Kohji Matsubayashi

Sleigh Ride / Herb Geller

It’s been nearly one year since I bought used vinyls and 78rpms last, but here it is now, my new acquisition – (I hope) I won’t be back rapidly to the centre of the “the road to vinyl/shellac junkies” (I hope and pray, actually), anyway it’s a kind of rehabilitation for me, buying a single 78rpm in last eleven months . . .

最後に LP や SP を買ってから、はや1年近く経過しましたが、ついに禁を破ってこの1枚 〜 もう以前の様に「ヴィニール / シェラックジャンキーへの道」へ戻らないでいたいものです (ホントにそうなればいいんですが)。ともあれリハビリ的にこの1枚、久しぶりに買ってしまいました。


[EmArcy 16016 Side-A]      [EmArcy 16016 Side-B]

Sleigh Ride c/w Silver Rain / Herb Geller
(EmArcy 16016)
Read More / 続きを読む
Kohji Matsubayashi

Fats Place / Red Prysock

ディスコグラフィーを鵜呑みにするな」という名言があります。調査開始の礎として非常に有用ですが、最終的には真偽を自分の耳で確かめ、現物を探して確認するのが王道だということでしょう。 著名なディスコグラファー Michel Ruppli さんの手による5巻組 The Mercury Labels – A Discography の第5巻のシングルリリース一覧には、どの盤が SP で出たのかマークがついているのですが、これが全くアテになりません。事実、以下に紹介するこの盤も、SP で出たというマークは記されていませんでした。

There is an reasonable saying “Do not blindly swallow any info on the discography books”. Discographies are very useful and valuable when using as a starting point of a specific research, but after all we have to find actual vinyls and give it a real listening. For example, Volume 5 of The Mercury Labels – A Discography (by a famous discographer Michel Ruppli) has numerical listings of entire 78rpm/45rpm releases, with marked abbreviations which indicates “issued on 78rpm and on 45rpm”, “issued on 45rpm only” etc. However, these marks doesn’t seem to be trustworthy: actually, this 78rpm (introduced here below) is NOT marked as “issued also on 78rpm”.

[70460 Side-A]    [70460 Side-B]

Fats Place c/w Hey There / Red Prysock
(Mercury 70460)
Read More / 続きを読む
Kohji Matsubayashi

In The Basement c/w Little Girl Blue / Art Blakey

(本エントリは、私が別の web に 2004年 8月 9日付で掲載していたものを転載したものです)
(this entry was originally made public at my another web site on August 9, 2004)


[16007x45 Side-A]      [16007x45 Side-B]

In The Basement c/w Little Girl Blue / Art Blakey
(EmArcy 16007×45)

1954年10月にリリースを開始した EmArcy レーベルでは、当初シングル盤 (45回転と 78回転) もリリースされていました。これらの中にはシングルオンリーでしか日の目をみなかった音源がいくつかあるのですが、これもその 1枚です (1954年 3月24日録音)。後に “The Complete Art Blakey on EmArcy” (日本フォノグラム 195J-10085) という LP に (同セッションの未発表曲 2曲と共に) 収録されました。A面の “In The Basement” は実にカッコいいハードバップです (パーソネルはレーベル写真を参照)。録音も実に素晴らしいガッツのあるものです。

EmArcy label, the most famous subsidiary of the Mercury label, was started in October 1954. In the very early era, EmArcy also had a number of 78rpm/45rpm single releases which faded out soon. Some of the releases contain invaluable tracks which can be heard only on these single releases. This Art Blakey’s 45rpm (recorded on March 24, 1954) is one of such discs – both tracks can be heard on this 45rpm and equivalent 78rpm only (later Nippon Phonogram released the LP “The Complete Art Blakey on EmArcy”, 195J-10085, which contained these tracks as well as previously-unreleased tracks). The A-side track “In The Basement” is one of the finest hard-bop tracks (see the label photo for the personnel). Recording quality is also supreme – very powerful indeed.


しかし、この曲でかなりカッチョええテナーをブリブリとかましているミュージシャン、Henry Durant なる人については何も情報が分かりません。1954年〜1955年にごくわずかのレコーディングセッションに顔を出しただけで、その後表にはでてこられていない様です。

On these tracks, we can hear way-cool tenor saxophone player whose name is Henry Durant. Unfortunately there are few information on him available. As far as I know he appeared on a few recording sessions in circa 1954-1955.


この Henry Durant なるテナーサックスプレーヤーについて何か情報を御存じの方がおられましたら、是非御教授下さい。

If you have any information on this seldom-known tenor saxophonist Henry Durant, pleaset le me know.


[16007 Side-A]      [16007 Side-B]

In The Basement c/w Little Girl Blue / Art Blakey
(EmArcy 16007)
(上のシングルと同等の SP 盤 / Equivalent 78rpm release)