Roy DuNann, one of the greatest recording enginners

If you are into Jazz music, especially into the golden age of Modern Jazz, you should know the name of the engineer Roy DuNann, who did so many masterpiece recordings for Capitol and Contemporary in the 1940s, 1950s and thrugh the early 1960s.

ジャズ、特に全盛期のモダンジャズが大好きな方であれば、伝説の録音エンジニア ロイ・デュナン 氏の名前はもちろんご存知だと思います。最初はキャピトルレーベル(〜1956年)で、続いてコンテンポラリーレーベル(1956年〜1960年代前半)で、数えきれない程の名盤とうたわれる素晴らしいレコーディングに携わってこられた方です。

[Sound by Roy DuNann]

jazzaudiofan-san recently took part in (and posted an excellent blog article on) the “Roy DuNann Tribute Seminar” on Oct. 22, featuring Mr. Roy DuNann himself. A must read for every Jazz fan indeed – plenty of “unknown” and “surprisingly interesting” information (such as Mr. Dunann himself did not have much interest in Jazz music itself) in the report and the interview! I wish I was there as well…

10月22日、ロサンゼルスで開催された「ロイ・デュナン・トリビュートセミナー」(伝説のその人ロイ・デュナン氏ご本人が招かれました)に参加された jazzaudiofan さんが、素晴らしいレポートをブログに掲載して下さっています。「デュナン氏ご本人はジャズにはほとんど興味がなかった」など、いままで殆ど知られていなかった、あるいは余りにも意外でびっくりしてしまうようなエピソード・情報で溢れており、ジャズファン必読です。わたしも参加したかった。。。



There are so many invaluable facts in his own words – I will not even want to summarize them here – you better read them by yourself 🙂

ご本人の口から語られる数々の貴重な情報。本ページに要約してしまうのももったいない程。ぜひご自分で読み確かめられて下さい(笑)


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Songs For Young Lovers / Frank Sinatra (2006/05/29)
    何も言葉はいりませんね。こんなに完璧なアルバムは他にそうはないのではないでしょうか。 There ain’t no word to say – you know what? What a perfect album this is . . .        Songs For Young Lovers / Frank Sinatra (Capitol [US] H-488)…
  • The Complete Village Vanguard Sessions / Art Pepper (2007/04/29)
    アート・ペッパー (Art Pepper) 復帰後のアルバムの中で最も聴き応えのありスリリングな (と私が思っている) 録音、1977年7月28日〜30日のヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ録音。1980年に日本キングから 3枚組 LP ボックスで先行発売され、すぐあとに米コンテンポラリーから 3枚の LP としてリリースされました。現在ではライブの全貌を 9枚組 CD ボックスで聴くことができます。 Art Pepper’s awesome live recording at the Village Vanguard on July 28-30, 1977 – I believe this session is one of the finest recordings…
  • Capitol Label Variation complete (2006/05/02)
    3月14日付で初稿を公開した 「Capitol Label Variations (in its early era)」。 4月14日に更新状況を 「Capitol Label Variation being updated」 としてお知らせしました。 その後も調査収集を続け、ついに今朝到着したマルーン色レーベル (Long Playing タイプ)、10インチの L- プリフィクスをもって、 buzzy-bee さんのサイトに掲載されているレインボー第3期より前のバリエーションが全部揃いました。ぱちぱち。 まだ一部疑問が残る箇所がありますが、とりあえずこれをもって完成としておきます。 あ、けど「Kenton Jazz Presents」を別レーベルとして扱ったからには、「Classics In Jazz」シリーズも別レーベルとしておいた方がよかったかも . . . うーむ、また気がむいたら更新しておきます (笑)…
  • The Folk-Type Swinger / Jeannie Hoffman (2005/03/14)
    (本エントリは、私が別の web に 2004年 5月11日付で掲載していたものを転載したものです) (this entry was originally made public at my another web site on May 11, 2004) 5月が終わる迄にはまだ随分ありますが、現時点で今月の収穫のうちトップ。 Although there are 20 days left on May, this LP would be one of the best among all…
  • 37 Years After the SMiLE (2004/10/14)
       左は 1990年前後(?)にリリースされたブート CD (No Label T-2580),右は今回の CD (Nonesuch 79846-2) 先週,とうとう Brian Wilson Presents Smile がリリースされました (本国版は 9月末リリースだったそうですが). 遅れ馳せながら本日米国版 CD を購入,涙を流しながら聴き入りました. データの類や,「語られつくされつつある」お馴染みのストーリーはレコードコレクターズ11月号の特集記事などを見れば分かることなので,ここではあまり触れませんが,今まで断片的に公開されてきた音源 – “Smiley Smile”,“20/20”,“Sunflower”,“Surf’s Up”,“Rarities”,ブート LP 数種,ビデオ “An American Band”,幾多のブート CD,“Good Vibrations” ボックス,1990年代の CD リイシューのボーナストラック,その他いろいろ – や,Domenic Priore…
  • Keys West / Claude Williamson (2004/11/18)
    やっと発見して入手しました. Chikuzen Presents Cornerstones (のジャケット) の元ネタ: I’ve finally found the LP which Mr. Chikuzen Satoh sincerely paid homage to (by imitating the jacket cover artwork). If you don’t the Chikuzen Satoh’s version, you can find the CD Chikuzen Presents…

One thought on “Roy DuNann, one of the greatest recording enginners

Leave a Reply

Your email address will not be published.