Sound Storing Machines: The First 78rpm Records from Japan, 1903-1912

マニアックな音源のコンピレーションを次々と世に送り出している Sublime Frequencies レーベルから、最初期の日本の音源をまとめたアルバムがリリースされています。

メインタイトルは “Sound Storing Machines” つまり「蓄音機」です。

Sound Storing Machines

Sound Storing Machines: The First 78rpm Records from Japan, 1903-1912
(Sublime Frequencies SF115)

雅楽、かっぽれ、義太夫、謡曲、俗曲、落語、などと、いわゆる「音楽」ではないものがメインですが、110年以上前の日本のレコードの音源を楽しめるのは、これらのジャンルに関して門外漢であっても、想像力を大きくかきたてられるはずです。

電化前のアコースティック録音、いわゆる「ラッパ録音」ですが、SP盤独特のサーフェスノイズの向こうから、日本の昔の芸能の景色がみえてくるようです。

こういうコンピレーションを、海外のレーベルにやられてしまうのは、なんだか癪ですね。。。(笑)

01. 雅楽「陪臚(平調)」    雅楽師長東儀季煕氏外雅楽師   1903
02. 義太夫「千両幟櫓太鼓」    豊沢兵吉    1904
03. 長唄「筑摩川」    東屋小満之助    1906
04. 俗曲「かっぽれ」    新橋すま子    1903
05. 法界節「追分節」    法界連    1903
06. 三曲「松風」    上原真佐喜、高橋清章、福城可童    1903
07. 落語「浮世風呂」    柳家小さん    1903
08. 雅楽「合歓塩(太食調)」    雅楽師長東儀季煕氏外雅楽師    1903
09. 竹琴「汐くみ笠尽し」    三升家勝栗    1906
10. 謡曲「杜若」    梅若万三郎、梅若六郎    1907
11. 尺八「三十三間堂(木遣)    一睡軒花堂    1906
12. 俗曲「猫じゃ猫じゃ」    吉原〆寿    1904
13. 義太夫「堀川猿廻し」    竹本大隅太夫、豊沢団平・豊沢仙之助・三味線    1909
14. 義太夫「三勝半七酒屋」    竹本春子太夫、豊沢新左衛門・三味線    1910
15. 義太夫「太功記十段目」    井上里貴司、豊沢新左衛門・三味線    1912

日本のライス・レコードからリリースされたCDでは、あのレコード・コレクターズ誌で長年連載をされていたので有名な岡田則夫さんによる解説が読めるので、こちらをおすすめします。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Storing vinyl/shellac records How-To (2006/05/01)
    皆さんは、レコードを購入されたあと、ラックや箱に収納する前にどの様なことをされていますか? 以下、私の例です。皆さんの例も是非お聞かせ下さい。
  • THE SUPREME SOUND OF 78 RPM RECORDS (2011/09/29)
    On August 18, I drove east to Tsukuba City in Ibaraki, to visit my mentor/guru/master of Jazz 78rpm records, Tohru Seya-san – he’s been probably one of the greatest, generous and openhearted collector – also he’s been one of the most dilligent researcher of pre-bop Jazz. もうひと月以上前になりますが、ジャズSPレコードの大先輩というか師匠というか尊師というか、つくばにあるその方のお宅に伺いました。数千枚以上もある膨大なSPコレクターにして戦前ジャズの熱心な研究で知られる 瀬谷徹 さんです。   We had a
  • Blue Note Records: A Guide to Identifying Original Pressings (2011/01/13)
    こういう類のリサーチ本が、日本ではなくてアメリカから出てくるのは興味深いです。こういう細かいことに拘る方は、日本人コレクターの方が圧倒的に多い印象がありますから。。。
  • How Vinyl Records Are Made (2006/06/30)
    レコードの製造工程を映像で確認できるドキュメンタリー、必見です。比較的最近のディスカバリーチャンネルのものから、戦前のSP盤レコード製造工程、さらには戦後モノーラルLP時代の製造工程もあります。
  • The Immortal Voice (1923) – how phonograph records are made (2016/03/24)
    とても貴重な記録映像です。Liberty of Congress より。 1923年、まだ録音技術がアコースティックだった時代(アンプなど電気増幅を行う前)の、スタジオ録音風景、そしてレコードのプレスを行うまでの一連の流れをまとめたものです。このフィルム自体がサイレントというのがすごいですね。そして、技術がシンプルな分、とてもわかりやすい解説になっています。 The Immortal Voice (1923) – how phonograph records are made – piano score by Ben Model ずっと前にご紹介した、その他の「レコードはどうやって作られているか」系の記録映像です。 Record Making with Duke Ellington (1937) RCA Victor Presents “Command Performance” (1942) Sound and the Story (1956)
  • Desiccant is indispensable in Japan (2006/07/13)
    Abstract: It’s always very humid and wet in Japan, and the humidity is the enemy for keeping vinyl LPs and covers clean. So I always use desiccants in the LP stockers. こうもムシ暑い日が続くと、気分も体もヘタってしまいそうですねぇ。 大事なレコードさん達にとっても湿気は大敵。というわけで私は LP 保管用に 乾燥剤 を愛用しています。…

Leave a Reply

Your email address will not be published.