あおぼし路上ライブ

瀬谷さん宅訪問 の帰りにつくばエクスプレス秋葉原駅から JR に乗り換えようとしていたところ、イキの良いバンドの路上ライブに予期せず遭遇し、なかなかイイ感じの演奏だったので結局最後 (22時過ぎ?) まで聴いてしまったのでした。

[Aoboshi Street Live]



あおぼし」というスリーピースのロックバンドでしたが、ウィットに富んだ歌詞、下半身がっちりのアンサンブル、さりげなくも堂々たるパフォーマンス、パンクな演奏とキャッチーな楽曲の絶妙なバランス、それらの全てが見事にツボにはまりました。こりゃええわ。

ミディアムテンポの時に少し恥じらいが感じられたのはご愛嬌ですが、爆裂パンクロッカーなナンバーではスピードも重さも充分。オロナミンCの歌もサンポールの歌もなかなかイケてたで!! 個人的希望としては、折角いい感じで楽曲が盛り上がっていってるんやから、最後はもっとばっつんがっつん格闘技カオス状態にまで演奏がいってくれた方が持ち味が更に引き出されてええんちゃうかなぁ、と思いましたが、とにかく 1時間じっくり聴いてしまいましたがな。

シングル CD と 7曲入り CD アルバムもしっかり購入しましたがな。またライブも行きまっせ。待っといてや。




[Aoboshi Street Live]

[まる・つねす (guitar, vo)]

[ゆうすけ (drums, chorus)]

[エイミー (bass, vocal)]

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • サイモンガー&ファンク 結成20周年記念ライブ #SF20FD46 (2015/09/22)
    サイモンガー・モバイルの始まりとなる伝説のバンド、サイモンガー&ファンクの結成20周年記念ライブが、2015年9月19日、西荻窪 w.jaz にて行われたので参加してきました。
  • BRAHMS: Sonatas for Cello and Piano (2004/06/13)
    BRAHMS: Sonatas for Cello and Piano / Miklós Perényi, Zoltán Kocsis (Hungaroton [Hungary] SLPX-12123) どうでもいい話ですが、ハンガリー盤 LP というのはこれが初めての購入です。同時に買ったのは、同じくペレーニさんのドヴォルザークチェロ協奏曲 (Hungaroton [Hungary] SLPX-11866)。…
  • 忌野清志郎 フジテレビアーカイブス完全版 (その2) (2009/08/05)
    少し間があいてしまいましたが、前回の「その1」に引き続き、 2009年7月17日〜18日、フジテレビ NEXT チャンネルで 8時間にも渡って放送された 忌野清志郎 フジテレビアーカイブス 完全版 という番組の後半部分レビューです。 渾身のナッシュビル三部作が不発に終わり、怒涛のインディーズ時代 に突入するわけですが、今回の放送で最も貴重 (再放送されにくい) な部分は、個人的にはこの時代ではないかと思います。音楽的にも非常に充実していた時期で、見応え、聞き応え満点です。 また、2003年のアルバム「KING」から RC 時代を彷彿とさせ、かつ以前より熟成された完成型王道忌野ロックに回帰していきますが、そこに至る前にたくさんの冒険・遊び・尖った演奏をしていたからこそ、晩年の円熟味を増した歌唱・演奏・ステージに至ることが出来たんだと思います。 その前に余談ですが、ブルース・インターアクションズ から2002年12月10日に発売された季刊誌「ロック画報 (10) RCサクセションに捧ぐ」が復刊されたようです。1972年頃、オリジナルメンバ3人時代による凄まじい演奏の未発表ライブが付録 CD に収録されていることと、オリジナルメンバの 破廉ケンチ さん (1977年頃?に脱退) が、忌野さんと共に応じたインタビューが非常に貴重です。再度売り切れる前に是非お求めあれ。。。 ロック画報 第10号 (特集: RCサクセションに捧ぐ) この本を Amazon.co.jp で買う Contents / 目次1997年 6月 6日「Live ’97 ニュース JAPAN: YOL~300秒の肖像~」 / PONTA BOX
  • 忌野清志郎 フジテレビアーカイブス完全版 (その1) (2009/07/23)
    2009年7月17日〜18日、8時間にも渡って、忌野清志郎 フジテレビアーカイブス 完全版 という奇跡的な番組が フジテレビ NEXT チャンネルで放送されました。 フジテレビが所蔵する演奏シーンを、余計な解説や編集も抜きで、ただひたすら時系列に放送してくれるというもので、放送当時に見た懐かしい演奏から、初めて目にする貴重なものまで、圧倒的な放送でした。 無理なお願いにも関わらず長時間録画してくれた takuo さん、ホントにありがとうございます。おかげで観ることができました。 Contents / 目次(どうでもいい前書き)1981年 2月16日「夜のヒットスタジオ」 / RC サクセション1981年 2月18日「テレビアンナイト」 / RC サクセション1981年 7月30日「オールナイトニッポン スーパーフェス」 / RC サクセション1982年 2月 8日「夜のヒットスタジオ」 / RC サクセション1982年 3月22日「夜のヒットスタジオ」 / 忌野清志郎 + 坂本龍一1982年 6月14日「夜のヒットスタジオ」 / RCサクセション1984年 8月30日「スーパーフェス ’84 KING OF LIVE!」 / RC サクセション1985年 5月 1日「夜のヒットスタジオDELUXE」
  • 紀伊國屋ホールチケツト (2004/09/01)
    ちょっと前に買った “Live At The Village Vanguard / Thad Jones = Mel Lewis Jazz Orchestra” (Solid State SS-18016) (まあいわゆる基本中の基本,名盤という奴ですね) をさっき聴いていて,うーんいいねぇ,と見開きジャケを持って読んでいると,ジャケの中から紙片がひらりと. 昭和43年 (1968年) 7月21日の紀伊國屋ホールでのコンサートのチケットの様です. チケット裏には,メンバーの名前がカタカナで記載されています (表記が一部変なのは御愛嬌 – セルダム・ポーエル はツボに入ってしまいましたが).    この LP の最初のオーナーが,このアルバムを買って,来日公演を聴きに行って,チケットをこのジャケットにしまっておいたのでしょうか.なんとも歴史を感じます.ってホントにこのチケット,サド=メルバンド来日公演のものなんでしょうか? というか,1968年 7月21日にサド=メルは紀伊國屋ホールでライブをやったのでしょうか? 情報をお持ちの方は是非御教授下さい.…
  • Knife Edge 交換 (2) (2004/08/25)
    「Knife Edge 交換 (1)」の続き。 先日交換したブロンズナイフエッジ の試聴.モノーラル盤,ステレオ盤,古いの新しいのといろいろとりまぜて,カートリッジも 4種類程あれこれ試してみました. 最低音域が伸びてがっちりしました.また高音域も曖昧さが更にとれシャープな音像が出てきました.ところが,全体としては,なんだか大人しく綺麗な感じの音に変化してしまった様です.以前のがつんという感じが後退してしまった感じ.これは見た目からくる印象とは若干異なります (往々にしてそういうもんですが).いままでのナイロンナイフエッジの音に合わせてシステム全体の微調整を繰り返してきたわけですから,ここでリセットしてもう一回音を作りなおしていくしかないのかしら. もう少し馴染んだところでもう一回印象を書いてみます. 「Knife Edge 交換 (3) & Connection Plate 交換」に続く……

Leave a Reply

Your email address will not be published.