78 rpm stereo microgroove – Hooray for Rivermont Records!

78回転。マイクログルーヴ、ステレオ。

78 rpm, microgroove, and stereo recording.

そんなレコードが「新譜で」この世に存在することは奇跡的といっていいでしょう。

It’s nothing but miraculous that such records exists (and are still released).

Rivermont Records 596 Side-A

なんのことか分からない読者の方がいらっしゃったらいけないので、念の為補足しておきます。

Here’s some additional information for those who don’t understand what I am talking about.

通常のレコードは、ポリ塩化ビニルを主としたコンパウンドで作られ、33 1/3回転(いわゆる「LPレコード」)で記録されています。一方、「シングル盤」「EP盤」「12インチシングル」といった盤は 45回転で記録されています。これらいわゆる「レコード」と呼ばれるものが一般的になる以前は、シェラックが原料の78回転の10インチ盤がレコードでのシングル盤に相当する扱いで、主にクラシックなど長時間ものは12インチ盤(を複数枚バインダーに束ねられたもの)が主流でした。

Regular “vinyl” records are made of PVC compounds – LP records are cut at 33 1/3 rpm, while “single (donut)” records as well as EPs (Extended Playing) and “12-inch (maxi) singles” are cut at 45 rpm. Before these vinyl records, most common format was 78 rpm 10-inch shellac records (12-inch discs stored in a binder album was also common especially for Classical music).

レコードとシェラック盤の最大の違いは材質にありますが、もうひとつの大きな違いは、溝の太さです。シェラック盤の方がより太い溝になっており、再生するときの針のサイズも異なります。だから現在のレコード盤の溝の太さのことを「マイクログルーヴ」(微細な溝)というわけです。

The biggest difference between vinyl / shallac records are materials, but another big difference is the width of the groove on records. Shellac (78 rpm) records are cut with wider groove, and it needs bigger stylus to be properly played. This is why the grooves on modern vinyl records are called “microgroove”.

つまり、今回紹介するレコードは、回転数は昔のシェラック盤のまま(回転数が早ければ早いほど記録される音のクオリティはあがります)、しかし記録方式は現在のレコードと同じマイクログルーヴ、かつステレオ盤というわけです。

So the records I mention in this article are cut at the same 78 rpm like old shellac records, while the width of the groove is “microgroove” (also in “stereo”).

実は今のレコード針でかけられる78回転レコードというのは、好事家向けではありますが、過去にもリリースされたことがあります。例えば ビーチ・ボーイズ (Beach Boys) の Good Vibrations ですが、2011年の Record Store Day に2枚組78回転盤(モノーラル)で限定販売されたものです(当ブログ過去記事)。

Actually, 78 rpm microgroove records were released in the past (very few, and for collectors though). For example, Good Vibrations by The Beach Boys was released in double 78rpm (monaural) format on the 2011 Record Store Day (see: my past blog article).

Good Vibrations / The Beach Boys (78 rpm)

その他、デイヴ・エドモンズ (Dave Edmunds) が 1990年にリリースした 10インチシングル盤 King of Love でも、A面が45回転、B面が78回転、というものだったそうです(Discogs エントリ)。

Anther example I know is King of Love by Dave Edmunds, released in 1990 – 45rpm on A-Side, 78rpm on B-Side (see: Discogs entry)

Capitol 10CL568 Side-B

もっと歴史をさかのぼれば、1950年代に存在した Turntable Records というレーベルは、78回転マイクログルーヴなレコードを出していたそうです。「For High Fidelity Reproduction」と以下のダウンビート誌 (1954年3月24日号) の広告にも書かれていることから、やはり音質面でのメリットを狙ったわけですね。いまでいう「高音質盤」のはしりといえるかもしれません。

If you look back, you find the label Turntable Records in the 1950s – they released 78 rpm microgroove records “For High Fidelity Reproduction”, as shown in the below advert (Down Beat, Mar. 24, 1954 issue). It can be said that this would be one of the early example of “audiophile pressings” but not sure.

Down Beat Mar. 24, 1954

さて、今回紹介する、78回転 / マイクログルーヴ / ステレオ / 10インチ、というそんな素敵なレコードを制作しているのは、プロのラグタイムジャズピアニストにして、レコードレーベルオーナーの ブライアン・ライト (Bryan Wright) さんの リバーモントレコード (Rivermont Records)。以下のインタビュー記事(英語)を読んでも分かる通り、戦前のジャズやポピュラーミュージックへの情熱と深い愛情に溢れるブライアンさんです。

Back to the story – such marvellous ones as “78 rpm” “microgroove” “stereo” and “10-inch” records are released by Rivermont Records and the owner Bryan Wright, who is an established professional Ragtime Jazz pianist. As you read the following interview, his love and passion for pre-War Jazz / Popular music is infinite.

リバーモントレコードでは、CD / LP / 今回の78回転を多数リリースしています。最新の録音から、往年の名演奏の復刻までバラエティに富んでいますが、いずれにも通底するのが戦前ジャズ(ポピュラー)黄金時代、すなわち1920年代を中心としたあの頃の音楽です。

Rivermont Records have released so many varieties of CDs / LPs / 78rpms, including new recordings as well as compilation releases of old recordings. The target in every release is: Jazz and Popular music of the 1920s and around – so-called “The Golden Age”.

Rivermont Records 78 rpms

私は戦前ジャズも大好きで良く聴きますが、当時を彷彿とさせるアレンジで演奏される名曲が、あの時代のSP盤の雰囲気を彷彿とさせるマスタリング、かつ現代的なハイファイな音に仕上がっていて、100年前のジャズが当時生ではこんな音がしていたんだろうな、というタイムスリップが体験できる貴重な音源でもあります。

I love pre-WWII Jazz so much as well, and listen to them very often. Presented here is a brand new recording in 2019, with a very traditional way of arrangements, and with the very warm and crisp mastering like pristine shellac 78rpms, in very modern Hi-Fi sound. This is a very precious recording, so that we the listeners can imagine how the original old Jazz recordings of 100 years ago would originally sounded like in recording studios.

以下の YouTube 動画では、The Chicago Cellar Boys のレコードの録音風景〜ラッカーカッティング風景〜実際に完成したレコードの再生が紹介されています。ぜひご覧ください。

The following YouTube video features the recording session by The Chicago Cellar Boys, cutting to the lacquer master, then the playback of the final 78 rpm records. You won’t be disappointed.

演奏もアレンジも、そして音質も、どれもとても私の好みで、これからも応援していきたいと思います。ブライアンさん、裕子さん、期待してますよ。

Great performances with good arrangements, played in great fidelity – that’s definitely my favourites. I will keep supporting future releases from Rivermont Records. I’m rooting for you, Bryan-san and Yuko-san!

Rivermont / Palomar 2111

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Good Vibrations (78 rpm) / The Beach Boys (2011/06/10)
    世界で最も有名な未完のアルバム、といってよいであろう、ビーチ・ボーイズ (The Beach Boys) の「SMiLE」関連の音源は、過去に何度となくリリースが噂されてきました。古くは1973年に …
  • THE SUPREME SOUND OF 78 RPM RECORDS (2011/09/29)
    On August 18, I drove east to Tsukuba City in Ibaraki, to visit my mentor/guru/master of Jazz 78rpm …
  • Feb. 3, 1932: The First Stereo Sound Recording Known To Exist (2011/05/01)
    時は1932年2月3日。現存する最古のステレオ録音(とみなすことができるもの)が記録されました(ただし、意図的にステレオ録音されたものではなかった、とされてはいますが)。デューク・エリントン (Du …
  • Microgroove War May Be Settled Soon (2007/07/17)
    I have introduced various old record catalogues in my previous articles (see “Old Record Cata …
  • How Vinyl Records Are Made (2006/06/30)
    某所に書かれていた情報をたどり、とんでもない映像を見てしまいました。      アナログレコードマニア必見、悶絶ものです。 それは、LPレコードの製造工程を紹 …
  • 33 + 45 = 78 (2007/06/18)
    78回転を掛け慣れていた目で、 久し振りに33 1/3回転を目の当りにすると、 こんなに遅く回転してて大丈夫なの? ホントに音鳴るの? となんだか不安になってしまいます。 それだけ (笑) それぞれ …

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *