Sonny Rollins At Music Inn

長いこと日本盤 LP で聴いてきたのですが、先日ボロボロのオリジナル盤を格安で見付け,購入しました。 しかし、普通のボロ盤とはちょっと違う感慨があります。

I’ve enjoyed this album (of Japanese LP reissue) for a long time – then the other day I found the original LP issue (which was not in excellent condition at least visually), and I bought it. Although in fair condition, this copy might have a special story behind it . . .

(the rest of the English edition of this article will be available in the near future, I hope…)

[E-1011 Front Cover] [E-1011 Back Cover]

Sonny Rollins At Music Inn – Teddy Edwards At Falcon’s Lair
(MetroJazz [US] E-1011)

それというのも、裏ジャケのスタンプ。「BAMBI COLLECTION – R – 016 – 016」とあります。これってやっぱり、大阪梅田 / 心斎橋 / 神戸三宮にあったという、あのジャズ喫茶「バンビ」から流れて来た盤、ということなんでしょうかね? 真偽の程は分かりませんが、もしそうだとしたら、この盤は、ジャズ喫茶「バンビ」に当時通っていた多くのお客さんを楽しませた盤そのもの、ということになります。しかも番号が 016 ということは、かなり初期にストックされた盤ということなのかも知れません。ジャケットの痛々しいテープ跡やスレが、頻繁にかけられ扱われていたことを物語っているのでしょうか。

私は大阪万博の年に生まれたので、当然ながら全盛期のジャズ喫茶文化を全く知りません。日本におけるジャズ喫茶の功罪は至るところで語られてきたと思いますので、ここでは特に触れませんが、こういう盤に出くわすと、いろいろ思いにふけってしまいます。レーベルB面に書き込まれた「ダブル W」って、どういう意味なんやろう? とかも含めて。

[E-1011 Label A] [E-1011 Label B]

幸い、レーベルにヒゲはたくさんついていましたが、盤質自体はかなり良い方でした。バックが誰であろうと、唯我独尊。Sonny Rollins の 1950年代の録音はどれもこれも (言うまでもなく) 素晴らしいものばかりですが、この盤でも唯我独尊っぷりを発揮しまくっています。しかも2曲ではお得意のピアノレストリオ編成。前にも書きましたが、私が一番好きな Rollins の録音は “And The Contemporary Leaders”。そんなことを言う変態ファンですので、あんまり気にしないで下さい。ええ。

ライナーを担当している Leonard Feather が言い訳がましく書いていますが、残りの Teddy Edwards カルテットの演奏も素晴らしい。当然、録音した場所が全然違うので、おと的には随分変わっていますが、一緒のアルバムに収めたくなるプロデューサーの気持ちは分かります。

A-1: Doxy
A-2: Limehouse Blues
A-3: I’ll Follow My Secret Heart

B-1: You Are Too Beautiful
B-2: Billie’s Bounce
B-3: A Foggy Day

Side-A and B-1: Sonny Rollins Quartet/Trio:
Sonny Rollins (ts), John Lewis (p on A-1, B-1), Percy Heath (b), Connie Kay (ds).
Recorded at the Music Inn, Lenox, MA on August 3, 1958.

B-2, B-3: Teddy Edwards Quartet:
Teddy Edwards (ts), Joe Castro (p), Leroy Vinnegar (b), Billy Higgins (ds).
Recorded at “Falcon’s Lair”, Beverly Hills, CA, probably in 1958?



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Sonny Rollins Live At The Village Gate, July 27-30, 1962 (2013/11/08)
    Sonny Rollins の Our Man In Paris (RCA Victor, 1962) の完全版録音が某所で出回っており、ものすごい演奏に圧倒されノックアウトされました。2015年にはハーフオフィシャルでCDにもなったようです。
  • Diversity of “Plays Monk”, Pt. 3: Bobby Broom (2013/03/23)
    そもそも「Plays Monk」もの、といえば、ひと昔前は以下のもの辺りが定番(?)でした。 Steve Lacy の一連の作品 (1959 -) (iTunes / Amazon.co.jp) Lookin’ At Monk / Johnny Griffin & Eddie “Lockjaw” Davis (1961) (iTunes / Amazon.co.jp) Portrait of Thelonious / Bud Powell (1961) (iTunes / Amazon.co.jp) Interpretations of Monk / VA (1981) (Amazon.co.jp) That’s The Way I Feel Now / VA (1984) (Amazon.co.jp) Plays The Music Of Thelonious Monk / Kronos Quartet (1985)
  • Sonny Clark Trio (2006/08/14)
    先月、都内の某中古レコード店の壁に “Sonny Clark Trio” (Time T-70010) のオリジナル LP が飾ってあるのを見ましたが、そのプライスタグを見てびっくり。なんと 30万円。ひぇぇぇ。 Last month I visited a certain vinyl shop in Tokyo and found the original mono LP of “Sonny Clark Trio” (Time T-70010). The most surprising thing was its price…
  • My first vinyl spin in 2012 (2012/01/09)
    2012年1月4日、一足先にひとりで帰省先から戻った私の家に、 いつもテニスをご一緒させて頂いているオーディオ好きの Iさん が遊びに来て下さいました。昨年、いちど遊びに来て下さって以来、2回目となります。 Mark Levinson のプリ(No.38L)・パワー(No.23L)や、JBL S2600 といった、 私のシステムよりずっとポテンシャルが高い機器を自宅に揃えられている方です (そういう話をテニスの合間にするようになったのは意外にもここ1〜2年のことでした)。 私も一度だけ(テニスの帰りに)お宅にお邪魔したことがあります。 あれこれ多忙のためオーディオはしばらくお休みされていたそうなのですが、 昨年あたりから少しづつ、お金をあまりかけずに、ご自宅の音を良くしていきたい、ということで、 最近ではパワーアンプをレストア的に修理に出されたり、スピーカースタンドを 見直したりと、徐々に作業をなさっているそうです。 今回は、お使いのCD/DVDプレーヤー(DVD-H1000)や そこにつながるケーブル類に問題があるのではないか、という疑問をクリアに するために、うちのシステムに繋いでみてチェックしてみよう、というのが目的です。 結論としては、DVD-H1000 自体の疑いは晴れました。晴れましたというどころか、きらびやかな中高域のサウンドも美しく、ディテールまで細やかに表現するいい再生音を聴かせてもらいました。依然うちのシステムではアナログ再生の方が買っていますが、うちに(あまり愛もかけられることもなく設置方法もいい加減なまま置いて)ある TEAC VRDS-25X とは雲泥の差でした。 私はもう今後 CD プレーヤーをリプレースする予定はない(普段 CD はあまり聴いてないし、もし聴くとしても今後はPCオーディオ方向に向かうと思います)のですが、10年前のユニバーサルプレーヤーでもこんなにいい音が聴けるんだなぁ、と感慨深かったです。 Iさんのお宅のシステムは、これからどんどん本領を発揮する方向に向かうと思われます。楽しみにしております。 で、タイトルですが、この日が私にとって今年最初のレコード再生の日でした。いちばん最初にターンテーブルに載せたのは、記憶では「Balalaika Favorites」でした。車での帰省・Uターンでカーオーディオで音楽を聴いて以来のまともな音だったので、ホッとしました。 その他当日かけたCD/LPたちを、覚えている限りリストアップしておきます。Iさんの嗜好や今回の目的にあわせて、主に高音質系と呼ばれる類いのLPからピックアップした記憶があります。 SP もかけませんでしたし、いつものようにマニアックな盤を次々かけたりということもありませんでしたが、これだけまとまった時間じっくりとレコード再生できたのは本当に久し振りのことで、とても楽しい時間となりました。 Iさんが持参された盤 At Shelly’s Manne Hole / Bill Evans(OJC 盤 CD) Undercurrent / Bill Evans & Jim Hall(キング盤LP) Somethin’ Else / Cannonball Adderley(キング盤LP) 私が手持ちから適当にピックアップした盤 First Impulse: Creed Taylor Collection 50th Anniversary (2011年4枚組CDセットリイシュー) Way Out West / Sonny Rollins (米オリジナル盤LP、Stereoレーベル初版) West Side
  • Fine And Dandy / Sonny Stitt (2008/09/24)
    今年前半に書きかけだった駄文に追記したものです。謎はまだ解けず。さて真実はいかに? This short article is a revised edition of what I was writing bits and pieces earlier this year. Still one mystery survives – what and how will be the real truth coming out? Stitt’s Bits: The Bebop Recordings…
  • Sensuous / Cornelius (2007/04/11)
    昨年リリースされていた本作品。気にはなってたもののすっかり忘れていて、結局買ったのは先週でした。幸い国内でも LP でリリースされていたので、当然ながらそちらを購入。 This album was out in last October. I was thinking to take a listen, but I completely forgot to buy one. Anyway I found a LP version of this album last week – that’s why this…

6 thoughts on “Sonny Rollins At Music Inn

  1. バンビというジャズ喫茶がまとめて放出したのでしょうね。MGMのこの盤・・・こうして本当にジャズ(音楽)を好きな方の手に渡って本望でしょうね(笑)
    このレコード、僕は日本ポリドールが、ある時期、MGMから何タイトルが出した時(シアリングなど)、ロリンズの「ブラス&トリオ」とこの「music inn」を入手しました。MGM盤・・・オリジナルはなかなか見かけませんね。

  2. > 日本ポリドールが
    私が持っている日本盤は、15年程前に再発された奴です。黄土色の横から被せるタイプの帯がついた奴。
    そういえば、この盤って CD化はされてないんでしょうかね。
    同じ日の録音で、MJQ 名義で出た Atlantic 盤は CD化されているみたいですけど。

  3. Rollinsのこの盤は、私、知りませんでした。
    今度見つけたら買ってみますね~(きっと日本盤 笑)
    ジャズ喫茶文化って、私もほとんど知りません。
    でも、なんとなくイメージはできます。(笑)
    そういえば、この前ブログでも紹介したリトルのCandid盤(横浜DUで入手)は、DIGというジャズ喫茶の放出品でした~

  4. > Rollinsのこの盤は、私、知りませんでした
    Freedom Suite、Big Brass、この盤、Contemporary Leaders、
    そして 1959年2〜3月の Stockholm での録音と、
    雲隠れ直前の一連の録音には特別な思い入れがあるので、やっぱり良く聴きます。
    > 今度見つけたら買ってみますね~(きっと日本盤 笑)
    なかなか迫力ある録音で、ブリブリと迫ってきます。
    > リトルのCandid盤(横浜DUで入手)は、DIGというジャズ喫茶の放出品でした
    そういえば、吉祥寺はジャズ喫茶が多かったエリアですし、マスター兼ライターみたいな方もけっこういらっしゃったでしょうから、日本盤の白レーベルプロモが一度にどっと放出されることによく出くわします (笑)

  5. 「ダブル W」についてですが、
    演奏が終わってジャケに入れるときに注文があり、咄嗟に書いてしまったのでは?
    「ウイスキー ダブル」でね。 なーんて

  6. > 「ウイスキー ダブル」でね。なーんて
    かなりウケました (笑)
    これがホントだと、最高ですね (笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published.