Bronze knife-edge bearing for SME 3009/3010/3012

備忘録.

Just for my note/reminder.

初代 3009/3012 及び Series II は金属性のナイフエッジベアリングでしたが,Series II Imp 以降は一貫してナイロンナイフエッジなので,この様な 3rd party 製が存在する,と.

The very early models of 3009/3012 as well as Series II came with steel knife-edge bearings, while Series II Imp (and all later models) with nylon knife-edge. That may be why such third-party products exist and sell well.




Knife Edge 交換 (1)」に続く…



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Knife Edge 交換 (1) (2004/08/24)
    ということで (?) 以前ここにも書いた サードパーティ製のブロンズナイフエッジその他が本日ドイツより届きました. Analog Tube Audio のハンドメイド. And then, the bronze knife-edge for SME tonearm has been arrived long way from Germany (see also my previous article.). 3009-R を導入して 約10ヶ月.ブロンズナイフエッジ自体はそんなに高いものではないので,純正のナイロンナイフエッジと交換したらどの位音が変化するか非常に興味がありました.また,ナイロン製とブロンズ製だと,耐久性は比較するまでもありませんし. It’s been ten months since I bought SME…
  • Knife Edge 交換 (2) (2004/08/25)
    「Knife Edge 交換 (1)」の続き。 先日交換したブロンズナイフエッジ の試聴.モノーラル盤,ステレオ盤,古いの新しいのといろいろとりまぜて,カートリッジも 4種類程あれこれ試してみました. 最低音域が伸びてがっちりしました.また高音域も曖昧さが更にとれシャープな音像が出てきました.ところが,全体としては,なんだか大人しく綺麗な感じの音に変化してしまった様です.以前のがつんという感じが後退してしまった感じ.これは見た目からくる印象とは若干異なります (往々にしてそういうもんですが).いままでのナイロンナイフエッジの音に合わせてシステム全体の微調整を繰り返してきたわけですから,ここでリセットしてもう一回音を作りなおしていくしかないのかしら. もう少し馴染んだところでもう一回印象を書いてみます. 「Knife Edge 交換 (3) & Connection Plate 交換」に続く……
  • Knife Edge 交換 (3) & Connection Plate 交換 (2004/08/29)
    「Knife Edge 交換 (2)」の続き。 Knife Edge 交換 (2): … ところが,全体としては,なんだか大人しく綺麗な感じの音に変化してしまった様です … 今日は朝からアンプをしっかり暖めて (昼過ぎまでテレビの音声を通してました),再びあれこれ.…
  • SME 3009-R 入手 (2003/10/20)
    2003年に購入した GyroDec Mk.III 中古には SME 3009 Series 2 Imp がついていましたが、自分が使うカートリッジはローコンプライアンスのものが多いので、オーストラリアから SME 3009-R のデッドストックを入手し交換しました。
  • SME 3009R ラテラルバランス調整 (2005/10/17)
    SME 3009-R のラテラルバランス調整は、少し根気の要る地味な作業ですが、カートリッジごとにしっかり調整を行うと、そのまま再生音のクオリティに現れるので、手を抜くことはできません。
  • 圓盤再生機トノ格闘 (2003/10/12)
    中古で購入した GyroDec Mk.III、AC モータについていたプーリーは 60Hz 用だったため、購入店に 50Hz 対応プーリーを送ってもらい、やっと音出しができました。まだまだ音を向上できる余地があるものの、買ってよかったと思えるファーストインプレッションでした。

4 thoughts on “Bronze knife-edge bearing for SME 3009/3010/3012

  1. Hello,
    I´m Robert Graetke, the developer of the SME Tweaks from Analog Tube Audio. I aggree with shaolin, the bronze knidge bearing is in first designed for the modern tonearms with nylon bearing. But also the old tonearms like the SME 3012 S2 sounds with more performance in the high and middle frequencies, but it´s the sound is unbalanced. The tonearms has to much performance in the middle and high frequencies. For that problem I designed the Bronze ground plate, the bronze ground plate add the control, dynamic, a more powerfull bass and a larger more natural soundstage.
    Conclusion:
    The bronze knife edge bearing is only the half step for the full performance of a SME 3009 or 3012 tonearm.

  2. Hi Robert-san, nice to hear from you again.
    I have bought the bronze knife-edge and bronze ground plate directly from you about two years ago – do you remember? 🙂
    I really enjoy the significant sound improvements by the bronze knife-edge with 3009R. Unfortunately, due to a nature of my turntable (Michell Gyrodec, whose main chasis is hanged with suspended springs), I gave up using bronze ground plate.
    Anyway I think I will use the bronze ground plate with other (rigid) turntables someday in the future.

  3. Dear Shaolin-San,
    yes, I remember. The weight of the bronze groundplate is 250 gramms, it is not perfect match with turntables with sub chassis. I can recommend you a Garrard 301 or 401. These turntables are really impressed turntables. Very solid and musical.
    Best regards
    Robert Graetke

  4. Hi again Robert-san,
    You’re correct. I think I will go well-maintenanced Garrard 401 in the future, but I don’t think it’s right now – unfortunately there is no space for an extra turntable at home 🙁

Leave a Reply

Your email address will not be published.