He’s Funny That Way / Ann Burton

以前ここで紹介した Shiny Stockings / Barney Kessel (LOB Japan LDC-1004, 1977年 5月発売) に続き、1977年 7月にリリースされた LOB レーベルのアルバム。 やはり同じくダイレクトカッティング盤で、2,500枚限定発売です。

This LP by Ann Burton (originally out in July 1977), was a following release of Shiny Stockings / Barney Kessel (LOB Japan LDC-1004, May 1977), which I mentioned on this web a while ago. Like B. Kessel album, this LP is also direct-cutting disc and released in limited numbers (2,500) only.

[LDC-1005 Front Cover] [LDC-1005 Back Cover]
He’s Funny That Way / Ann Burton
(LOB Japan LDC-1005)

アン・バートン (Ann Burton) 44歳、生涯 3度目来日時の録音。 この時の日本録音には他に “Burton For Certain” (邦題「雨の日と日曜日は」) (Trio PAP-9070, CD リイシューは All Art ABCJ-254 など) や、ライブアルバム “Live In Japan” (邦題「宵のひととき (ライブ・イン・ジャパン)」) (All Art ABCJ-268) がありますが、この LOB レーベルの音源は未だ CD 化されていないようです。

Ann Burton at the age of 44 – the year 1977, when she toured Japan for the third time in her entire career. Fortunately she left several recording during her Japan visit other than this LP, including: “Burton For Certain” (Trio PAP-9070, CD reissue available as All Art ABCJ-254) and “Live In Japan” (All Art ABCJ-268). However, this direct-cut session on LOB label has not been reissued on CD yet, as far as I know.

[LDC-1005 Side-A] [LDC-1005 Side-B]

A面はピアノとベースのデュオだけをバックにしっとりと。B面はドラムスを加えてミディアム〜アップテンポに (B-2 はバラードですが)。いかなる編成でも、いかなる楽曲でも、円熟味を示し始めた Burton の歌唱は実に情感一杯で、聴くものの心に染み込んできます。

On Side-A, Ann Burton is accompanied with piano and bass only and sings so mellow and deep, while Side-B adds drums and sings medium to up-tempo numbers (except B-2, which is a slow ballad). Her singing is very emotional as well as soft and tender, no matter what kind of tunes she sings (from slow ballad to swingy track) – being a state of mature art.

録音も実に素晴らしく、レコーディングスタジオの空気をそのまま切り取った様なステレオフォニックな定位が非常に魅力的です。A面と B面でマイクセッティングも変えられてあり、その聴き比べも楽しめます。

Also, this album provides outstanding sound, which precisely delivers the atmosphere of the recording studio, with superb stereophonic presence. Additionally, microphone settings are different between both sides – very interesting to listen to the differences how they sounds each other.

A-1 Exactly Like You
A-2 You’d Be So Nice To Come Home To
A-3 He’s Funny That Way
B-1 Lover Come Back To Me
B-2 Rainy Days And Mondays
B-3 Ain’t Misbehavin’

Ann Burton (vo),
Ken McCarthy (p), Kunimitsu Inaba (b), Tetsujiro Obara (ds on Side-B).
Recorded at Pioneer Studio, Tokyo, Japan on May 14, 1977.

Producer & Director: Keiichiro Ebihara.
Coordinater: Nobunori Hirata.
Recording Engineer: Yoshihisa Morimoto.
Cutting Engineer: Osamu Kasahara.

Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Shiny Stockings / Barney Kessel (2005/01/08)
    ホント、日本人って「右に倣え」が好きですね… この前ここで Jim Hall の日本録音ダイレクトカッティング盤 (1976年録音) を紹介しましたが、今度は 1977年の日本録音、同じくダイレクトカッティング盤、Barney Kessel さんの LP です。当時、一体どの位の種類のダイレクトカッティング盤が次から次へと生み出されていったのでしょうか。 A while ago, I wrote an article of dicrect-cutting LP of Jim Hall recorded in Japan (which was recorded in 1976). And here is another example -…
  • Jazz Impressions of Japan (無言歌) / Jim Hall (2004/12/09)
    1976年の来日時に、こんな素晴らしい演奏とアルバムを残して下さった Jim Hall トリオに感謝すると同時に、彼らにこのアルバム制作のきっかけを与えた日本という国を、我々はもっと誇りに思うべきでしょう。全てが名盤の Don Thompson + Terry Clarke とのトリオ期の中でも特別なアルバムです。
  • Guitar Genius In Japan / Kenny Burrell, Attila Zoller, Jim Hall (2005/05/23)
    誰にでも、自分にとって特別な意味を持つアルバムというのがあるでしょう。例えば、個人的な想い出とリンクしているアルバムだったり、音楽にのめり込むきっかけを与えてくれたアルバムだったり。そんな中に「自分の生まれた年月日に録音されたアルバム」というのもあったりします。しかも日本録音、日本限定リリースのLPです。
  • Miles Davis Analog Collection (2005/11/25)
    先日 ユニバーサルの LP リイシューに関するエントリ に trackback して下さった 土佐漆喰さんのサイト で知りました。 The other day, a person kindly sent a trackback to my entry regarding recent Jazz LP reissues from Universal Music Japan. Then I visited his site and noticed that… マイルス・デイビス アナログ・コレクション…
  • Lonely Town / Tommy Flanagan (2006/01/14)
    欧米と日本での評価 (というか温度差) が全く異なるミュージシャンというのは、どんな音楽ジャンルでもいるものですね。例えばここで紹介する Tommy Flanagan (1930-2001) も、欧米では名サポート役としては評価されているものの、日本での根強いファンの多さに比べると、受け止められ方が随分違うものだなと改めて感じます。 In any musical genres, there are such musicians that “tempreture” of popularity is different among Japan, Europe and North America. Tommy Flanagan (1930-2001, a Jazz pianist), for example, was famous as a…
  • Early Pressings of Steely Dan’s “Aja” LP (2005/07/24)
    名盤の多い Steely Dan の諸作の中でも、“Gaucho” と並び彼らの代表的名盤として圧倒的人気を誇る “Aja”。1977年のリリース直後から、数え切れない程の枚数が市場に出回ったに違いありません。あまりにも細かいバリエーションが多すぎて、最初期プレスを特定するのが困難だとも思われるかもしれません。 Among the series of masterpiece LPs by Steely Dan, “Aja” has been regarded as one of their best and most popular albums along with another famous “Gaucho”. Since its initial release in 1977,…

2 thoughts on “He’s Funny That Way / Ann Burton

  1. Shaolinさま、こんにちわ。Ann Burtonの古いLPレーベルを
    はじめて拝見し、嬉しくてカキコミさせていただきました。
    私、mixiでAnn Burtonコミュの管理人をしている者です。
    こんにちわ。はじめまして。
    3/4はAnn Burtonの74回目の誕生日なんです。
    だからと言うわけではないのですが、もしよろしければ、
    このLPレーベルの写真を、コミュの画像として使わせていただけば、とても嬉しいのですが。。
    リンクはらせていただきました。
    お時間あれば、一度のぞきにいらしてください。
    http://mixi.jp/view_community.pl?id=11404

  2. どうぞ、ご自由にお使い下さい。
    # って私が著作権所有者ではありませんが (笑)

Leave a Reply to Noir Cancel reply

Your email address will not be published.