live At The Boston Garden, April 5th, 1968

2009/03/30 追記: こちら もあわせてご覧下さい。2008年、ついにオフィシャルリリースされました。本記事は2006年12月14日に書かれたものです。

Update (Mar. 30, 2009) : See also this entry – this live performance has been finally available as officially released DVD in 2008. This article itself was initially made public on Dec. 14, 2006.

 

もう100回以上は観たでしょうか。しかし 1回たりとも「見飽きた」と思わせぬ緊張度/怒涛の勢い/完成度を前に、毎度毎度腰を抜かされ感涙にむせぶばかり。一日も早く、オフィシャルな映像リリースが行われて欲しいと心から願うばかりです。

Probably I have watched this over a hundred of times, but because of the heavy tension, energy and perfection the film contains, I still have not get bored of watching – instead, every time I watch, I cannot help shed tears of gratitude. I sincerely hope from my heart, that the official release of this video is available as soon as possible . . .

[James Brown At The Boston Garden]



時は 1968年 4月 5日。マーティン・ルーサー・キング牧師 (Dr. Martin Luther King, Jr.) が暗殺された翌日。全米のいくつかの都市では暴動が起こり出していた中、この日に Boston Garden でライブを行う予定になっていた ジェームス・ブラウン (James Brown) でしたが、ボストン市長である ケヴィン・ホワイト (Kevin White) は暴動が飛び火するのを恐れ、一旦はライブなどの全イベントを中止しようとしました。

The day was April 5th, 1968 – the day after Dr. Martin Luther King, Jr. was assassinated. Violence erupted in several cities in the US. On this day, James Brown was having a live concert at the Boston Garden, but the mayer Kevin White was anxious about whether the concert leads uprisings in the city, and he once thought of canceling all the public concerts including the JB concert at the Boston Garden.

 

しかし「ライブを中止する方が混乱を招くのではないか」という側近のアドバイスなどもあり James Brown 本人や市会議員のトーマス・アトキンス Thomas Atkins などと相談した結果、予定通り Boston Garden で 1万4千人の観客を前にキング牧師追悼の意味を兼ねたライブを行うことにしました。また、当日テレビでライブを生放送することも決めました。 残念ながら三大ネットワークはどれも放送を拒否しましたが、PBS 系列の地元テレビ局 WGBH が放送してくれることになりました。

But his advisors suggested that stopping the concerts would lead uprisings, then the mayer, councilor Thomas Atkins and James Brown met each other. They decided to do the show to keep the city peaceful as well as to pay tribute to Dr. Martin Luther King, Jr. Also they wished TV networks to broadcast the show, but unfortunately all three major TV networks declined to broadcast. But the PBS station WGBH stepped in to deliver the message outside the Garden.

 


 
[James Brown At The Boston Garden]
 

ライブの冒頭、Thomas Atkins 議員と Kevin White 市長によるスピーチがあります。特に後者によるスピーチが当時の緊張感を伝えます。

The live concert started with speeches by Thomas Atkins and Kevin White, respectively. Especially the mayer’s speech shows the severe tension on that day, something like this:

 
「. . . 今から24時間前、キング牧師はこの世を去られました。それは黒人・白人を問わず我々皆のために犠牲になられたのです . . . 私がいまこのステージにいるのは、偉大なる才能 JB の音楽を聴くためでもありますが、皆さんにお願いをするためでもあるのです . . . 」
「 . . . この会場にお越しの皆さん、どうかお互いに見つめ合おうであいませんか。コンサートが終わって帰宅されても、皆で見つめ合おうではありませんか . . . そしてどうかお願いです。他の街、他のコミュニティーが何をしていようとも、我々ボストン市民はキング牧師に敬意を払い、安らかに平和にこの時を過ごそうではありませんか . . .」
“ . . . 24 hours ago, Dr. King died, for all of us, black and white . . . and I’m also here to ask for your help . . . Let us look at each other, here in the gardens, and back at home . . . and pledge no matter what other communities might do, we in Boston will honour Dr. King in peace . . .”
 

恐らくは黒人だらけであった会場内で、白人である市長がステージの上から訴える。キング牧師暗殺の翌日ということを考えると、相当勇気のいった行動に違いありません。

Probably the Garden was filled with so many black people, and the white mayer stands on a stage just one day after Dr. Martin Luther King’s death. We can easily imagine how brave and courageous the mayer showed on the stage, in front of many many audiences.

 

現在流通している映像にはいろんなバリエーションがありますが、実際に演奏された曲順の通りに収録されているものは意外と少ないようです (“Get It Together” から始まる編集になっているものが多い) ので、ここで整理しておきます。

There are several (underground) sources available which capture the legendary show, but most of them seem to be incorrectly edited back and forth (most of them starts with the song “Get It Together”, which actually was played in the middle of the show). I checked the video several times, and here is a correct order in my opinion:

 
  • (Councilor Thomas Atkins speaks)
  • (Mayer Kevin White speaks)
  • That’s Life
  • Kansas City
  • Soul Man (by Bobby Byrd)
  • (Bobby and James duets)
  • . . .
  • It’s A Man’s Man’s Man’s World
  • Lost Someone
  • Bewildered
  • When A Man Loves A Woman
  • Tell Mama (by Marva Whitney)
  • Check Yourself (by Marva Whitney)
  • Chain Of Fools (by Marva Whitney)
  • I Heard It Through The Grapevine (by Marva Whitney)
  • (commedy by Maceo Parker)
  • Get It Together
  • There Was A Time
  • I Got The Feeling
  • Try Me
  • Cold Sweat
  • Maybe The Last Time
  • I Got You (I Feel Good)
  • Please, Please, Please
  • I Can’t Stand Myself
  • (fans rush the stage)
  • I Can’t Stand Myself
  • I Got The Feeling (finale)
  • . . .
 

“Soul Man”“Man’s Man’s Man’s World” の間にあと 1〜2曲演奏されていたのかも知れません (例えば “You’ve Got To Change Your Mind” なんかを Bobby Byrd とデュエットしてたりして?!) が、これでライブ全体の 9割以上がとらえられているはずです。

The part between “Soul Man” and “Man’s Man’s Man’s World” is missing on most of the sources, and I am wondering if one or two more songs were actually performed or not (“You’ve Got To Change Your Mind” by JB and Bobby Byrd duet, for example?). Anyway, this song order may cover over 90 percents of the entire show, I think.

 

2015/11/18 追記: なんと、ホントに “You’ve Got To Change Your Mind” のデュエットでした!6年越しに正解が分かって嬉しいです(笑)

 
 

当然ながら、後半の怒涛の長尺ファンクの嵐 (特に “Get It Together”“There Was A Time”“I Got The Feeling”、更に “Try Me” をはさんでの “Cold Sweat” 辺り) は呪術的リズムの洪水でカタルシス満点、鳥肌が立ちまくりです。“ . . . Gimmie Wes Montgomery . . .” と促されてオクターブ奏法でブルージーにキメる Jimmy Nolen のギター、とんでもなく繊細でかつ下半身のブッといリズムを叩き出す Clyde Stubblefield のドラムス、現在のアルトと全然変わらないファンキーなフレーズを紡ぎ出す Maceo Parker のテナーサックス . . . 1960年代後半の JB は本当にどれを聴いてもどれを観ても、完全無敵状態です。これを聴いて鳥肌が立たない人は逝ってよし、といいたくなる程の完璧さ。

Of course, latter part of the show is amazing and spine-chilling, full of massive funk bombs. One of the highlights is a lengthy stream of “Get It Together”, “There Was A Time”, “I Got The Feeling”, then a short break of “Try Me” and the massive “Cold Sweat” – all featuring JB as a shaman of funk, leading backing members full of polyrhythmic party – what a great performance! JB calls “ . . . Gimmie Wes Montgomery . . . ” then the great funk guitarist Jimmy Nolen plays so bluesy riffs – Clyde Stubblefield creates massive, bold and atomic rhythms on drums – Maceo Parker plays funky tenor sax like he still plays on alto sax. James Brown and his band in late 1960s was such a perfect showcase, evolving every day to the artistic peak. I believe that everybody who watched the show must be impressed and totally shocked at high voltage.

 


 
[James Brown At The Boston Garden]
 

そしてラストの “I Can’t Stand Myself”。このコンサートで最も緊張が走り、最も有名なシーン です。曲が始まった直後に興奮した観客がステージ上に上がりだし、演奏は中断。ステージ袖で構えていた警察官たちが緊迫した面持ちでぞろぞろ出てきたところで JB は警官やセキュリティを制し、必死にマイクで訴えることで観客たちを自主的にステージから降りてもらおうとします。そして演奏再開。当時の JB がいかに輝いていたか、を証明するようなシーンです。

Then, the highlight throughout the entire show – it happened just after JB started singing “I Can’t Stand Myself” – the moment when the tension was building up in the Garden, and the most famous scene. Soon after JB started singing, many audiences excitedly rushed the stage, policemen and the security appeared and reacted to these fans, then the music stopped. JB assured policemen that he was alright and that he could handle the situation by himself. After all, JB appealed to the fans to go down and continue the show. All settled down again and the show continued. This would be the very moment to probe how great JB was a Soul Brother No.1 and the representative among all black people in the garden.

   


 
[Dancing In The Street: Make It Funky]
 

この日のライブ映像が (部分的に) オフィシャルにリリースされたのは、過去には BBC 製作のドキュメンタリー「Dancing In The Street : Make It Funky」くらいしかないはずです。日本では 10年ほど前に NHK で放送されました。私も当時テレビで観たクチで、鳥肌タチまくりだったのを覚えています。冒頭の JB だけではなく、Sly & The Family StoneStevie WonderCurtis MayfieldMarvin GayeEWFKool & The GangHarold Melvin & The Blue NotesO’JaysP-Funk といったファンク、ニューソウル、フィリーソウル全盛時代のミュージシャンによる映像とインタビューがてんこもりで、ディスコ時代へと話が及んでから、最後は JB の遺伝子を受け継いだともいうべきハードコアラップ Public Enemy のステージで締められるという、素晴らしく良くまとまったドキュメンタリーです。

As far as I know, part of this live concert was officially released only on the BBC documentary “Dancing In The Street: Make It Funky”. This documentary was also broadcasted on the NHK Television in Japan about ten years ago, and I firstly watched the documentary at that time. When I watched the JB scene for the first time, I was completely knocked out and thought this live performance was really spine-chilling. Of course, other parts of this documentary are also all superb, featuring rare films and interviews in the Funk / New Soul / Philly Soul era of such as Sly & The Family Stone, Stevie Wonder, Curtis Mayfield, Marvin Gaye, EWF, Kool & The Gang, Harold Melvin & The Blue Notes, O’Jays, P-Funk. And the documentary ends with a live stage by Public Enemy, who have strong DNAs from James Brown.

 

その後若干映像やエピソードが追加されたデラックス版が VHS でリリースされました (上に載せたパッケージがそれです)。このライブからの映像として “Get It Together”“Cold Sweat”“There Was A Time”“Try Me” などが、一部分だけではありますが非常に鮮明な映像で収録されています。その後 DVD 化されてもいないようなのですが、どうして?! (2009/03/30 追記: 2008年、ついに オフィシャルリリース されました。)

Later, the enhanced edition of this documentary was released in VHS video format (the above scan is a package of the VHS edition, released in Japan). The documentary contains a part of the legendary stage at the Boston Garden, featuring (excerpts of) “Get It Together”, “, “Cold Sweat”, “There Was A Time” and “Try Me”. This excellent documentary has not been reissued in DVD format yet – I don’t know why. (Update (Mar. 30, 2009) : See also this entry – this live performance has been finally available as officially released DVD in 2008.)
( . . . the rest of the English edition will be available soon . . .)

 


 
[Say It Live And Loud]

Say It Live And Loud: Live In Dallas, 08.26.68
(Polydor 314 557 668-2)

Amazon.co.jp で買う | Buy this CD at Amazon.com
 

伝説のボストンガーデンのライブに最も近い音源としては、その 4ヶ月後にダラスで録音されたライブが挙げられるでしょう。これは 1998年に初めて CD 化されたものですが、1967年録音の 2枚組「Live At The Apollo」と 1969年音源を含む 2枚組「Sex Machine」の間を埋めるものとして、リリース当時は大変話題になったものです。当時を代表するといってもよい曲 “Say It Loud (I’m Black And I’m Proud)” の最も初期のライブ演奏が聴けるという意味でも貴重です。バックバンドのメンバーや、おおよその曲のラインアップ、またそれらのアレンジは 4月のボストンでのライブの延長線上にあります。

 

References:

 

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • I Got The Feelin’ – James Brown In The ’60s (2009/03/30)
    本当はもっと早くに載せたかったのですが、ここを更新する時間的・気分的余裕がなくて、こんなに遅くなってしまいました。それはさておき未見の方には文句なし、「これを観ずして死ねるか」レベルでおすすめです。 …
  • James Brown Live in Virginia 1970 (2016/02/29)
    ジェームス・ブラウン (James Brown) のものすごい音源が、公開されています。 James Brown’s amazing recording is available here. &nb …
  • The Fela/James Brown Connection (2014/09/29)
    本稿は、The Afrofunk Music Forum に 2006年に掲載された David McDavitt 氏の記事「The Fela/James Brown Connection」を、ご本 …
  • Get On Up: The James Brown Story (Original Motion Picture Soundtrack) (2014/08/05)
    It’s a real pity – we can’t see the movie until next spring in Japan – get on up! All I can do so f …
  • R.I.P., James Brown, The Godfather of Soul (2006/12/25)
    ついにこの時がきてしまいました。 永遠にサンタさんになってしまいました。 我が尊師、齢73にて逝去。 今年も数多くの RIP がありましたが、個人的に最もショックが大きいものとなってしまいました。 …
  • Eddie’s Back on Stage – and I’ll be back shortly (2009/03/26)
    (こちらでは長らく更新しておりませんが、今暫くお待ち下さいませ。。。) Dear readers – sorry not to get this weblog updated often. It’s …

5 thoughts on “James Brown Live At The Boston Garden, April 5th, 1968

  1. ご無沙汰しております。ボストンのライヴ、ここまで詳細に分析され、感謝です。個人的にボストンは余り観てない(^^;)のですが、是非DVD化希望です。裏話では、ユニバーサル側がDVD化進めているようなのですが、ブラウン側との交渉が進まない状態らしいです。いずれにせよ、完全な形でのDVD化が望ましいですね。その後のダラスのライヴを聞くと、この時期のブラウンが、いかにファンクの完成型に向けて深化していったか、というのが良く分かります。最初に聞いた時、わずか4ヶ月でここまで変わるとは、とビツクリしたものです。また、ブラウンねた期待しております(^^;)。

  2. 御大からのコメント、恐縮です (笑)
    > 最初に聞いた時、わずか4ヶ月でここまで変わるとは、とビツクリしたものです
    そうですね。たった4ヶ月で、しかも曲のラインアップもほぼ同じなのに、もうなにもかもが革新的に進化をとげていることにびっくりさせられます。1966年あたりから 1969年あたりまでは、毎日のステージの積み重ねでどんどん発展し完成形へと進化していったんでしょうね。
    私がこのライブを頻繁に見る理由はただひとつで、全盛期まっただなかの JB のコンサート全体を「ほぼ」完璧にとらえている唯一のコンサート映像だからです (まぁアンダーグラウンドには他にもあるのかも知れませんが、そこまで追いかけられていないもので… 1971年の Paris のも出回っていますが、手元のは画質があまり良くなくて…)。
    Marva Whitney も、シングルの様な超ファンクナンバーばかりを歌っているわけではありませんが、4曲とも声質によくあった小粋なナンバーばかりで気にいってます。
    > 裏話では、ユニバーサル側がDVD化進めているようなのですが
    実現すると素晴らしいですね。ただ、いろいろと問題があろうことも推測できます。
    そういえば、以下の様なページを見付けたのですが、アメリカでは映画館でこのライブ映像が上映されているんでしょうかね? もしそうだとしたら本当に羨ましい….
    http://www.originalalamo.com/online_tix/show_details.asp?show_id=2335

  3. You Tube ジェームス・ブラウンの一番長い日

    mixi経由 bounceのニュースで知った 「ソウル・ミュージック界のゴッドファーザー、ジェームス・ブラウンが死去したと、彼の代理人が発表した。享年73歳。ブラウンは24日、肺炎のために入院したものの、25日の午前1時45分に息を引き取った模様。突然の巨人逝去の知らせに驚..

  4. 当時の生々しい状況がとてもよく伝わる解説です。参考になりました。
    JBの冥福を心から祈ります。

  5. 初めまして。
    石井啓介と申します。
    突然すいません。
    このJBのライブアットガーデンのビデオは
    どこで手に入るのでしょうか。
    私はもちろん音源なんですが、その前のアポロのライブ盤の
    すごいファンです。
    このガーデンのCDが再発されたことは知ってたんですが、
    ライブ映像のことはここで初めて知りました。
    ブートのようなのでお答えしにくいかもしれませんが、
    もしよかったら教えてくださいまし。メールでもよございます。
    突然見ず知らずの人間から失礼しました。
    関係ないですが、
    うちの子も先月7ヶ月になりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *