R.I.P., James Brown, The Godfather of Soul

ついにこの時がきてしまいました。

永遠にサンタさんになってしまいました。

我が尊師、齢73にて逝去。

今年も数多くの RIP がありましたが、個人的に最もショックが大きいものとなってしまいました。

尊師の成した、余りにも偉大な音楽的革新と革命を改めて噛みしめつつ。


[The Christmas Collection]

20th Century Masters – The Christmas Collection

Amazon.co.jp で買う | Buy this CD at Amazon.com


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • R.I.P., Mr. Bobby Byrd (2007/09/14)
    He must been jamming with the Godfather of Soul right now in heaven . . . Bobby Byrd, James Brown sidekick, dies (Augusta Chronicle) Soul great Bobby Byrd dead at 73 (Paste Magazine)…
  • I Got The Feelin’ – James Brown In The ’60s (2009/03/30)
    本当はもっと早くに載せたかったのですが、ここを更新する時間的・気分的余裕がなくて、こんなに遅くなってしまいました。それはさておき未見の方には文句なし、「これを観ずして死ねるか」レベルでおすすめです。。。 I wish I could have published this contents earlier, but unfortunately I didn’t have enough spare time to write it – i couldn’t feel relax and think of writing it either. Anyway, this video is definitely recommended for everyone who haven’t watched it yet . . . you should watch this video
  • Get On Up: The James Brown Story (Original Motion Picture Soundtrack) (2014/08/05)
    It’s a real pity – we can’t see the movie until next spring in Japan – get on up! All I can do so far is to listen to the Original Soundtrack album, watching the official trailers, seeking and reading the reviews online, etc… 日本では、来春公開予定とのこと。。。とても待ちきれません。サントラCDを聴いたり、予告編を観たり、オンラインでレビューを探して読みあさったりが関の山。       Here’s the quick review (in Japanese) by “Mr. Soul Searcher” Masaharu Yoshioka-san: Soul
  • The Fela/James Brown Connection (2014/09/29)
    本稿は、The Afrofunk Music Forum に 2006年に掲載された David McDavitt 氏の記事「The Fela/James Brown Connection」を、ご本人の許可を得て日本語翻訳したものです。 This article is a Japanese translation of 2006 article by Mr. David McDavitt, entitled “The Fela/James Brown Connection”. Presented here with David-san’s permission.   ミスター・ブラウンとオリジナル J.B.’s がナイジェリアはラゴスに赴いたのは1970年12月とされています。その一方で、それに先立つこと数ヶ月、1970年7月22日録音の「There Was A Time (I Got To Move)」や同年8月16日録音「I Got To Move」ではすでに、アフロビート的なアレンジの萌芽が感じられるのは興味深いところです。 Mr. Brown and his original J.B.’s toured Lagos, Nigeria in
  • James Brown Live At The Boston Garden, April 5th, 1968 (2006/12/14)
    もう100回以上は観たでしょうか。しかし 1回たりとも「見飽きた」と思わせぬ緊張度/怒涛の勢い/完成度を前に、毎度毎度腰を抜かされ感涙にむせぶばかり。一日も早く、オフィシャルな映像リリースが行われて欲しいと心から願うばかりです。 Probably I have watched this over a hundred of times, but because of the heavy tension, energy and perfection the film contains, I still have not get bored of watching – instead, every time I watch, I…
  • James Brown Live in Virginia 1970 (2016/02/29)
    ジェームス・ブラウン (James Brown) のものすごい音源が、公開されています。 James Brown‘s amazing recording is available here.   1970年(月日不詳?)、バージニアでのライブ音源です。音質はかなり悪いですが、内容の濃さと興味深さがそれを補って余りあります。 According to the video description, it is from a live concert in Virginia, 1970. Although its sound quality is far from good, intensity and excitement of the performance itself is like “out of this world”.   あの1960年代後半の黄金期を支えたバンドメンバーの大半が1970年3月9日に脱退し、同じ日に呼び寄せられたペースメーカーズのブーツィー (William “Bootsy” Collins) とキャットフィッシュ (Phelps “Catfish” Collins ) など若手が加入後、さほどたっていない時期の音源ではないかと思われます。とはいっても、ソングリストに「Super Bad」が入っており、この曲のスタジオ録音は1970年6月30日(ナッシュビル)ですし、イントロのダニー・レイ (Danny

One thought on “R.I.P., James Brown, The Godfather of Soul

  1. Thanks, JB

    ある意味、ポピュラー音楽界にとって最も偉大な人だったかもしれません。そう、プレスリーやビートルズよりも。今年三月の来日コンサートに行かなかったのが悔やまれてなりません。しかし、クリスマスに逝くとは!!今日はめったに聞かないJBのクリスマス・アルバムを聞きながら偲びます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.