Kohji Matsubayashi (松林弘治)

Things I learned on Phono EQ curves, Pt. 21

EQカーブの歴史、ディスク録音の歴史を(私が独りで勝手に)学ぶ本シリーズ。前回 Pt.20 では、1954年〜における米国の各レーベルの RIAA 対応状況について各種資料から追いました。また、過去〜現在における EQ カーブ調査の系譜についてまとめました。

On the previous part 20, I looked for trace of how the U.S. labels migrated to RIAA, after the standardization of RIAA Recording and Reproducing Standards in early 1954, by researching various documents and magazines. Also I examined the genealogy of the studies and researches on EQ curves, from past to the present.

多忙等のため少し間があいてしまいましたが、今回の Pt.21 です。もともとは、今回を最終回として、今まで触れられなかった小トピックのほか、ここまでの学びの総括を行い、全体をどのように捉えるのがもっとも論理的整合性が高いと考えられるか、を考察するつもりでした。

After a long absence, here’s the Pt. 21. Initially I was thinking to make this part the summary and conclusion part of the entire series, including some other minor topics, as well as my final consideration of the history of the EQ curves, based on the whole study I have conducted, to find the most logical and consistent.

しかし、その「小トピック」のひとつを書き始めてみると、予想以上に分量が増えてしまったため(笑)、今回は、録音カーブの視点から眺めた「テストレコード」についてのみ扱うことにします。

However, once I started writing one of the “minor topics”, it became longer and longer… so this time I’m going to deal only with a variety of “Test Records”, from the viewpoint of disc recording curves.

ですので、当連載はもう少しだけ続く予定です(笑)

So this series of articles will be continued for a little while longer 🙂

Freq. Response Graph FPR0468H3 of DENON 103-R No. 9076 plotted using JVC TRS-1005

Frequency response graph sheet (Nippon Columbia FPR0468H3) that came with DENON 103-R Serial No. 9076, plotted using JVC TRS-1005 test record.
私が所有する DENON 103-R カートリッジ(シリアル番号9076)に付属してきた、JVC TRS-1005 テストレコードを使った特性グラフシート(日本コロムビア FPR0468H3)

Read More / 続きを読む
Kohji Matsubayashi (松林弘治)

Things I learned on Phono EQ curves, Pt. 16

EQカーブの歴史、ディスク録音の歴史を学ぶ本シリーズ。前回 Pt.15 では、こぼれ話的に「ハイ・フィデリティ」という用語の歴史について調べてみました。

On the previous part 15, I studied on the history of the term “High Fidelity (Hi-Fi)” as a side story, before I continue studying more on the history of disc recording and recording / reproducing EQ curves.

今回の Pt.16 は、再び本論に戻り、オーディオ工学に特化した学会の設立、そしてその学会から出された「統一再生カーブ」の提唱、などをみていきます。

This time as Pt. 16, I am going back to continue learning the history of disc recording, including the establishment of an academic society specialized in audio engineering; and the proposed playback curve advocated by that society.

Hollywood Sapphire Group

source: “Hollywood Sapphire Group”, Robert J. Callen, Audio Engineering Magazine, Vol.32, No.1, January 1948, pp.17,39-41.
1946年2月13日、Hollywood の Brittingham’s レストランで模様された、Hollywood Sapphire Group の初会合の写真 (写真キャプションの1947年は間違い)

Read More / 続きを読む
Kohji Matsubayashi (松林弘治)

Things I learned on Phono EQ curves, Pt. 15

EQカーブの歴史、ディスク録音の歴史を学ぶ本シリーズ。前回 Pt.14 では、1949年〜1950年(または1951年)の「回転数競争」における、各レーベルの参入状況を時系列に追ってみました。

On the previous part 14, I studied more on the history and chronology of which label joined which new format (33 1/3 rpm or 45 rpm) during the so-called “The Battle of The Speeds” era in 1949 to 1950 or 1951.

今回の Pt.15 はその続きなのですが、一休みして、1950年頃からの「ハイファイ」ブームの黎明期よりずっと前に生まれた、「ハイ・フィデリティ」という用語の歴史についてみていきます。

This time as Pt. 15, before I am going to continue learning the history of disc recording, I will look into the side story — i.e. the pre-history of the “Hi-Fi craze”, as well as the history of the term “High Fidelity” itself.

RCA Photophone High FIdelity (1935)

source: RCA Ad, Kinematograph Weekly, June 27, 1935, p. 76.
1935年の英国雑誌に登場した、RCA Photophone High Fidelity の広告

Read More / 続きを読む
Kohji Matsubayashi (松林弘治)

Things I learned on Phono EQ curves, Pt. 10

EQカーブの歴史、ディスク録音の歴史を学ぶ本シリーズ。前回 Pt.9 では、1940年代に市販用シェラック盤がどのような設定で聴かれていたか、そしてどのように記録されていたか、を調べました。

On the previous part 9, I studied on the settings and the trends of how the commercial shellac records were reproduced (and recorded) in the 1940s.

今回はその続きで、戦後のさまざまな動き、特にマイクログルーヴLP登場前後の NAB規格改訂(1949年) についてみていくことにしましょう。EQカーブに関する話も、ますます具体的になり増えてくることになると思います。

This time, I am going to continue learning the history of disc recording – some of the notable discussion after WWII, especially the 1949 revision of the NAB Standards, around the advent of microgroove LP records. More detailed stories on equalization curves will hopefully included on this Pt.10 and the following parts.

MacArthur Cuts Radio Rep In Japanese Area (1945)

source: “MacArthur Cuts Radio Rep In Japanese Area”, The Billboard, Vol.57, No.42, October 20, 1945, p.4

Read More / 続きを読む
Kohji Matsubayashi (松林弘治)

Things I learned on Phono EQ curves, Pt. 8

前回 Pt.7 では、圧電素子を使ったクリスタルカートリッジの普及とジュークボックスの関係、また Brush Development が提唱していたクリスタルカッターを使った定振幅記録再生(イコライズレス)の試みなど、あれこれについて調べました。

On the previous part 7, I studied on the advent of piezo-electric pickups and the relationship with jukeboxes; an attempt to popularize constant-amplitude recording/reproducing without utilizing equalizers, etc.

今回はその続きで、ついに、史上初めて標準規格として策定された、1942年 NAB 規格の経緯 について、長文になりますがみていきましょう。

This time, I am going to continue learning the history of 1942 NAB Standards, the first standardization ever in industry. It will become a very long article, but anywhere here we go.

Standard Frequency Characteristics for “Vertical and or “Lateral” Recordings (Nov. 23, 1942)

Western Electric Vertical/Lateral Recording Characteristics (1942 NAB), drawn on Nov. 23, 1942
Western Electric 社の縦振動/横振動用録音カーブ (1942 NAB vertical/lateral) をプロットした貴重なグラフ (Nicholas Bergh さん提供)
photo courtesy of Nicholas Bergh.

Read More / 続きを読む