Meditation / Toshiko Akiyoshi Quartet

30年間に渡って活躍されたビッグバンドを 2003年に解散、その後は主にソロピアノで活動されている 穐吉 (秋吉) 敏子 さん。最近はカルテットでの活動を再開され、この 3月にはレコーディングも兼ねたライブ演奏が行われました (私は残念ながら観に行くことが出来ませんでしたが)。長らく日本の第一人者として国内外で活躍し、今なお貪欲な創作意欲を失わないその姿勢には、ただただひれ伏すばかりです。

Toshiko Akiyoshi (“穐吉 敏子” in Japanese) has been the most active and most influencial Jazz player in Japan, who led her own big band for thirty years (in Dec. 2003, the band played its final concert in New York). Since then, she has performed solo piano/quartet concerts (with his husband Lew Tabackin). As a Jazz lover, I cannot help admiring her continuous efforts and infinite artistry as a Jazz musician.

[VC-6001 Front Cover]      [VC-6001 Back Cover]

Meditation – Aspect of Toshiko Akiyoshi Quartet
(Dan/Minoruphone [Jpn] VC-6001)

穐吉さんの 1950年代〜1960年代前半におけるトリオ/カルテットでの活躍や、1973年に結成した Toshiko Akiyoshi-Lew Tabackin Big Band (1982年からは Toshiko Akiyoshi Jazz Orchestra featuring Lew Tabackin) の高い評価は良く知られているところですが、そのちょうど間にあたる1969年〜1972年には主にカルテットで活動を行われており、アルバムが数枚残されています。1971年に録音されたこのアルバムもそんな中の1枚です。

Her trio performance in the 1950s, her quartet activities (with her first husband Charlie Mariano) in the early 1960s, and her “Toshiko Akiyoshi-Lew Tabackin Big Band” (since 1982 she re-assembled her new band called “Toshiko Akiyoshi Jazz Orchestra featuring Lew Tabackin”) – they are famous and definitely her highlights. However on the other hand, in her “air pocket period” – just before she formed her big band – she left several albums by her quartet. This is one of them, recorded in 1971.

タイトル曲である Antonio Carlos Jobim 作曲の B-3 “Meditation” のリラックスした中にも情感溢れる演奏に代表される様に、実に心地好いアルバムです。 若干、リズム隊が不安定になる瞬間もありますが (しかもよりによって穐吉さんのバックの時に!)、穐吉さんとタバキンさんは快調そのもの、お馴染みのスタンダード5曲が一気に流れていきます。 特にタバキンさんの筆舌に尽くし難い生き生きとしたフルートが紡ぎ出すフレーズは絶品です。 ロリンズばりのブローを聴かせるバリバリテナーもよどみなく (人によってはこの饒舌テナーが苦手という方もいらっしゃるかもしれませんが) 特に B-2 “Straight No Chaser” での豪快さといったら! テナーもフルートも、スキのないフレーズの構築っぷりにホレボレしてしまいます。

This is a very enjoyable and comfortable album. Especially on the title track B-3 “Meditation”, the performance is very relaxed and at the same time very emotional. Although the rhythm section sometimes goes out of rhythm (especially in the background of Akiyoshi-san’s solo space!), Akiyoshi-san and Tabackin-san plays so great throughout all five tracks (all are famous standard tunes) on the album. Especially, Tabackin-san’s emotional flute is awesome with fluent improvisations. His tenor sax (which is reminiscent of the Tenor giant Sonny Rollins) is also massive, strong and fluent (listen to the “big” tenor improvisations on B-2 “Straight No Chase”). His tenor and flute is like a spring which never be exhausted.

[VC-6001 Side-A]      [VC-6001 Side-B]

ただ、ピアノが左チャンネル、ドラムスが右、ベースとテナー/フルートが中央、というミキシングのせいもあってか、せっかくいいバッキングとソロを披露されている穐吉さんのピアノの存在感が薄く聞こえてしまう (というより、ただでさえビッグトーンのタバキンさんばかりが目立ってしまう) のが非常に残念です。ライナーノーツによると、4チャンネルマスターテープの各チャンネルに 4つの楽器を別々に収録したとのことですので、あまりステレオフォニックな収録を考えておらず、録音テクニック的には少し時代遅れ(?)の感も否めません。演奏がいいだけに、この点は残念です。

The only regret on this album would be the mixing – piano on the left channel, drums on the right, bass and tenor/flute on the centre, and Akiyoshi-san’s piano isn’t conspicuously featured (although she actually plays great backings and marvellous solos) – on the other hand Tabackin-san’s “big tone” sits very front. According to the liner-notes, four instruments were recorded monaurally on each channel of four-track master tapes, which was not the newest recording technique (at the time), and which was not ideal for stereophonic presense.




A-1: What Now My Love (11:55)
A-2: Stella By Starlight (10:35)

B-1: Willow, Weep For Me (6:20)
B-2: Straight No Chaser (10:16)
B-3: Meditation (7:50)

Lew Tabackin (ts on A-1, A-2, B-2, fl on B-1, B-3),
Toshiko Akiyoshi (p), Lynn Christie (b), Albert Heath (ds).

Recorded at the Taihei No.1 Studio, Shinjuku, Tokyo, Japan on February 26, 1971.

Engineered by Hideaki Abe.
Directed by Norikatsu Matsui.




さて、このアルバムは、穐吉=タバキンビッグバンドが世界的評価を不動のものとしていた 1976年に再発されましたが、その再発 LP も必聴です。というのも、オリジナル盤では編集で短くされていた楽曲はコンプリートで収録されていますし、“Straight No Chaser” は別テイクに差し替えられているからです。

Well, this album was reissued in 1976 (when Akiyoshi=Tabackin big band was highly acclaimed), and the reissue LP is also innevitable – it contains complete versions (while on the other hand the first LP issue contained edited versions on some tracks), and “Straight No Chaser” is alternate version.

[VC-7513 Front Cover]      [VC-7513 Back Cover]

Meditation / Akiyoshi Toshiko Quartet
(Dan/Tokuma [Jpn] VC-7513)

上述の別テイク “Straight No Chaser” では、穐吉さんのピアノがより前面に出ており、彼女のソロがより長く堪能できます。また、これが一番重要なことなのですが、オリジナル盤に比べてよりクリアな音質 (高音域の伸びが素晴らしい) – まるでマスターテープそのものを聴いているかのよう。更に、より自然なステレオ定位にリミックスされています。穐吉さんのピアノが左寄りなのはオリジナル盤と同じですが、タバキンさんのテナー/フルートは右寄りに移され、ドラムスとベースが中央に移されました。これにより、穐吉さんとタバキンさんがレコード上でも対等な立場で再現され、バランス的にも非常に好ましく変化しました。この盤に関しては、間違いなく再発盤をお勧めします。

On the alternate take of “Straight No Chaser”, longer solo improvisations of Akiyoshi-san’s piano is fully featured. And what’s most important, this 2nd issue has far better sound quality (what a beautiful high-end frequencies!) with newly remixed stereo which is more natural – Akiyoshi-san’s piano on the left channel (same as 1st issue), Tabackin-san’s tenor/flute on the right, and bass/drums on the middle. The remix presents yet another artistry of the quartet with vivid contrast between the piano and the tenor/flute. So, as for this album, if you are interested in finding and buying this album, I strongly recommend you obtaining 2nd issue LP version.

[VC-7513 Side-A]      [VC-7513 Side-B]



A-1: Meditation (9:19)
A-2: Stella By Starlight (9:56)
A-3: Willow, Weep For Me (8:15)

B-1: Straight No Chaser (12:33)
B-2: What Now My Love (12:16)

Lew Tabackin (ts on A-2, B-1, B-2, fl on A-1, A-3),
Toshiko Akiyoshi (p), Lynn Christie (b), Albert Heath (ds).

Recorded at the Taihei No.1 Studio, Shinjuku, Tokyo, Japan on February 26, 1971.

Engineered by Hideaki Abe.
Directed by Yuhzoh Fujimoto.




私にとってこのアルバムは、穐吉さんの (ビッグバンド作品を除いた) アルバムの中で 2番目に好きな ものです。1番目に好きな作品は、また別の機会に紹介したいと思います。

For me, this album is the second best one I love (except her big band recordings). My most loving album will (probably) be featured on this site in the near future . . .


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Prevue / The Brooks Kerr – Paul Quinichette Quartet (2006/01/25)
    (本エントリは、私が別の web に 2004年 8月 31日付で掲載していたものを転載後加筆訂正したものです) (this entry was originally made public at …
  • Eddie-san’s brand new CD (2004/06/08)
    Eddie Landsberg さんから,この前アメリカで録音した 新譜のラフミックス CD-R が届きました.いま聴いている最中です. My friend Eddie Landsberg-san …
  • Triangle / The Beau Brummels (2005/05/15)
    Rhino Handmade, a well known label for so many invaluable limited-edition CD issues which have been …
  • Eddie’s Back on Stage – and I’ll be back shortly (2009/03/26)
    (こちらでは長らく更新しておりませんが、今暫くお待ち下さいませ。。。) Dear readers – sorry not to get this weblog updated often. It’s …
  • After the ball, after the fascination… (2007/06/13)
    この前の日曜日までの二週間は、毎晩 全仏オープン のテレビ観戦に大忙し (おかげで贔屓にしている ラファは無事三連覇達成。めでたしめでたし)。次の ウィンブルドン が始まるまでの二週間、やっと音楽を …
  • Feb. 28, 2004: Jam Session Night at Eddie’s Lounge (2004/02/29)
      Here I come again. It’s been several months since I visited Eddie-chan’s lounge located at K …

6 thoughts on “Meditation / Toshiko Akiyoshi Quartet

  1. 穐吉さんほんとかわいいおばあちゃんです。
    確かに、ルーさんのサックスはかっこいいけど、サックスという楽器の性格から音はでかいし、表現力もありますから私的にはずるい楽器だなぁと(笑)
    なぜかこの3月のツアーの手伝いをちょこちょことしていました。
    なぜか東京、盛岡、別府、熊本と・・・(爆)

  2. ご無沙汰してます。
    > この3月のツアーの手伝いを
    先刻あそこの井川さんの日記拝見して、やっと事情がつかめました。
    > サックスという楽器の性格から音はでかいし、表現力もありますから
    うーん、僕はピアノの方が圧倒的にでかい音が出せるし表現力もあると思うんですけどね (笑) リード楽器ってちゃんとやったことないんでよく分からないですが。
    パウエルばりにバキバキ弾いてはった最初期を除いて、穐吉さんはより内面に沈んでいく様なトーンで演奏されることが多くなったと感じています。なので、1970年代以降のカルテット演奏だと、どうしてもタバキンさんの圧倒的な表現力とパワーに比べると地味に聞こえてしまうんでしょうね。
    そうはいっても、私は当然穐吉さんの方が贔屓ですが(笑)

  3. どうもご無沙汰です
    サックスの利点はなんといっても動けるということです(笑)
    ステージを見ているとやっぱり目をひきますから
    そういえば穐吉さん歳のせいかタッチは弱くなっているそうです。ま、それでもあれだけ弾くんですから大したものですが。

  4. > サックスの利点はなんといっても動けるということです(笑)
    そうですねぇ。
    Big Jay McNeely みたくカウンターの上でブリッジしながら吹いたり、Eddie Chamblee みたいに空中ブランコ演奏したり (違)
    以下あっちから引用:
    > GWも日本に来ているそうです
    お。あれですかね、レコーディングした音源の最終ミックス立ち会いなんでしょうかね。あるいはまたライブ?
    ビッグバンドの日本最終ライブにも行けなかった私としては、そろそろ行っておかないと….

  5. 5/3高槻らしいですよ〜
    東京のレコーディングに関しては裏を知ってしまったのでノーコメント(爆)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *