Brother, Brother, Brother / The Isley Brothers

(this article deals with my favourite Isleys album, “Brother, Brother, Brother”. English version of this article (probably) will not be available.)

私が Isley Brothers を初めて聴いたのは、15年ほど前に購入した “It’s Our Thing” (T-Neck / Buddah TNS-3001) でのこと。1969年当時、文句なしの全盛期を迎え黒人音楽の分野では完全に最先端を走っていた James Brown からの影響が濃厚な力強いファンクで溢れた、彼らののちの活躍を考えるとマイルストーン的なアルバムといえます。続く “The Brothers: Isley” (T-Neck / Buddah TNS-3002)“Get Into Something” (T-Neck / Buddah TNS-3006) もグルーヴ溢れる力強いファンク系の作品として、聴き所満載です。この辺りでは今では最後の “Get Into Something” が一番好みです。 前作、前々作よりぐっとタイトで切れ味抜群なリズムセクションが曲によってセカンドラインを聴かせたり、なかなか面白い。

その後私は、最初期の “Shout”“Twist And Shout” までさかのぼったり、セールス的に絶頂だった 3+3 時代のネチネチファンクととろけるバラードまで、ひととおり楽しむ様になりましたが、現在最も良くターンテーブルに載る機会が多いのは、過渡期とされる 1972年にリリースされた本アルバムです。

[TNS-3009 Front Cover]      [TNS-3009 Back Cover]

Brother, Brother, Brother / The Isley Brothers
(T-Neck / Buddah TNS-3009)

1973年以降の T-Neck / CBS 時代、3+3 編成となった Isleys 全盛期を支えているのは、ゴスペルやソウルといった黒人音楽的なテイストと、ロックやポップスといった白人音楽的なフィーリングの、絶妙なブレンド具合にあると思います。その意味で、本アルバム、及びひとつ前のアルバム “Givin’ It Back” (T-Neck / Buddah TNS-3008) あたりが、彼らのひとつの大きな転換期であったことは間違いありません。特に “Givin’ It Back” は全編カヴァー曲で構成されており、“Ohio” (Neil Young / CSNY)“Machine Gun” (Jimi Hendrix)“Fire And Rain” (James Taylor)“Lay Lady Lay” (Bob Dylan) と縦横無尽に料理する A面の流れは実に見事ですし、B面最後の素晴らしいカヴァー “Love The One You’re With” (Steven Stills) も強く印象に残る出来です。

それに続く 1972年リリースの本アルバムでは、前作のムードを更に推し進め、オリジナル曲とカヴァー曲を絶妙に並べた、それでいて実に統一感ある構成となっています。 例えば、Marvin Gaye“What’s Goin’ On” にインスパイアされて作ったと言われる Carol King“Brother, Brother”。黒人が黒人に訴えるメッセージソングからエッセンスとインスピレーションを授かって白人女性ミュージシャンが作った曲を、黒人グループが演奏する。1970年代前半のあの空気の中、より広いリスナー層に向けてうってでようとする意気込みが感じられます。もちろん、単なるカヴァーではなく、彼ららしい流れる様にコクを感じさせられる極上の演奏と歌唱です (まだ後年とは違い、少しリズムに揺れが感じられますが)。

この曲で幕を明ける A面は特に圧倒的です。続く A-2 は Jackie De Shannon の名曲 “Put A Little Love In Your Heart” のカヴァー。これも転がるように軽やかなアレンジメントのもと、Ronald Isley の歌唱が光ります。A-3 では再び Carol King“Sweet Seasons” のカヴァーと、それとメドレーになって自作の “Keep On Walkin’” と続きます。ここから A面は自作曲が続き、大名曲の A-4 “Work To Do” で打ちのめされます。この時代の Isleys を代表するといってもいい、軽やかでかつ説得力のある素晴らしいトラックです。やや黒っぽいリズムでファンキーな A-5 “Pop That Thing” でチェンジオブペースをはかり、A面最後は、ポップなファンク、という形容がふさわしい “Lay Away” で締められる。

[TNS-3009 Side-A]      [TNS-3009 Side-B]

B面は長尺ナンバー2曲で構成されています。特に素晴らしいのが10分を超える B-1 “It’s Too Late”。言うまでもなく、Carol King のカヴァーですが、まるで別の楽曲であるかの様にテンポとアレンジが絶妙に設定され、Ronald のソウルフルで非常に説得力のある歌唱、そしてジミヘンフォロアー Ernie Isley の見事なギターが炸裂する名演です。そして B-2 の自作 “Love Put Me On The Corner”。印象的なピアノのイントロに始まり、やや重い雰囲気の、しかし音のすきまを有効活用したアレンジで静かに歌い出し、中盤の素晴らしい盛り上がりへともっていき、水面の波が消えていくかの様に静かに終わる。ジャンルの枠を越えた名演、名唱。




手元にあるのは、両面手書きで「2」(更にその下に小さな点が 3つ書き込まれている) の枝番がある盤。まぁファーストプレスではないと思います。最内周でほんの少し歪んだ感じになる以外は、全体的に良好な音質です。しかし、10年ほど前にリイシューされた CD の方が、迫力のある音質でより楽しめる様に思います。LP の方は、レンジを欲張らずに「あの時代の」音となる様、イコライザーやコンプレッサーが適切かつ的確に使用されており、もっと安心して聴ける「1972年のおと」です。




A-1: Brother, Brother
A-2: Put A Little Love In Your Heart
A-3: Medley: Sweet Season – Keep On Walkin’
A-4: Work To Do
A-5: Pop That Thing
A-6: Lay Away

B-1: It’s Too Late
B-2: Love Put Me On The Corner

O’Kelly Isley (vo), Rudolph Isley (vo), Ronald Isley (vo),
Ernie Isley (g, el-g, maracas), Marvin Isley (el-b, woodblock), Chris Jasper (p, tambourine),
Truman Thomas (org except A-6), Milton Westley (org on A-6),
Karl Potter (congas except A-6), George Patterson (congas on A-6),
George Moreland (ds).

Produced, arranged and conducted by R. Isley, O. Isley and R. Isley.
Engineered by Michael Delugg, Media Sound Recording Studios.



Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • The Real Thing / Houston Person (2005/03/15)
    この2枚組アルバムを購入するのは実は 2組目です。昨年夏に某所で購入したのですが、1枚目の LP にヒビが入っていた (しかも seller は交換に応じてくれなかった…とほほ) ため、もう 1組買う羽目になったのでした。 This is my 2nd copy I obtained recently – I bought the 1st copy in last summer at a certain auction site, but when I received the parcel, I noticed…
  • Rhythm Machine (2015/07/04)
    オリジナル LP はマイナーレーベルから出たレア盤(Lulu 6072-25)らしいのですが、2012年にCD化されたので、いまでは比較的気軽に聴くことができます。 Rhythm Machine ファンク系あり、モロに1970年代マーヴィン・ゲイ風味あり、スウィート系あり。バラエティ豊かな楽曲群。 それ以上に、この時代にしては珍しく、調律の合っていないピアノ。ゆらぎまくりでグルーヴ感を台無しにするドラムス。 どこまでもB級で、どこまでも憎めないこの作品。21世紀のいま聴くと逆に新鮮なのが面白いです。
  • James Brown Live At The Boston Garden, April 5th, 1968 (2006/12/14)
    もう100回以上は観たでしょうか。しかし 1回たりとも「見飽きた」と思わせぬ緊張度/怒涛の勢い/完成度を前に、毎度毎度腰を抜かされ感涙にむせぶばかり。一日も早く、オフィシャルな映像リリースが行われて欲しいと心から願うばかりです。 Probably I have watched this over a hundred of times, but because of the heavy tension, energy and perfection the film contains, I still have not get bored of watching – instead, every time I watch, I…
  • I Got The Feelin’ – James Brown In The ’60s (2009/03/30)
    本当はもっと早くに載せたかったのですが、ここを更新する時間的・気分的余裕がなくて、こんなに遅くなってしまいました。それはさておき未見の方には文句なし、「これを観ずして死ねるか」レベルでおすすめです。。。 I wish I could have published this contents earlier, but unfortunately I didn’t have enough spare time to write it – i couldn’t feel relax and think of writing it either. Anyway, this video is definitely recommended for everyone who haven’t watched it yet . . . you should watch this video
  • Get On Up: The James Brown Story (Original Motion Picture Soundtrack) (2014/08/05)
    It’s a real pity – we can’t see the movie until next spring in Japan – get on up! All I can do so far is to listen to the Original Soundtrack album, watching the official trailers, seeking and reading the reviews online, etc… 日本では、来春公開予定とのこと。。。とても待ちきれません。サントラCDを聴いたり、予告編を観たり、オンラインでレビューを探して読みあさったりが関の山。       Here’s the quick review (in Japanese) by “Mr. Soul Searcher” Masaharu Yoshioka-san: Soul
  • The Fela/James Brown Connection (2014/09/29)
    本稿は、The Afrofunk Music Forum に 2006年に掲載された David McDavitt 氏の記事「The Fela/James Brown Connection」を、ご本人の許可を得て日本語翻訳したものです。 This article is a Japanese translation of 2006 article by Mr. David McDavitt, entitled “The Fela/James Brown Connection”. Presented here with David-san’s permission.   ミスター・ブラウンとオリジナル J.B.’s がナイジェリアはラゴスに赴いたのは1970年12月とされています。その一方で、それに先立つこと数ヶ月、1970年7月22日録音の「There Was A Time (I Got To Move)」や同年8月16日録音「I Got To Move」ではすでに、アフロビート的なアレンジの萌芽が感じられるのは興味深いところです。 Mr. Brown and his original J.B.’s toured Lagos, Nigeria in

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *