“Fab gear!” MOJO presents 15 customised Beatles covers

3部作ドキュメンタリ「The Beatles: Get Back」はたくさんの発見があって楽しかったですね。かつて中学生〜大学生時代に海賊版レコードを買いまくり聴き込みまくりノートに勝手分析してた(笑)元マニアとしても、Get Back 時代のアングラ音源には大変お世話になったクチです。21世紀に入ってからも、例のCD83枚分の音源「A/B Road」を必死に聴き通した(笑)のも懐かしいです。

その映画のことや、ビートルズの音楽については、いろんなところでディープに分析されていますので、ここでは特に何も書きません。

代わりにここでは、イギリスの音楽雑誌 MOJO Magazine 2021年11月号(9月発行)に付属していたCDについて。

Mojo Magazine (November 2021)
Fab gear! MOJO Presents 15 customised Beatles covers

“Fab gear!” MOJO presents 15 customised Beatles covers

MOJO Magazine、毎月いろんなコンピレーションCDが付属してきて、ものすごくよく編集されてるのもあれば、たまにはテキトーな奴もあったり、玉石混合ではありますが、今回の Get Back にあわせた特集号では、食傷気味なほど世に溢れるビートルズカバーアルバムや編集盤の中でも、なかなか新鮮な体験ができるコンピレーションになっていました。

端的に言うと、ビートルズの原曲が持つ、いろんなジャンルからの影響、その影響を、極限までデフォルメすることによって、今まで「ビートルズ」としてしか聴いてなかった曲の中に秘められている、隠れた可能性を引き出す楽曲が少なくない、ということです。

もちろん、カジュアルなお手軽カヴァーっぽいのもありますけど。リチャード・トンプソン (Richard Thompson) の「It Won’t Be Long」とかはそうですね。ジュディ・コリンズ (Judy Collins) の「Golden Slumbers」もそっち方向。

CDの最後に収録されているジョシュア・レッドマン (Joshua Redman) の「Let It Be」もそっち方面ですよね。だいたい想像できる仕上がり。

一方、デーモン・アンド・ナオミ (Damon and Naomi) の「While My Guitar Gently Weeps」などは、エリック・クラプトンの渾身のギターの後ろに隠れた、ふわっとしたドリーミーさのデフォルメが、21世紀の今にぴったりくるアレンジです。ジョージ本人のアコギのデモ録音とも違う雰囲気を醸し出しています。

タックヘッド (Tackhead) の「Don’t Let Me Down」も、当時から原曲でもモヤっと感じられた、あのスカっぽさアーリーレゲエっぽさ、そこを全面にぐっと出しつつ音響的な21世紀型R&Bに仕立て上げられています。

ベティ・ラヴェット (Bettye LaVette) の「The Word」も、1965年の4人が憧れていたであろう(けど当時はあからさまには表現していなかった)ソウルフルなグルーヴを、本家本元らしく拡張しています。それでいて、無理矢理のこじつけ感がなく、原曲の「The Word」の魅力がきちんと継承されているのが見事です。

個人的にかなりツボったのが、メルヴィンズ (Melvins) の「I Want To Hold Your Hand」。あの曲が、ヘヴィメタルっぽくグランジっぽく大変身。ところが、原曲のキャッチーさがちゃんと良さとして残ってる。もしかしたら、1963〜1964年当時の一般のリスナー(特に白人層)にとって、「抱きしめたい」はこんな風に聴こえていたんではないか、という再現のようにも感じられ、とても興味深く聴き込んでしまいます。

あと、はずせないのが、シー&ヒム (She & Him) の「I Should Have Known Better」。そうなんですよ、あの原曲のメロディ、どこかハワイアンっぽい響きがあるよなぁ、とみんな無意識に気づいていたところを、ハワイアンなアレンジでデフォルメし、かつ珠玉のポップスに仕上がっているという、素晴らしいカヴァーだと思いました。

Spotify のプレイリストにされている方がいたので、以下に貼り付けておきます(10曲目の Long Long Long / Jim James のみ未収録)。いやー、今回の MOJO 付属CDは、かなり当たりだったんじゃないかなぁ。個人的にはいろんな発見がありました。


Similar Posts / 関連記事:

Some similar posts can be found on this website (automatically generated).

  • Beatles Reunion Tape (2003/12/18)
    解散して 6年後に Los Angeles の Davlen Studios にて 5曲を録音.これは本当なんでしょうか… PROOF OF A 1976 BEATLES REUNION Minimum bid が $75,000 ですか… 果していくらになることやら.しかし, The audiotape itself, which is present in the case, was bulk erased allegedly at the BEATLE’S insistence, to…
  • The Beatles From Liverpool To San Francisco (2006/06/26)
    昨日 6月25日は WOWOW にて、来日40周年記念と銘打ってあれこれ Beatles 関連の放送があり、ハックに行き詰まりイライラとしていた私はリビングでボーッと観てしまいましたが。 例の「Concert For Bangla Desh」、過去に何度観たか分かりませんが、 Klaus Voormann のベース、Jim Keltner のドラムスが、 このコクのあるリズムを底辺で支えていることを再確認。 全曲やってくれるのか? という淡い期待を見事に粉砕された 「Live In Washington D.C. 1964」 は余りにも期待外れでしたが (たった 3曲だけかよ?!)、意外や意外、その直前に放送していたドキュメンタリー 「From Liverpool To San Francisco」 は、全然違う意味で見どころがありました。 本ドキュメンタリーでは、演奏シーンは一切出て来ず、 主にインタビューや報道フィルムなどで構成されているのですが . . ….
  • R.I.P., Mr. Billy Preston (2006/06/10)
    As many people already know, the famous organ player Billy Preston passed away on June 6th, at age 59. At least in Japan, so many blogs talks about his passaway, to say Rest In Peace to him and his…
  • 愛アレバコソ (2004/02/04)
    ちょっと古いページですが.偏愛振りと最後まで諦めない根性に大拍手.こういうの好きだなぁ. 発売30周年記念!! GEORGE HARRISON “All Things Must Pass” のLP再現・紙箱入りCDを作ろう!! よくできました.…
  • 33 + 45 = 78 (2007/06/18)
    78回転を掛け慣れていた目で、 久し振りに33 1/3回転を目の当りにすると、 こんなに遅く回転してて大丈夫なの? ホントに音鳴るの? となんだか不安になってしまいます。 それだけ (笑) それぞれ、何がかかっているか当てられた人にはプレゼントがあります (大嘘)
  • 78rpm – A Speed We Can Live With! (2007/03/16)
    昨年 瀬谷さんのお宅に伺った 際に、瀬谷さんから頂いた SP 用輸送ケース。年に何度か郵送されてくるオークションサイトのカタログにステッカーが同梱されていましたので、このケースに貼ってみました。 Seya-san kindly gave his spare 78rpm carrying case to me for free when I visited Seya-san’s house last year along with Okamura-san. Today I pasted a sticker onto the carrying case – the sticker…

Leave a Reply

Your email address will not be published.